--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大坂侍バウ千秋楽のこと 続き

2007年06月08日 14:49

長いでつね。
しつこいでつね。

最後は御挨拶関係とか
ちょろっとだけね。

アドリブ関係はこないだ書いたので全部だと思いますが
そう言えば釣りのシーンの水筒が出てなかったっすね。
うまいこと誤魔化されたのであれ?と思いつつ
きりやんがその段取りを忘れたのかと思ったんですが(笑)
さすがにそれは無いかと思いなおしました。(ま、どうでもいいっすね)

末子はんは「ほな青年館でも稼ぎまっせ」と言ってました。
客席下りではきりやんが「みんな笑って見てる」って言ったとこで
「青年館にも見に来てくださいねぇ」随所で宣伝。
最後の葉隠れには無い極意のとこは
お客さんを巻き込んでお客さんに相槌を求めたりしてました。

さて御挨拶では
えりさんがあれだけコワモテの親分さんをやってたのに
超カワユスなお姉さんでそのギャップが笑えます。
ひなのちゃんにちゃんと御挨拶させてくださってありがとう。
最後まで頑張ろうね♪とお姉さんは呼びかけていらっさいました。

携帯でちょこっと書きましたが
生の舞台の楽しさを訴える時に
「まやさんやチャルさんが出ていらっしゃるだけで何がおかしいのか、
この素晴しさは映像ではわかりません!」
っていうのは…(爆)
えりさんの御挨拶は素直っつーか
格式ばってなくってなかなか斬新でつおね。
青年館へ来い来いアピールが凄かったっす(笑)

きりやんに「鳥居様もお江戸へ?」とチャルさんの台詞をもじって呼びかけ。

きりやんは、初日は「ここで笑うの?」という驚きがあったけれども
石田先生が愛情を込めて書いて下さった「大坂侍」という世界を
出演者一同この舞台で目一杯生きることが出来て本当に幸せでしたと。
自信と誇りをもってお江戸に乗り込みたい。
是非関東地方の方によかったと伝えてください。お願いしますよ?(ちゃっかり霧矢先生)
なんつーことも言ってましたかな。

カテコではお天気の話とか
道中くれぐれもお気をつけてとか
照れ隠しなのかどうでもいい挨拶をしちゃうきりやん。
かわいすぎでした。

出では会のみなさんから
「素敵な舞台をおおきに!又七っつぁんに惚れたんや!いつまでもついていきます!覚悟しぃや!!」
というような声掛けがありました。
霧矢さん、それを聞きながらか、その前からか
目じりをぬぐうような仕草をしていました。・°・(ノД`)・°・
基本すっきりと笑顔でしたけどね。
覚悟しぃや!!のとこでのけぞって笑ってました。

今回の遠征ちっとも入り出を真面目にしなかったせいで
フィンチ君に会えなかったのがすげー残念でしたが

ほんとにあったかいいい千秋楽でした。
さて、明日からも頑張れよぅ(・∀・)ノ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/997-2daadf83
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。