--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日生主な配役

2007年06月02日 11:30

あー最後まで観ちゃった>パレルモ&ASIAN

あすかがあすかが・°・(ノД`)・°・

今はもう幸せになっているんだが
やっぱ泣けてもうた…。

あ、日生の主な配役出ましたね。
ちえがちえが!!
皇太子だよおい!!(ちょっとした祭)
なんかおらおら言ってるちえしか想像できませんが(こら)

解説を読む限り
みなみたん&蒼乃夕妃たんのWヒロインなのでそーか?

みなみたん日生ヒロインおめ!!
みなみたんはお歌、
蒼乃夕妃たんはダンスと
得意分野の違うお2人で華やかでつねー!!

aiaiはみなみたん大好き過ぎますが
蒼乃夕妃たんはハレルヤでものごっつー可愛かったので
日生でもがんがって欲しいでつ。
楽しみでつね(・∀・)ノ

解説によると相当古いミュージカルらしいんですが
何より谷先生の訳詩は期待できそうでつ♪(それはどういう)

まー昨年よりは約1ヶ月早いとは言うものの
先の話過ぎてイマイチ実感が沸きませんよね。(だって大劇マジシャンがそろそろ終わるかって時期でそ?)

一応下に張っておきます。
さー買い物にでも行って来るか。

主な配役
エドモンド・キーン        轟 悠
プリンス・オブ・ウェールズ    柚希 礼音
エレナ・デ・コーバーグ公爵夫人  南海 まり
アンナ・ダンビー         蒼乃 夕妃



[解 説]
 19世紀に実在した天才的なシェイクスピア役者エドモンド・キーンの生涯を取り上げた演劇作品としては、アレクサンドル・デュマの戯曲、さらにそれを翻案したジャン・ポール・サルトル作『キーン~或いは狂気と天才』があり、これまで日本でも何度か上演されてきました。そのミュージカル版『キーン』は、ボストン、フィラデルフィアでの試演後、1961年11月2日にはブロードウェイで開幕。92回の続演を行い、1962年に閉幕。ブロードウェイの黄金時代を代表する俳優の一人であるアルフレッド・ドレイクが主演。『グランドホテル』で知られるロバート・ライトとジョージ・フォレストのコンビが作詞・作曲、『シュガー』『My One and Only』のピーター・ストーンが台本を手掛けました。19世紀初頭のイギリス演劇界で大スターだったエドモンド・キーンの、一人の男である自分と、役者である自分との狭間で揺れ動く姿を描きます。

 19世紀初頭。ロンドンの通りでは、軽業師で物売りのクリスティーが、当代随一の俳優であるエドモンド・キーンの絵を売っている。
 シアター・ロイヤル・ドルリー・レーンでは、「ハムレット」が終演したばかり。キーンはデンマーク大使館で行われる舞踏会への招待を断ろうとしている。役者としての自分と一個人としての自分との板ばさみで、彼は社交の場では演じたくないのである。その反面、キーンはとてもロマンティストで、今はデンマーク大使の妻エレナ・デ・コーバーグ公爵夫人にぞっこんである。彼女に会えると思った彼は、舞踏会に出席することにする。
 眩いばかりの舞踏会では、エレナと彼女の友人のエイミー・ゴズウェル夫人が噂話をしている。ネヴィア卿と結婚することになっているアンナ・ダンビー嬢が、式の前日に行方をくらましたという。アンナは熱狂的なキーンのファンとして知られていた。
 劇場ではキーンがエレナの到着を待ち侘びている。丁度その時、キーンの遊び友達であるプリンス・オブ・ウェールズが訪ねてくる。プリンスの目的は、キーンにエレナを諦めさせること。プリンスは、役者と駐英大使の妻の情事は、イギリスとデンマークの関係を悪化させると諭す。借金の肩代わりをすると言われ、プリンス自身がエレナに気があることを感づいたキーンは、彼女を諦めることを拒絶する。すると突然、秘密のドアが開き、ヴェールを被った女性が姿を現す。エレナだと思ったプリンスは立ち去る。その女性はアンナ・ダンビー。ネヴィル卿との結婚から逃れて、崇拝しているキーンを訪ねて来たのだ。その上、女優になりたいと言い出す始末。その熱意に打たれた彼は、アンナを弟子にしてやる。
 キーンとアンナは、「オセロー」の一場面のリハーサルをしている。そこへ秘密のドアを通ってエレナが登場。キーンを挟んで、二人の女性は嫉妬の火花を散らす。舞台の幕が開く。プリンスとエレナは、大声でキーンとアンナの邪魔をする。プリンスとエレナの無礼さに耐えられず、キーンは素に戻って、舞台から二人を怒鳴りつけてしまう。客席からの野次を受けて、観客が愛しているのは一人の人間としてではなく、その影に過ぎないと言い放つキーンだったが……。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/973-4489f6bf
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。