--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユミコたんDC解説うp

2007年05月31日 21:55

こばはー(・∀・)ノ

凄い雨でしたねぇえええ。(関東の方々)
雹も降ったらしいっすねぇ。
ひょぉおおー(えええええー)

お茶会レポ楽しんでいただいているでそーか。
また気が向いたらしたいと思います。(気が向いたらかよ!)
東京のお茶会が10日なので
それまでにはなんとか…。(甚だ不安)

大坂侍さんももうすぐ楽を迎えますね。
aiaiは日曜からムラ入りしまつ。
まっちゃんどうぞよろしくでつ。

さて、きりやんの残り少ない愛する同期であるユミコたんの
DC公演の解説がうpされましたね。コチラ

相手役は今をときめくさゆさゆ。
本名の「なつき」というのが愛称らしいでつが
乙女なあの方とまぎらわしいでつお。

てか!
製薬会社って!!
先日LUNAを観たばかりだからか
ブライアンさんが出てきそうで怖いでつ。
あとミヒャエルさんとかね。
人気アイドルグループが出てくるあたりも
イケコ臭がぷんぷんしまつ。大丈夫でそーか。


SLAPSTICといい、NAKED CITYといいアメパイといい
主人公にまともな恋愛をさせないので有名な小柳先生。
今度こそユミコたんに恋愛させてくれるんでそーか。
その割にはオカルトでファンタジーな要素が詰まりすぎている気がしまつが…。

いろいろと美味しそうな役が多いみたいですし
雪組さんの若手男役さんがブレイクするのも楽しみでつね。

下にまんま貼っときまつ。

1960年代のロンドンを舞台に、ヴァンパイアの少女に恋をした青年の冒険と成長をポップにロマンティックに描いたファンタジック・ミュージカル。

 20世紀初頭、ロンドン。詩人のアラン・ジョーンズは、銀髪の少女ローズ・クレムと恋に落ちる。アランは自分の詩の映画化にあたり、ローズを主演女優とするが、実はローズはヴァンパイアであったため、ヴァンパイアハンターであるヴァン・ヘルシング教授に追い詰められ、姿を消してしまう。その後には、一輪の銀の薔薇が残されていた。
 それから半世紀後の1960年、ロンドン。アランの孫であるエリオット・ジョーンズは大手製剤会社「シルバー・ローズ・ファーマシー」の血液研究所の庶務課に勤めていた。早くに両親を亡くし祖父に育てられたエリオットは、祖父の死後世間から心を閉ざし、ただ祖父の詩を映画化した「銀のばら」を観ることにのみ喜びを見いだしていた。
 そんなある日、エリオットの隣の部屋にアナベルと名乗る女性が引っ越してくる。驚いたことに、その少女は銀幕の中のローズに瓜二つであった。やがて二人は言葉を交わすようになり、エリオットは祖父の死後初めて自分を理解してくれたアナベルに惹かれていく。
 エリオットはアナベルをモデルに詩を書き、愛読雑誌「怪奇と幻想」に掲載される。詩は評判となり、人気アイドルグループ、「ラドルズ」のティム主演で映画化されることが決まる。エリオットはアナベルに自分の気持ちを打ち明けるが、アナベルは悲しく微笑むだけであった。
 そんなある日、エリオットは会社の上司ブライアンに声を掛けられる。実は、ブライアンはヘルシング教授の孫で、「シルバー・ローズ・ファーマシー」はヘルシング教授の作った会社なのであった。国防長官テリー・モートンと通じているブライアンは、アナベルがローズと同一人物であり、ヴァンパイアであることを見抜き、軍事実験材料としてアナベルをテリーに差し出すことによって更なる地位を得ようと企んでいた。
 ブライアンの策略によりアナベルは捕らえられてしまう。計画を知ったエリオットは、ティムらと共に、アナベル奪回の計画を立てる・・・・・・。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/971-864b2bbc
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。