--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大坂侍バウ霧茶その2

2007年05月31日 04:55

はい(・∀・)ノ
毎度ながらなげーよですか
そうでつか。

私もそう思ってるんでつがね。
あとで削っときます。(もう気力が)

どぞ。
スカイステージの方で、これはお稽古中の話だと思いますが
スカイレポートのコーナーであの鬘が飛んだという…

あー。そうなんですよ。(意外に冷静)
あれはね…1回ね、その前に、子分の…天野に3人ぐらい子分がいて
あんなかで貴澄(貴澄隼人)君っていうホントに一番最下級生で出てる男役の子が
パァーンって一回飛ばしたんですね。
それを見てて
エッヘェッヘェッ!!(鬼)て笑ってたんですね。(爆)
笑うと駄目ですね。人の不幸を喜んでると。
あれはねー笑いましたね私も。
曲とかかける前に、まず位置決めと言ってちょとカウントで
位置の確認とかをするんですけど
そこでホントの最初の1回転回った時ポーンと飛んじゃったんですね。
まさか自分の身に起こるとは思ってなくて…。
でも舞台稽古で良かったって思いながら
でも舞台稽古で前で見て下さってるスタッフの方々は大爆笑
結構ちゃんとキツめに作ってたんですけどね。
最初付けた時にこう首振ってみたりとか。
恐るべき私の首付けパワー!!みたいな (首付け=ターンの時最後まで正面を見ておく技術)
で、今はもうそれこそテレビでも言ってましたけど
あんまりキレが無くてもういい!
鬘がぶっ飛んでしまうよりも。
みたいな

で、初日の日に大坂侍の組長をやってらっしゃる嘉月さんが
みんなにいろいろ注意事項言ってる時に
「えー皆さんもし鬘を飛ばしたら~拾って袖にはけましょう♪」とかって(爆)
それ、残されても…そうだよねぇって
どんなシチュエーションで飛んでしまうかもわかれへんし
これは舞台上に残された人達の方が大変なので(この辺り笑い声でわからん)
「みんなも舞台人だから、残された人も間を埋めましょう!」とかいう
あの注意事項が…回ってきましてですね。(笑)
「そうだよねぇそうだよねぇ」と思いながら
で、だんだんね。公演始まってくると頭も痩せてくるんですよ。 (へー)
あの床山さんに「ちょっと緩くなってきましたね」とか言われて
「頭も痩せるんですよ」とかいって いや、そうなんだーと思いながら
凄い汗かくんで、いつもメンテナンスは欠かせないというか
「今日は大丈夫かな?」っていう感じで
細心の注意を払ってやってます。はい。

そのフィナーレのダンスなんですけれども、和物なのに洋風な曲と振り付けで
とっても斬新な感じで素敵なんですけれども踊っておられてどうですか?

はい、あのー本当に私達も稽古場でフィナーレの振り付けに入る時に
いつもの着物の格好で臨んでたんですね。
したら振り付けの藍エリナ先生、凄くパワフルな先生なんですけれども
先生がぱっ!て私達の格好を見た途端、
「みんな!今回は日舞と思わんといて!ダンス!DANCE!!」(会場爆)
「そんな格好じゃ出来ないからちょっと着替えてきて!!」とかいって、
はだけてもいいようにTシャツを中に着こんで、
脚もなんかスパッツ履いたりとかして、
で、「とりあえず振り付けだからそんな足袋裸足じゃなくていいから!」
っつってみんなダンスシューズ履かされて。
もう汗だっくになって、まさかこんなに大変とは!みたいな感じの振りで。
私達もそんな想像してなかったですね。
でもま、音楽を聴いた時に凄くこうあのなんていうんですか?
ギターの、あのーロックのリズムも凄い入ってますし
途中なんか大階段が見えてきそうなボレロ(爆)に転調とかして
これはいったいどんな風になるんだろうって
曲を聴いてた時点では思ってたんですけれども
あのーそうですね、なんかもう、
初日の時の皆様の反応に…びっくりして
こんなに笑ってるっていうのは(爆)(ばれてる)
笑われてたよ…ね、…っていうのは、
おかしいとかではなく、「こうきたか!?」っていう笑いなんだろうなって
私達はまぁ…慰めあってたんですけど。(爆)
あの、はい。
"しけ"にもね、マツケンさんのようにラメもついてますし
あのーなかなかこんなことは…無いと思うので。
本当に男役っぽく♪
あの、ね、他、やっぱそういうシーンが芝居中では無いので。
ここはひとつ、ガツンとやろうみたいな感じで
みんなで男役みんなで気合入れてやってます。

今回プロローグも客席の方から登場されて
あと本舞台変えられる時にも客席の方に下りてこられますけど
客席のほうはいかがですか?

その辺はすごく演出家の石田先生が考えて下さってて
ま、折角こういう…ね、小さな空間なので、
お客様との一体感みたいなもんをより感じていただけるようにということで
そのような演出がされてまして、
ん、まー所謂こう、舞台がちょと転換しているので転換待ちっていう部分もあるんですけれども
その辺本当にうまく使っていただいて。
政と2人で出て行くところとかも
本当は芝居的にはとても逃げ惑ってて大変なシーンなんですけれども
なんかお客様がほっこりしていただいてって言うか(笑)

今回龍真咲ともホントに今回はよく2人でも稽古してたんですけれども
とっても彼女、舞台が開いてからどんどんどんどん良くなっていってて
私達も楽しんで、お客様にとっても楽しいシーンになるように
心がけてます。

会場の方からの質問。
もしきりやんが又七さん以外で演するとしたらどの役がいいですか?

あー…そっか…。(ご機嫌急降下)(なんだそれ)
結構こういう質問多いっすねーいっつもねー。(なにやら気に食わないらしい)
いやーそーですねぇええー。
けっ…こう…豆奴とかやりたいっすね!(がっつり)
なんだかねぇなんかー色っぽくってぇー(爆)
きっと私がやっても似合うなぁ!うん!(乱暴)(強制拍手)
結構ね、今回いろんな方のいろんな台詞もそうですけど
あ、こんなこと男性に向けて言ってみたい!とかぁー
なんかこう憧れちゃうようなぁ、台詞とか。
まぁもちろん…男役もそうですけれども。
うん…そういう意味では…なんか…
いつも面と向かってこう、芝居しながら
私やったらこうするなとか思っちゃいますね豆奴は(笑)はい。
そういう意味でちょっと想像していただいて(爆)…とかいって…

じゃ機会があれば是非…
機会はありません。(即座にばっさり)(爆)

お勢ちゃんの恋、豆奴さんの恋、衣絵ちゃんの恋、いろいろありますけれども
きりやんはどの恋に共感されますか?

ぬふふ?(すげー声出しましたよこの人)
いやーーーー共感!?
共感はちょとみんな難しいですね(ばっさり)(おいおい)
や、でもなんか、あのーそうですねぇ
…んーどうなんだろう?なんかだいたい私割と女性に奥手の役が多いし…多いので、
なんかそういうイメージがあるんだろうなと思うんですけど、
私もまあなんかそんなに…こう…人に…こう…(照れるからマジ語りはやめてください)
意思を伝えるのが結構…あのーシャイな…ため…(ギクシャクしてまで言わなくていいから)
なんか…こう…真剣にはなかなか
自分から言うっていうことができないタイプなんですね!(…orz)
だからどっちかっていったら
ホントに又七さんの気持ちのほうがよくわかるーみたいな♪
…感じでぇ…うんー。(役者なんだから極力わかろうよ…orz)

そうですねー私はー又七自身に重ねて見ている部分がありますね。自分自身を。(どう?この答え?みたいな)

はいっどうもありがとうございましたー。(司会者の方の流しっぷりが潔すぎて泣けます。)

オフのお話
先日はフィンチ君のお誕生日でしたが何かされましたか?

(※昨年は盛大なパーティーが開かれ(もちろんあさうひも参加)
半解凍のケーキを食べさせられたフィンチが翌日腹を下す事件発生)

や、もーちょっと初日の前日だったんでぇ(5/18生まれなのね)
ほんっとにちっちゃい犬用の、去年はこんな大きかったのに
今年はこんなちっちゃいケーキをちょっと買っといてもらってですねぇ、
ひそやかにお祝いしました。
今年はお腹壊さなくてよかったです。
去年はね、解凍しきれてないケーキを無理やり食べさしたんで、(酷)
ちょっと心配だったんですけど今年は、大丈夫でした。はい。

フィンチ君は4歳に…
はい…ねぇ…(感慨深げ)
あの随分と…大人びて参りましてぇ。
なんかどんどんどんどんね。先に年をとってしまうので
誕生日が嬉しいやら悲しいやら…みたいな…感覚…ねぇ?
ワンちゃん飼われている方、皆さん一緒だと思うんですけど。

ゲームコーナーにいきます。
(大坂侍な人達がくっついたボックス登場。(笑)
箱の中にはきりやんが今までに出演した公演名が書かれた札が全部入っていて
引いたものがその前に引いたものより前か後かを当てるゲームです。)


一枚目が「螺旋のオルフェ/ノバ・ボサ・ノバ」(1999/5)
続いてこんな感じ
「ゼンダ城の虜/ジャズマニア」(後)(2000/9)
「プラクティカルジョーク」(後)(2001/3)
「花は花なり」(前)(1996/1)
「ハウ・トゥ・サクシード」(後)(1996/6)
ディナーショー「color」(後)(1998/4)
バウ「香港夜想曲(ノクターン)」(前)(1996/12)

見事残った5名の方が賞品を受け取りました。
今回このために書き上げたら53公演あったそうです。


結構ね、もう長い間居ますから私。(えばり風)
最初、小学生ぐらいで応援してくださってたかたが
社会人とかになってて
…はぁ~とか思っちゃう。(言っちゃだめ)


握手会は超特急ベルトコンベアー状態でした(・∀・)ノ
ただいつもと違ってヒールじゃなく草履で(下駄じゃなかったよ!!marikoたん!!)
さらには台にも乗ってらっさらなかったので
初めて見下ろされずに済みました(笑)
なにやらきらきらと可愛かったっす。
まっちゃんが居たからとろけたり恥じ入ったりする暇なくて済みました。(・∀・)ノ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/970-30d39d4e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。