--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大坂侍3

2007年05月21日 04:47

あ、そういえば拍手ありがとうございまつ。
レスはしてませんが読んで励まされていまつ。
お礼画面また更新しました。
暇な時にどうぞ。

まー何をしてるかってーと
あらずじを書いてまつ(・∀・)ノ(能無し)

だってギャグは説明されても困るでそ。

あの刀を研ぎに出さないから
利子は払わんっていうのは
舞台上しか笑ってる人いないけど
いいんだよね?(確認すな)


ということで続き。
ほんとにそのまんまでつ。

まーちっとも見るつもり無い人が
これだったら見てもいいか?って思ってくれると嬉しいでつ。
ま、そう思った時点で読むの止めてください。(笑)

見る予定がある人は
どこかで思いとどまってください。(どこまでも自助努力要求)

最後までは流石に書かないですけど。
フィナーレは別記事たてまつ。

はい、ネタバレ始まりまつよ。
夢の中で桜の中
花(桜?)の精お勢ちゃんと踊る又七。
花柳芳次郎てんてーの振り付けが素晴しいでつ。
美しいでつ。
秀太郎さんにははココだけ見て欲しかったでつ(無理)

いつの間にやら河原で寝てたみたいでつ。
風邪ひきまつよ(●▽●)(壊れてきたaiai)(途中で消えた)
そこへ大和屋さん(チャルさん)がやってきまつ。
どうあっても止められないと知って、
お勢が悲しむので死なないでくれと言いに来たのでした。

山崎は圧倒的不利な状況でも思いとどまらない又七を見て
ついていけないことで自分を責めまつ。
又七は生き残る奴も必要だと慰め、
反対に励まし飲みに誘いまつ。いい奴でつ・°・(ノД`)・°・

どうしても又七を止めようと思いつめるお勢ちゃんのとこに
渡辺先生(まやさん)がやってきまつ。
そして一方的な気持ちを押し付けるのは又七の迷惑だとお説教。
お勢ちゃんは怒って行ってしまいます。
でもこれも又七をあきらめさせるため大和屋のチャルパパが頼んだこと。
お礼にと50両差し出す大和屋に
2人の間を裂くようなまねをして御礼をもらうわけにはいかないと
つっぱねる渡辺先生。
・°・(ノД`)・°・

お座敷では天野と黒門一味から転身した官軍が
芸者を呼んでドンちゃん騒ぎ。
一方貧乏同心山崎と又七は土間でおばあちゃん(ルミたんとみっちー)にお酌をしてもらって飲んでいまつ。(笑)

自棄酒で珍しく酔っ払ってる豆奴姐さんが荒れてまつ。
そんな姿はものごっつぅ色っぽくて悲しいでつ。
結ばれることはないと知っていても
大好きな人が勝ち目の無い戦争に行ってしまうなんて
ほんとに寂しくて悲しくてつらいでつ。
飲まなきゃやってられっかー!!くそー!!とばかりに
2人に絡んで追い返してしまいまつ。
キツイ言葉の裏返しが切ないでつ。かわいそうでつ。・°・(ノД`)・°・

そんな豆奴さんを諌めに来るのも渡辺先生(便利だねー)。
なんでそんなに好きなの?と聞かれて
「好きになるのに理由は要らん。
嫌いになる時に理由を探すんだ」という台詞
どっかで聞いたことあるんですけどどこでしたっけねー!?
いい台詞でつ。あーちゃんがんがれ!!

一方お勢ちゃんはのんびり釣りをしてる又七の元へ
小間使いのおきみちゃん(蘭乃タン)と丁稚の佐吉(海桐君)をつれ
やってきまつ。
又七が江戸に行っちゃうなら生きててもしょうがないと、
これ見よがしに身投げの準備をはじめます。(爆)
2人に命令して重石を付け出すお勢ちゃん。
大真面目にあほやってまつ。
かわいすぎでつ。
泣きながら命令に従う二人もかわいすぎでつ。
(ここは初日の方が面白かったっす。間がね。むつかしいねー。)

又七さんはどうせ脅しだろうと見てみぬ振りをしてまつ。








やりおった(爆)
慌てて後を追う又七さん。
羽織を脱いだ時ドコまで脱ぐのかドキドキでつ!(ヅカだから!!)
それを見ていた政と豆奴。
政がその後を追って飛び込みます。

やっと川から上がって小屋で着物を乾かす2人。
まーセクシーな設定っすね!(鼻息)
又七さんのしっとり濡れたしけと
大胆な脚見せが色っぽいっす。
心中だと呼ばれてやってきた山崎にもばれてとんだ赤っ恥でつ。

でもお勢ちゃんはわかってました。
渡辺先生に言われたことが。
それでもあきらめられない、馬鹿をせずにはいられない恋心。
豆奴姐さんもそっと2人だけにしてあげます。

お勢ちゃんの気持ちも自分の気持ちも重々承知で
それでも武士の道を絶つことが出来ない又七。
お勢ちゃんに自分をぶってくれと言うので精一杯でした。
この不器用さんめ!!・°・(ノД`)・°・

でも…ヒロムさんもっといけるはず…。(ハードル高)

一方、商人に戻ったもりえ数馬がマギー天野率いる官軍に捕らえられまつ。
元鉄砲方の役人だった数馬。
幕府の密偵だという疑いをかけられたというのでつ。
そして300両払えば返してやると。又金でつ。
困って又七に相談に来る衣絵とお善。(末子はん)

なんとか収集がついたものの天野が許せない又七。
どうしても奴をやっつけてから江戸に下りたいという又七に
豆奴、山崎、そして黒門の親分が助力を申し出まつ。

豆奴の色香に騙された天野がまんまと連れてこられまつ。
雨の中フル装備で果し合いに臨む又七。
それがポスターの姿でつねー。
もっといろいろつけてて泥臭いいでたちでつが
本気の真剣勝負って感じでカコイイでつ。

このあたりだーいしらしく派手に盛り上げまつお!

と、このあたりでかんべんしてやるか!
もうすぐ初日映像が出るんでそーかねー。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/952-d5d18647
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。