--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒蜥蜴さんのこと…あ!その2か!(5/21加筆済)

2007年05月18日 02:05

はい。やるべきことをひとつひとつやっていきたいと思います。
何より自分の記録ですし。

花組さん、沢山見られなかったのは本当に残念ですが
1回の観劇でその分いろんなことを感じた気がします。

うる覚えや勘違いが沢山あると思いますが
思ったことを書いておきます。

あい(・∀・)ノ真面目ぶっても地キャラが無理だと言ってまつ。
頭が悪いのでやはり箇条書きだと思います。
ではどぞ

関連記事:
き、記憶が…(・∀・)蜥蜴さんのこと(2007/04/07)
じゅんちゃんは潤ちゃんか黒蜥蜴2回戦(2007/0511)
・オープニングで本当にあやねタンの成長ぶりに驚きました。
・声の強弱、張り、艶、物凄いバリエーションが豊かになってまさにバージョンアップしてた。
芝居の成長ぶりに歌はついてってないけどね。でも信じてる。

・潤ちゃんの役作りが元々だったのかaiaiが気がついてなかっただけだったのか、本当に変わったのか知りませんが
物凄く若返ってた気がします。
・ヒゲはもっと無精ひげっぽいほうがよかったんじゃ(笑)
・とにかく雨宮さんの世間知らずでボクシングしか知らずに生きてきた、生きるのに不器用な感じがとてもよかった。
・そこがだんだんとキュンキュンくるのね!!

・「あらイカス」という台詞が意外に好き。
・オサ様がさらに物凄いキャラが濃くってね。
・のっけから「な、ナニモノ!?」というオーラバリバリなのにバーの客が明智無視なのが超違和感(笑)
・オサってキムシンの求めるカリカチュアライズされた主人公にちゃんと真っ当に答えを出してくるから面白い。(覚えたての外来語を使ってみる)(戯画的っていう意味?)
・それも「ナルシスト」というガチな宛て書きがなせる技でそーか。
・オープニングの蜥蜴ちゃん好きだわー。ウィンクとかね!
・男装も帽子シュ!!とやるのがすんげーカッコよかった。
・オサ様が話の最後にやる時(負けんなよ?)と思った(コラ)

・浪越君の登場に毎回気付かないのはなぜでしょう…orz
・えりこ大好きなのに。どんどん惹かれてしまうのにぃいい(やなのかよ)
・台詞を喋ると気付いて、毎回「あ、出てたの!?言ってよ~」って感じ。
・トレンチ似合うおねー。首が長いから襟元が決まるんだなー。
・逆か。あれは埋もれるのが素敵なのか。orz
・寝てないぞって起きる時が人形っぽくてカワユス。

・みつるとさおたんのデカ2人組もっと見たかった!!
・あー通ってたらこの2人のキャラ立てできっといろいろ遊べそうだたなーと悔しかったでつ。

・ハッチパパは金には汚いけど娘ラブな矛盾を抱えたパパより
普通に背徳的な悪い人のほうが似合うおね。(普通って)
・すみ花たんに「幸せかい?」って聞く時なぜか超ドキドキしますた。
・内心「幼な妻かよ!!」と自己つっこみを入れてしまいました…orz
・葉子さんのキャラ立ても最初謎だおね。お人形好きだったりそのあたり早苗さんの年齢設定がようわからん。
・もしかしてすみ花ちゃんの落ち着いた持ち味が若干裏目に出てたのかもね
・んで葉子さんと黒蜥蜴さんが「友達」っていう設定って面白いなーと思いました。原作どおりなんですけど。

・さて浪越君と明智君の結婚についての会話ですが
・ここオサ様がものすげーーーー優しいの。
・これ小林君に対してもそうなんだけどさー。
・初日は物凄いえ?え?ってドギマギしてましたが(笑)
それがこの日は孤独の裏返しに見えてとても切なかった。胃のあたりがきゅうきゅうして泣きそうになった。
・オサ様の孤独感の表現についてはうたかたでも物凄く感じたんですが素晴しいものが。キムシンよーわかってるなー。
・退屈=孤独だよね。
・その知性故に誰も理解できない、誰にも理解されない孤独。その末に出会った自分を翻弄する女。と、言いたいんだろうけどね。
・ここの歌が切なくってさー!!!・°・(ノД`)・°・(思う壺)
・えりこはさーほんとさーあったかくってさーなんかさー
こういう友達が居てよかったね、明智君と思いましたよ。

・でも電報後のダッシュが凄い勢いでした。えりたんぜってー電報読めてないに違いない。
・そして岩瀬の部屋でのオサ様がやり過ぎで怯える。(笑)
・いや、むしろとっても分かりやすい演技なんですが、このテンションの高さがオサ様だなー!!と堪能致しました。
・オサ様ってほんとに面白いよねー!!

・ホテルの従業員の人達本当に怖かったよー。
・世間様って怖いのねーと思いました(思う壺その2)

・小林君はねーもうねー(*´Д`)(イチコロ)
・オサ様が髪を撫でる仕草がやらしいです。(まだ言うか)
・真面目なことを言うと、明らかに明智君にとって小林君は自己投影の相手だから正直萌え萌えしませんでしたよっと。
・なぜか少年探偵団の設定が孤児ということになってるしね。
・aiaiの少年探偵のイメージは、大人びた喋り方と暇をもてあましてる感じから近所のお金持ちのぼんぼんというイメージでした。
(原作も孤児を集めて少年探偵団をつくってたと教えて頂きました。
あくまでaiaiの勝手なイメージでしたね。ということでキムシンが正しいんすねー。)
・明智君も黒蜥蜴さんの生い立ちを考えれば似たような生い立ちだったんだろうと。
・わかりやすいねー!!キムシン。さすが単細胞
・そしてそれをすんげーわかりやすくやってくれるオサ様。相性がいいわけですよね。

・岩瀬家の葉子さんと小林君っていいよねー(*´∀`)ノ(語彙不足)
・岩瀬家のえりたんはえりこの持ち味の幸福な小市民的なとこがとっても生かされてまつね。
・明智君同様葉子さんも孤独で愛に焦がれているわけだけど
いちいちその孤独感を刺激するキャラだおね、浪越君って。
・しかしすみ花ちゃんは上手いねーーー!!あたりまえのように穴が無いもんなー!!
いつもいいとこですぐマトヴに失神させられるけどね!!

・ここの暴れてるマトヴさんがもんのすげー可愛くてねー!!
こないだはヒゲおいしくねー!!(怒)とか言ってたけど超美味しいの。
「ウェ♪」とか言ってさー!!
・なんかマトヴさんがのびのびしてるとすんげー嬉しいでつ。
・王子の家具屋もやり過ぎてて素敵でした。

・今回上手の席だったのでメイドさんでも少年探偵団でもすぐ由真たんをめっけられました。ガン見しがちでした。すいません。
・少年探偵団さん達の芝居も細かくいろいろやってて目がいくつあっても足りませんですた。ここも通えてたら…と悔しがるaiai
・ここのおばちゃんの格好をした彩音タンが凄い好きです。可愛い(*´∀`)
・まーなんで急にセンチメンタルになっちゃうのかちっともわかりませんが、なんだかすんげー色っぽくって明智さんが恋しちゃうのがわかるっつーか(笑)
・「男がどうこう」とか「人間は」とか台詞はどうあれその佇まいが本当に純粋でガラス玉みたいにすきとおってる感じですた。

・車のシーンのアドリブ楽しみにしてたのにずーーーっと2人でくっちゃべってるだけなんだもんなー!!
・そんならみつるとさおたんといてぃかを見てるんだった(コラ)

・船のシーンは彩音タンの成長のおかげで締ってたな。
・特に1人で場を取り仕切らなきゃいけないしほぼ1人芝居ですやんね。
・しかしあまりにもあっけない出番過ぎてみわさんの熱演が痛い。キムシンめ。
・そしてさそりの由真タンを想像してみたりしちゃう(*´Д`)

・しかし今更ながら…
あー…コマ(非駒形)とか押し花とかおにいちゃんとか本当に必要だったんすかねー。
キムシンのイマジネーションってココ止まりなんすかねー。(酷)
・まーヅカっぽい帰結っちゃーそうなんだけどさー。

・しかしプロポーズんとこのマトヴさんはすげーよかった!!
・繰り返しになりますがボクシングしか知らないっつー狭い世界で育って
人生どう歩いていいかも分からないような世間知らずの青年が、
葉子さんの出した宿題に自分の頭フル回転、
知ってる言葉総動員して必死に精一杯応えようとする姿がさー!
何あれ!きゃわいいYO!!
・あの数分でいきなり大人になんなきゃいけないからさー!!(プロポーズは大人になってから)
・いきなり葉子さんから逆ナン(違)されて目が点なのに
自首しろとか言われるし、
さらにはプロポーズしろとか言われて、
戸惑うって言葉じゃ足りないぐらい動揺しまくってんのに、
葉子さんの命令に即座に対応して
自動的にプロポーズしだすマトヴさんが機械&動物的で面白すぎる。
・ありゃロボットU・ェ・U だな!!
・最後にゃ葉子さんを抱きしめつつ未だ半信半疑な雨宮君。おつ!!
・あーマトヴさん自分のキャラやっとわかったんじゃね?(てか私が?)

・松公と黒蜥蜴さんっていうのは黒蜥蜴さんと明智さんの裏返しな関係なんすね。孤独と孤独を足しても孤独だけどそこに人がいればあったかいよな。
・てか松公にあんな派手なスーツプレゼントしちゃうのかよ!!
・黒蜥蜴ちゃんのセンスはホントよくわかりません。楽園の人達とか。
・楽園の歌手の芽吹幸奈タン、この人もどこに居ても目につく人だったおなー。

・話としてはほんとばかばかしい帰結だがオサ彩音で見てると
どっぷりとこのやっすいメロドラマに浸れるのが不思議。
・ふたりの何か切実なものを感じるんですよねー。うーん。
・オサも彩音たんも涙を流しての熱演で。
・マサチャーンが全身全霊で彩音タンに向かっていてさー、そんなオサ様に正面から向き合う彩音タンの度量の広さにめちゃめちゃ感動していました。
・やはりこういう人が側に居ないとダメな人なんだなーと思ったの。

・最後はやっぱし小林君が可愛すぎて可愛すぎて!!
・あれを自分とか思ってる明智君のナルシス度は相当なもんだと思う。
・すみ花ちゃんの歌声結構好きです。

終り…。(力尽きる)


コメント

  1. aiai | URL | -

    うもぅ恥ずかしがりやさんがお2人♪
    お返事遅くなってすいません!!(土下座)

    マサチャーンファンのaさん♪
    マサチャーンファンの方のコメントお初でつ!!
    ありがとうございますー!!
    大変恐縮でつ。
    花組さんの記事が少なくってすんません!
    また是非遊びに来てください
    (きっと拍手もでつおね?
    ありがとうございまつ!是非大坂侍を笑いにいらしてください!!)

    H様♪
    いつもお世話になっておりまつ。
    無知蒙昧なaiaiが大変失礼しました。
    てか教えてくださってありがとうございまーつ(・∀・)ノ
    加筆修正しときました。
    今後ともどうぞよろしくお願いいたしまつ。m(_ _)m

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/941-08ffa1f6
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。