--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

で、内容に触れてないじゃんオレ!!バレンシア解説うp

2007年03月15日 21:27

ハイ(・∀・)ノ
忘れてました。これも書きかけで置いておいたネタでつ。
まーはっきりいって気が早いでつね。
でも忘れないうちにやっときます。
その頃は忙しいかもしれんし。

aiaiはバレンシアのことちっとも知りません。
漫画化されてグラフに掲載されたりしたらしいんですが
そんなの読んでません。
なのでまともな情報はここにはないので
そう御承知置き下さい。
逆に教えて欲しいぐらいでつ。(開き直るな)

解説からわかることからちょこっとだけ書いてみました。
A/Lに習って人物相関図を書いてみました。(超適当)

20070315205825.jpg


あー才能ないでつね!
過去の配役はこんな感じだったそうでつ

フェルナンド・・榛名由梨 (●▽●)
ロドリーゴ・・・瀬戸内美八
ラモン・・・順みつき

イサベラ・・・小松美保(ウメ)
シルビア・・・舞小雪
マルガリータ・・・北原千琴
ローラ・・・久美かおる

レオン将軍・・水城玉藻
ルカノール・・沖ゆき子
セレスティーナ(ママ)・・三鷹恵子

ちっともわかりません(・∀・)ノ
まーとりあえずどんな専科さんが出るのか楽しみでつ。(そこか)
宙組はまりえったとすっしぃも居るしねー。(しかもおじさま狙いか)
うーんシルヴィアを取り合う(?)わけですから敵役もカコイイといいでつね。

萬ケイさんとか(*´Д`)
ソルーナさんとか(*´Д`)
ヒロさんとか(*´Д`)

ちゃ、チャルさんはやばいだろ!!(何が?)
18禁だろ!!(だから何がよ!!)

いやーん!!!楽しみすぎる!!!(だからそこなのか!?)

ウメたんはフラメンコを踊るんでつねー!!
楽しみでつ。
Across再びでつ・°・(ノД`)・°・

柴田先生の凄いところはやっぱり
アテガキもさることながら、
意味のある役が多いことだと思いまつ。
星影の人もそういう意味では大好きでした。
(その分主人公周りが弱くなることもたまにありますが)

今回は再演ということでアテガキはアレですが
きっと多彩な人間関係を見せてくれるにちがいないと
信用しています。

ただ、演出が中村Aということはとっても心配だけどね(大変失礼)
だって霧のミラノ
でも人気作だし、だ、大丈夫かと。。。

1976年、榛名由梨を中心に、瀬戸内美八、順みつきを加えた二枚目陣、小松美保、舞小雪、北原千琴ら娘役陣といった、個性溢れる出演者を擁した月組により上演され、大好評を博した作品の初の再演。19世紀初頭のスペインの一地方、バレンシアを舞台に、復讐と恋を多彩に描いたスケールの大きいミュージカル作品。大和 悠河・陽月 華の宙組新主演コンビお披露目公演となります。
 19世紀初めのスペイン、バレンシアの領主ルカノール公爵の居住。側近らが集まり、何事かを相談している。退役軍人のレオン将軍に不穏な動きがあるというのだ。その協議中、前領主の妻セレスティーナ未亡人が、重税に苦しむ市民達の実情を訴えにやって来る。しかし未亡人の訴えは聞き入れられることはなかった。
 未亡人の息子フェルナンド・デルバレスが、レオン将軍の要請で駐屯地から戻ってきた。フェルナンドの父はルカノールによって暗殺されたという証拠の手紙が発見されたのである。ルカノールの横暴振りに加え、父の暗殺事件を知ったフェルナンドは復讐を誓う。そのためにまず遊び人になりすまし、許婚者のマルガリータにも結婚の延期を告げる。
 ルカノールの城では、今日も夜会の最中である。公爵の甥ロドリーゴ・グラナドスの後を追って、ルカノールの後添えシルヴィアが出て来る。シルヴィアはロドリーゴの恋人であったが、シルヴィアの父が反逆罪で捕らえられ、父を救う条件としてルカノールは強引にシルヴィアを後添えにしたのだ。行き場のない憤りを感じるロドリーゴ。そんな彼をフェルナンドが街の酒場エル・パティオへと誘う。
 エル・パティオでは、ラモンとイサベラがフラメンコを踊っている。別室でフェルナンドはロドリーゴに協力を求める。二人の話を立ち聞きしている者がいた。ラモンである。二人は秘密を聞いたからには仲間に入るべきだと詰め寄る。しかしラモンは断る。二人は黒い天使と名乗り、ルカノール一派を一人ずつ亡き者にしていく。シルヴィアやマルガリータは二人の様子が変化したことに心を砕いていた。しかし陰ながらフェルナンドを愛するイサベラだけは、彼の実体を見抜いていた。ある日、ラモンの妹ローラがルカノールの部下に銃殺される事件が起きる。ラモンは仲間に加えてくれと申し出る。
 決戦の日がきた。フェルナンド達はレオン将軍や義勇軍を従え、城に乗り込む。三人の目的は達成されるのか・・・・・・。そして、それぞれの恋の行方は・・・・・・。


 


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/843-5dfa2773
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。