--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全ツ ダル・レークの恋 

2007年02月22日 16:45

やっと解説が出ましたね。

こちら

ほい。
main.jpg


うはー(*´∀`)
すげー美しいんですが!!!
バックが水色っていうのが爽やかだおね!!
ミホコカワイイ!!(*´∀`)
ターバンが余っちゃってる小顔炸裂のアサコさんですが
似合ってませんか?素敵王子じゃね?(なんだその造語は)

それにしてもアサかなはコスチュームプレイは初めて?
あ、ローマがあったか。。でもあれは着たきりだったし
今回はお衣装なども楽しみですねー。

で、どんなお話ですってー?
下に解説貼っときます。

[解 説]
 1959年に菊田一夫作、春日野八千代演出・主演により上演された名作で、1997年にレビュー化し麻路さきら星組により上演された作品。インド北部カシミール地方のダル湖の湖畔を舞台にした、貴族の娘と騎兵大尉とのラブ・ロマンス。
 インド最北部、インダス河の流れるカシミール。毎年夏になると、世界各国の大使・行使や富豪達、それにインド諸州の王族らが、避暑のカシミール・ホテルまでやってくる。
 今宵は、カシミール・ホテルにおけるこの夏最後の舞踏会。ベナレスの領主マハ・ラジア、チャンドラ・クマールの孫娘で、やがてデリー大公ゴヤール王家の姫の女官長になる身の上のカマラも、祖母インディラ、従兄弟クリスナ・アルマ夫妻らと共に、この地でひと夏を過ごしていたが、明日にはクリスナの城のあるハイダラバードへ発つことになっていた。
 カマラはこの夏、騎兵大尉ラッチマンと恋に落ち、二人の仲は舞踏会で公然のものとなった。あまりにも身分の差がある二人は王族や各国大使・公使のみならず、新聞記者たちの注目をも集めてしまう。それを知ったインディラは二人の噂が夫チャンドラやゴヤール王家にまで聞こえ、カマラと家の名誉が失われることを恐れ、カマラにラッチマンと別れることを命じる。極度の身分の差のために、いつかは別れなければならないと自覚していたカマラは心なくもラッチマンに冷たく当たり、彼の愛を拒絶するのであった。
 突然のカマラの心変わりにラッチマンは傷つき去っていく。そこへ憲兵隊長ジャスビルが、パリの国際警察からの通報だと言って、ラッチマンという騎兵大尉は、実は世界に悪名を轟かせている前科12犯の詐欺師ラジエンドラのことで、この男は各国の著名人の女と関係を持ち、この男とのスキャンダルゆえに、これらの人々は地位を失うこと少なくなかったことを告げる。クマール一家は驚き、急ぎラッチマンを呼び戻して詰問したところ、ラッチマンは確かに自分がラジエンドラであると認める。クマール家はカマラとの関係が世間に発覚することを防ぐために、ラッチマンに黙ってこの国から逃げるよう懇願する。しかし、ラッチマンはこれを拒み、取引を求めた。それは今後二度と騎兵大尉ラッチマンが姿を現さない代わりに、愛するカマラと一夜を送ることであった。インディラは、この危機はカマラ自身の力で解決するしかないと、ラッチマンの要求を受け入れた。ラッチマンはダル湖の湖畔へとカマラを誘い出した・・・・・・。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/825-275291f9
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。