--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならかしちゃん さよならるいるい

2007年02月13日 17:32

はい。案の定泣いてしまいました。

昨日の涙とは違っていて。。。
なんだか
やっぱり寂しかった。
さよならするのは本当に寂しい。
そのうちまた
顔を見せて欲しい。。。
そんな気持ちで一杯でした。

入り出の様子や会見の様子は
明日のニュースで放映されるそうです。
ENAKさんの会見の記事はこちら

本公演の様子ですが温かいアドリブはほとんどカット。
スカステさん大人だなー。。。(´・ω・`)

るいこが袴を締めすぎて逃げたかっさんが飛んでいっちゃって
るいこが「ああびっくりした」とつぶやいてるとこ(すんげーカワユス!!)と
陽之助君への熱烈チューは映りました。(笑)

ショーのかしるい賞賛ソングはほとんどカットだけど
とむみちのアイ・ラブ・かしさん♪は映りました!!!
とむが「かっ」さんみちこが「かし」さんと歌ってるみたいですた。
おもしれー。
ポピーんとこのタニがバレンタインということで
襟にすんげーハートをつけてて1個お客さんにあげたり
ハートの風船つけたまりえったと
まりえった「バレンタイン」
タニ「ベストカップル~♪」
と盛り上がってました。

あ、おにぎりバトラーはしっかり映りましたお!!!!
とむとタニにがっつりかじられていますた!!!

ではサヨナラショーの様子(ほんのちょっとだけ)と
退団者挨拶をどうぞ。
かしるいの挨拶はENAKさんに出ていますが
携帯などでENAKサイトを見られない方のために載せてあります。
サヨナラショー
アラビアのところで歌うあんこが映りました。
かしるいの熱烈ちゅーも。
これで「貴城けいの宝塚最後のキスの相手は紫城るい」でつね!!>ジュンタさん♪
うーんどうレポしていいものか。。
おでこを汗でてからせながらも男役人生をかけ、男役としての全てを出し切ろうとしていたかっさんが印象的でした。
るいこの最後のお衣装がとなぽんの愛短のかな?
2人の「仮面のロマネスク」がせつなくて美しくて素晴しいです。

退団者挨拶
白峰さゆり
宝塚で過ごした4年間、私は宝塚が全てでした。この4年間この宙組でこの仲間に囲まれて頑張って来れたこと。楽しかったことも苦しかったことも思い返すと全ての時間が私にとってかけがいのない宝物です。今この瞬間一番実感していることは本当にたくさんの温かい支えがあったからこそ白峰さゆりが存在出来たということです。そして何より今日この日を迎えることができたのは今まで私を見守り陰ながら支えてくれた両親のおかげと心から感謝しています。本当にありがとうございました。(両親の方向へお辞儀)(お母さまが亡くなられたとか)
こんなに沢山のお客様に囲まれて宝塚の最後の日を迎えることができてとっても幸せです。この思いを胸にこれからは自分の決めた道を私らしく精一杯歩んでまいりたいと思います。今までお世話になった全ての方々に心からの感謝の気持ちをこめて。本当にありがとうございました。

咲花杏
言いたいことが山ほどあって、あれも言おう、これも言いたいと思うのですが、結局伝えたいことはたった一つです。
皆様が大好きです。仲間が大好きです。そして宝塚の舞台が大好きです。私の幸せはいつも出会った人々が運んでくださったものです。皆様の笑顔で私は心から笑うことができました。それでも時には笑顔でいられないこともありました。そんな時、仲間に支えられ、いつも一緒に居てくれた同期が私を笑わせてくれました。生まれ変わってもまたこの同期と巡り会いたい。みなさまと巡り会いたい。そんな人達と出会えた宝塚に本当に感謝しています。
心からの愛をこめて「みんなだーい好き!!!」
今まで本当にありがとうございました。

純あいら
本日をもって私は純あいらという名前から、そして宝塚から卒業いたします。たった一度きりの人生の中でこの宝塚という場所に存在できましたことを心から嬉しく、また誇りに思います。明日から新しい人生に踏み出すに当たり純粋で素直な気持ちを忘れず、そして宝塚で得たかけがえの無い絆を大切に私らしく一歩一歩歩んでまいりたいと思います。
今日というこの日まで純あいらという人間を支え愛してくださった全ての方々に言葉には出来ないほど感謝の気持ちで一杯です。私は皆様から頂いた沢山の愛を決して決して忘れません。今本当に幸せです。
心から本当にありがとうございました。

天翔ゆうり
初めて舞台に立った時からこれからの人生何があろうとも私らしくあり続けようと心に決め今日まで歩んできました。この8年間皆様と共に過ごした時間はとても素晴しく幸せで、本当に今ここに居るのが幸せです。共に笑い涙し仲間と築き上げた絆全ての経験全ての思いが今の私を築いてくれました。この宙組の皆様と共に最後の舞台に立てたこと本当に幸せに思っております。皆様にお別れを告げるのはとても寂しいのですがこれからも私らしく歩んでまいりたいと思います。
今まで天翔ゆうりを支え育ててくださいました全ての皆様に感謝を込めまして。本当にありがとうございました。

貴羽右京(ほほに一筋の涙の跡が…)
挨拶を考えれば考えるほど何と言っていいかわからないまま
ついにここに立っています。どうしよう…。(笑)
ただ一つ言えるのは、本当に何の悔いもない、心から笑ってそう言える、充実した12年間でした。
そんな気持ちにさせてくれたのはきっと他でもない、沢山の沢山のお客様のおかげだと思います。どんな隅っこに居てもどんなに一瞬でも私を見てくれる人がいました。本当に本当にしあわせでした。
あぁ、終わっちゃうなぁ…。(笑顔でかみしめるように)
最後に。宙組の皆さん、本当にありがとうございました。
大和をよろしくお願いします!!!
第81期生宙組貴羽右京、男役でした。12年間本当にありがとうございました!!

紫城るい
(お花はあゆみさんと天羽珠紀たんから。ピンクの薔薇がラブリー。)
とうとう本当に宝塚を旅立つ時がやってきました。卒業という事実をを意識してから、ここで過ごしたすべての時間が本当にいとおしかったです。
無我夢中でがむしゃらだった5年間の男役時代。女性としてたくさんのことを教えてくれた娘役としての5年間。そのすべてが今の私を育ててくれました。
今私は人生の一生分の幸せをいただいてしまったかと思うほど幸せ過ぎて、時が止まってほしいと何度も思いました。でも、今感じているこの幸せな気持ちとこの感謝の気持ちはこれからいつまでも私の心に残り、これからの私の人生でどんなときも支えてくれるものになると信じています。
諸先生方、スタッフの皆様、いつも見守り支えてくださった美郷組長をはじめとする宙組の皆様。一番近くで支えてくれた大切な同期(ともちが映りました。)最後にめぐりあい、大きな愛で私を包んでくださった貴城さんからの愛。
そして、こんな私をどんなときも見守り支え続けてくださいましたファンのみなさまの愛。
たくさんの愛に包まれて卒業できますこと、心から幸せに思っています。心からの感謝の気持ちと心からの愛を込めて。ありがとうございました!(最後はとても凛々しくきっぱりとしていました)

貴城けい
(返事から最後の最後まで男役らしく美しくカッコよかったです。
お花はゆっさんとすっしぃから、グリーンのアジサイと白薔薇の巨大なブーケでした。もうねー歩くのすんげー大変そうでした)

宝塚で出会えたすべてが私を育ててくれました。15年間という月日の中で雪組のみんなは温かく送り出してくれ、宙組のみんなは温かく迎えてくれ、ファンの方は温かく見守ってくれました。この中のだれひとり、何一つ欠けても今の貴城けいはなかったと思います。ファンの方のため、宙組のため、そして自分自身のため。今できることは何か常に考えて過ごしてまいりました。その中でるいちゃんという最高の相手役とめぐりあい、(るいこを振り向く。るいこがうなづきかえす)美郷組長率いる宙組のみんなが私を精一杯支え、もり立ててくれました。
今この宙組で卒業できること、心から幸せで、私の一生の誇りです。今まで温かく応援してくださったファンのみなさま、15年間支えてくださったすべての方々の限りない愛を胸に、これからも私らしく歩んでまいりたいと思います。心から、心からの感謝を込めて。
ありがとうございました!!
(ものっそい男前な挨拶でした)

組長
私達のかけがいのない大切な仲間でありますこの7名の新たな出発に皆様もういちど暖かな大きな拍手をお願いします。
(・°・(ノД`)・°・ありがとうまりえった…)

カテコ1回目
かし「退団者7名、明日から新しいスタートを切ります。これからも応援してください!!ありがとうございました!!」

カテコ2回目
皆様からの温かい拍手忘れません。そして、これからも、
大和、陽月、主演コンビ、宙組を、どうぞ、どうぞよろしくお願い致しします。本日は本当にありがとうございました!!

カテコ3回目(かしち1人だったのをみんな呼ぶ)
私はファンの方々、そして宙組のみんなを心より愛しております!本当に本当にありがとうございました!

カテコ4回目(かしるいのみでるいこに喋らせる)
なかなか言葉が出てこないるいこに小声で「頑張れ」
るいこ「貴城さんに出会えて、そして今こうして過ごせて、ほんっとーに幸せです!!ありがとうございました!!」
かし「この8ヶ月、宙組に来て8ヶ月、こんなにるいちゃんに愛し愛されるとは思っておりませんでした!」(客席からも袖からもひゅーひゅー言われバスガイドちっくに「ありがとうございます」連呼。るいこおじぎ)
かし「これからも愛し合います♪本当にありがとうございました!!」

緞帳前(退団者全員を引率して登場。先生かよ。)
「本当にみんな、この光景を覚えておきましょう!(先生だ)沢山の愛に包まれて私達退団者7名本当に幸せです。これからはもっともっと幸せになります!!!(退団者に向いて「ねー。」(お得意))
これからも私達の幸せを応援してください!!本当に本当にありがとうございました!」

他の人を促し自分はゆったりと歩き出す。客席に手を振り深々とお辞儀、最後は投げキッスでした。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/805-bfa71739
    この記事へのトラックバック

    (・∀・)ノ

    宙楽のあいさつも書こうかと思ったのですが、aiaiさんとこに詳しい全文がすでにうpされているので、そちらをご覧ください。→そちらと思ったらこちらですたジュンタさんも、牛の如くしつこく反芻して楽しんでお



    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。