--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星組千秋楽映像その2ですね。

2006年11月13日 15:17

ま、エンディってそういう人だよね(笑)
可愛いなー。

しかしみらんさんの御挨拶で号泣一歩手前でした。

…やっぱ辛かったんだー…orz

そうだよな。辛いよな。自分で決めたこととはいえ。
大好きな世界だもんな。
でも最後に笑顔になれてよかったな。
ダイジェストで流れた本公演もさよならショーも
本当に良い笑顔だったよ。
本当にありがとう。

わたるも最後は緑の袴でしたね。
すっきりと笑顔で。涙なんか見せずに。
この人はおっきいなぁ。体だけじゃなくって。
お花は組からはとなみが。同期からはすっかり女になったなおちゃんが。
堂々と、そしてゆっくりと、かみしめるような御挨拶でした。
しかしこんなでっかい人が花束に埋もれてるって凄いことだ(笑)

あとしのぶさんの「愛する人」っていうのにちょっとドキとしました(笑)

みんなみんな幸せになれー!!!

んじゃエンディの御挨拶からカテコまで。
高央りお
私は人生で最も素晴しい瞬間をたった今迎えることができました。継続することの難しさ、成し遂げることの厳しさ、一瞬一瞬を心に刻みながら大事に真摯に取り組んできた集大成を今実感しております。
うたかたの時なのかもしれません。しかし、舞台人で居た16年間は私の全てであり、青春でした。いろいろな景色が移ろい、色あせてはいきましたが、宝塚歌劇団員として過ごしてきた一瞬一瞬は決して色あせることなく私の心に深く刻み込まれております。
志す気持ちを私は忘れません。
志す気持ちを共にしてきた全ての皆様を私は忘れません。
この星組で青春を全うすることが出来てよかったです。
星組のみんなに出会い、志を共にすることが出来私は最高でした。
こんな私を支えてくれて本当にありがとうございました。
そして77期のみんなに出会えてよかったです。
素晴しい仲間達です。ずっと忘れません。
特にトウコ。
トウコが星組に来てからの6年間本当に楽しかった!あなたに影響されたから今の私があると思う。トウコ、本当に今までありがとう。
ひとえに係わり合いを持ってくださった全ての方々なくしては、今の私は存在しておりません。声援に支えられた16年間を決して忘れることは無いでしょう。
すさんだ気持ちを鼓舞し、天狗になりかけていたの心を諌めて下さいました、宝塚歌劇団を応援して下さる全ての皆様のおかげだと心から感謝しております。皆様方や諸先生に教えられた真っ直ぐな気持ち、正直な心を胸に焼き付けながら私は新しい世界への第一歩を踏み出す所存であります。
最後に、今、この瞬間を心に焼き付けながら私は新たなる第一歩を踏み出します。皆様、今まで本当にありがとうございました。

しのぶ紫
温かいファンの皆様、温かいスタッフの皆様、温かい先生方、温かい同期、温かい星組の皆さん。そして見守り続けてくれた大切な両親、側で支えてくださった愛する人。
皆様の温かい愛のおかげで今こうして無事に幸せな時を迎えることが出来ました。この世界にめぐり合えてこの世界で皆様とめぐり合えて本当に幸せな19年間でした。本当に、本当に、心から、感謝の気持ちを込めて。ありがとうございました。

湖月わたる
大好きなこの舞台に、仲間達に、そして男役に、別れを告げる時が来ました。
この退団公演は思っていた以上に寂しく、けれど、思っていた以上に沢山の幸せを与えてくれた公演でした。
相手役の白羽ゆりは星組での思い出、宝物を胸に新たな仲間達と頑張って欲しいと思っています。
そして、私の愛する星組は安蘭けいを中心に一人一人がますます輝いてくれると信じています。
私の舞台をいつも応援し、温かい拍手で包んで下さりこんなに私を幸せにしてくださったお客様、ファンの皆様、そして全ての皆様に、心から。
ありがとうございました。


最後の歌はフォーエバー・タカラヅカです。
退団者が銀橋を渡りました。
ももこたん泣いちゃった・°・(ノД`)・°・
その後はすぐ男前に戻ってたけど。カテコでは笑顔だったけど。

カテコ
1回目
この幸せを一生忘れません。本当にありがとうございました!!

2回目
この公演を大阪、名古屋、そして日比谷公会堂でライブ中継でご覧頂いている皆さん、最後までありがとうございました。
宝塚に出会えて、星組のみんなに出会えて、そして皆様に出会えて、最高に幸せです。ありがとうございました!

3回目
「しのぶさん一言…。」(いきなりフルわたる)
しのぶさん
「本当に皆様と出会えて幸せでした。本当に今までありがとうございました。」
エンディ
「(言葉にならずパクパク)素晴しい経験が出来たことを本当に幸せに思います。皆様ありがとうございました。」
その後下手上手順番に
やひろさん
「最高に幸せです。ありがとうございました」
みらんさん
「星組サイコーです!!(なぜか花束片手で差出し)ありがとうございました!!(礼。男前)」(わたるが「やると思った」とか言ってる。)
トミー
「感無量です。星組バンザイ」
ふありちゃん
「トランクは幸せ一杯で重すぎるので引っ張っていきます。ありがとうございました!」(わたるの「かーわいいー」とかイチイチ感想が入っておかしい)
ひよりちゃん
「幸せでした~!ありがとうございました」(ひよりちゃんのほのぼのブリに大爆笑のわたる)
のんちゃん、ゆずちゃん
「羽鷺つばさは幸せ一杯です。ありがとうございました。」
「星組で幸せでした。ありがとうございました。」
わたる
「本当に皆様ありがとうございました」

4回目
わたるのみ
しきりにありがとうございますと言い続け、その後退団者を呼び
わたるの「皆様本当に」の後に続けて
みんなで「ありがとうございました!!」と合唱。

5回目
全員そろった中で
「これからも愛する星組をよろしくお願い致します。」

6回目
わたるだけで
「皆様の中にいつまでも男役湖月わたるが生き続けますように祈っています。星組でこうして卒業できることを本当に幸せに思っています。ありがとうございました。」

おなじみ緞帳前。
手を振るわたる。客席のありがとうの声に「こちらこそ」「私も大好きです」と応えるわたる
「本当に抱えきれない愛を頂きました。本当にありとうございました。」投げキス2回、キザって横歩きで去っていきました。

またも緞帳が開いたらしい(笑)さすが星ファン。
退団者全員でわたるの「せーの」にあわせ「ありがとうございました」
礼の後なぜかガッツポーズのわたる。なんだそれ(笑)
その後手を振ってました。

長いっすね。すいません。
終了です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/714-7949c7b5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。