--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全ツ向きかもね。うたかたの恋

2006年11月12日 00:51

明日は早起きなので(しかし星楽とは何の関係もありません(涙))
今日はさくっと記事上げるのが目標です。
てかお稽古場映像で充分語ったと思うのでちょこっとだけ。

いやーaiai「うたかた…」は星組さん以来なので
すんげー懐かしい気持ちに襲われました。
特に最初の舞踏会のシーン。

どこで拍手したらいいかわからない客席の微妙な緊張感!!

そう!!そうだったよ!!!
確かに星組さんの時もしーんとしてたよ!!(ほんとか?)
いや、普通にうっとりしてたのかもしれませんが(笑)

高校生の頃(歳がばれる)って感受性が強いからか
物凄い印象が強かった模様で、
一回しか見てないのに
「あーそーだったそーだった」という
不思議な感覚がずっとつきまとっていたのが
初めての経験で面白かったです。

じゃ、長くなりそうなので下に隠します。
結論から言うと面白かった。
それぞれの役割がそれぞれにぴったりとはまり
大満足ですた。

お稽古場レポでも書きましたが
えっと、まずキャラとしてオサにもあやねたんにも
この作品がぴったり来たところが幸いだったと思います。

あやねたんは大好きな役に挙げるだけあって
その初々しさ、明るさ、無邪気さ
全てにおいてマリーそのもの。
意外にもジェシカとのやりとりでヤラレマシタ。
この子は伸びる。楽しみだ。

オサ様ははその孤高というかひとりぼっちな子みたいな風情(どんなんや)が
正にルドルフでした。
あと今までで一番金髪に近い髪色が
昔のオサ様っぽくってステキ。(どんな感想だ)(好みなんだな?)
しかし後ろ髪が長すぎ。全ツはこれからが長いのになー。(心配)(余計なお世話)

ゆみことみわっちが狂言回しを分け合ってて印象が薄いです。
ゆみこは最後のステファニーを押し止めて踊るところが
男気あふれていてステキでした。
みわっちはむしろボヘミアの男が色気駄々漏れでステキでした。

後はいつものとおり突っ込みどころを延々と(笑)

・なんと!!オープニングのダンスでかすががイティカをお相手に!!
いきなり凄い扱いだな!!よかったな!!てか恐れ多い!!!(コラ)
・最初のダンスシーンではみつるは普通に、どっちかっていうとリセよりは余裕でダブルを回ってたので、兄鳥はわざと下手にみせていることにしよう(しようて)(てか相手はリセだしな)
・まめが濃いよー・°・(ノД`)・°・
すぐにオレのオペラに入ってくるよー・°・(ノД`)・°・
・ミホ先生は怒りよりもなんか憂いを帯びててすげーよかった。
・呼ばれる前に進み出てしまうマリーはそれでいいのか?
・やっぱり最初のダンスのオサ様は怖かった(コラ)
・死を覚悟してたとか言ってるのにすげー嬉しそうなジャンはどうなんだろう?
・ハムレットのオサ様のタイツが透けて見えるのはライトの加減での見間違いだよね?

・マサチャーンのハムレットはマサチャーン節炸裂しまくりで面白かった。
・ぅあまでらうぇいけえええぇーみたいな?(・∀・)ノ(言いすぎ)
・きらりたんカワユス!
・リセ良い役(モーリス)だな。可愛かった。
・要はオサルドルフは周りにかわいいやつ(みつる・りせ・みわ・まーゆみこもだが)を取り揃えてて結構幸せモノだおね。
・まーそんな中に居てもすんげー孤独ってとこが痛々しいんですが。
・ジャンとミリーは意外と似合ってなかったナ。(´・ω・`)ナゼなんだ。
・みつるのあのギターを弾くマネって要るんですか?(笑)下手すぎる…orz
・マリンカがまめからのプレゼントって!!(爆)
・ホヨス伯まめと何してるかわからんがとりあえずいつも舞台上に居るかすがに目を奪われまくりですた。orz
・まりんちゃんのロシェックは思ったより爺さんでびびった。
・ひー様のママ違和感ゼロだし優しそうでとても良かった。
・ジェシカさんは可愛過ぎる。ベルばらのばあやもやって欲しかった。
・あ、さあやちゃんもアドリブ参加してたんですよ!!カレー博物館はさあやちゃんのアドリブ。さらには「この後行って見ましょうよ!」とか続けて堂々たるアドリブに大物っぷりを実感しました。
・なんかオサあやの初デートが自然すぎて拍子抜けでした。
・もっと照れるかと思ったよ。息ぴったりだなーと普通に感心しました。
・一気に若返ってしまう反乱分子達にびびりました。
・軍服モノって難しいのかにゃー。男役度の低さが露呈されまくりだ。
・イティカは何をやっても可愛い。でもなぜかジャンとの間に愛が見えない・°・(ノД`)・°・
・ここの軍服がステキ!!と私の前に座っていた小母様方(多分オサファン)の間で持ちきりでした。
・aiai的には無邪気なルドルフ様がかわゆかった
・じゅりあたんは貫禄でした。花娘層が厚すぎる。
・しかしマリンカの宴(そんな題名ではない)ってホント意味のないシーンだよね。なんか古き良きヅカのにおいがしまつ。
・本来大して役の無い人達のためのシーンなんでしょうが、役替わりではじけてる人が沢山いてそれはそれで楽しかったでつ。
・ただ男役さんのお衣装が体の線が出てしまう生地だったのでちょっとドキドキしました。
・ここのみわイティカがすげーよかったですが、みつるもリセもまめもいてどこ見ていいかわかんなかったっす。
・ここでセンター取っててユミコと踊ってたのが舞名里音ちゃんですな。

・あやねたんのまりんいじりは凄い勢いでつね。ちょっと驚きました。
・姫抱っこ前のシーン、パクさんが書いてらしたけど本当にオサ節炸裂だった。ヽ(´ー`)ノ

・それにしてもゼップス君はなんでキミが問い詰める権利が?(記者だからね)
・ここのひー様が押し付けがましくなくてよかった。
・ジェシカは可愛いなー!!!(しつけー)
・澪乃せいらちゃんの声の出し方があやねたんとよく似ているなーと思う。(さすが妹)(役だからね)

・みとさんのヅラにシシィを演じるという気迫が感じられる。
・ここのあやねたんすんげーカワユス。
・女になったというのにその初々しさがちっとも失われておらず、それでいてちっとも不自然に思わせない。
・この人の生きる全てがルドルフへの純然たる愛なんだなとすげー説得力があるの。
・そんでオサ様が幸せそうでなー・°・(ノД`)・°・
・この人のよりどころも又マリーなんだなと実感させられるわけで。
・さらには2人とも愛を語りつつ死をとても身近に感じているんだなと。

・親子喧嘩のシーンは強く印象に残ってました。フランツパパはヒロさんだったわー。
・んで法王庁に手紙を出したのがあの1月13日の翌日ってとこにルドルフの本気っぷりが現れててびっくり。
・ほんまに純粋なやっちゃなー。
・ここのシシィとルドルフの関係性の描かれ方がエリザと全く違ってるのが面白いね。

・んで最初にもどります!!といきなり出てくるジャンにまたびっくり。あ、お久しぶりー(・∀・)ノて感じで。
・舞踏会のあやねたんも良かったなぁ。
・もう戻らない旅だと告げられ不安に凍りつくのに、お前も来るかといわれたとたんのあの笑顔はどうだ?
・って言われてもね。ホント良い笑顔だったお。

・みつるブラッドフィッシュはよかった。二都でも似たような役やってた気もするが。
・この子のこういうあったかい感じが良いよな。うん。(要は好き)
・あとは悲劇まっしぐらなんですがこういうほっとするところが返って泣ける。
・ここでなんとかすがに台詞が!!やったなー。
・まめの役作りが意外に普通で驚いたオレって…orzまめを何だと思ってるんだ。(ネタ)(コラ)

・んで本当にかくれんぼをしてるオサあやですが。
・あやねたんがちっとも隠れる気がないところが可愛すぎます。(スカート丸見え)
・怪人ごっこは神奈川でも大盛り上がりですた(・∀・)ノ
・なんかね、ここもね、すんげーこっぱずかしいかと思ってたんですけど、全然でした(オレだけ?)
・普通に2人ともかわゆくてね。。
・んで目の前でオサ様があやねたんに癒されていくのがわかるの。
・この人にこの子がいてよかったなぁって。
・先に休む時の最後の見切りに振り向いたあやねたんがすげーしっかりして見えました。この子と一緒なら安心だ。と思ってしまった。

・らいむがやりすぎで怖いです。あまりにも和んでいたので虚をつかれました。
・全ツ仕様でベッドが小さくてさらに驚きました。
・んでさらにはシーツに花がくっついてて少し笑えました(コラ)
・そらしょうがないだろうけどさー。イメージがー。。
・無造作に散らしてあるんじゃなくってばっちり縫い付けてあるのが丸分かりなんだもの(泣)

・でも最後の演出でルドルフの苦悩が表現してあったので、かれの身勝手さを許すことができた。
・景子たんGJか?

・ラストはほんに美しかった。いやーええもん見たという感じ。

あー大していうこともなく
なかなかまとまらんかったからこんな時間に…orz
ショーは元気があったら明日頑張ります。
てか明日は星組さんがなー(´・ω・`)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/710-f7b84dad
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。