--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛短新公観てきたお(・∀・)ノその2

2006年10月18日 02:20

いやーん長すぎるよ!!!
力入れすぎだから!!

もちろんウメたんも歌は相変わらず弱いし
間がおかしくなっちゃってたり
いろいろしてましたんで
こんなマンセー話ばっかりじゃ
かなり偏ってるとは思います。

でもやっぱ役が持ち味にあってたし、
その割にはふんわりとした女の子らしい優しさとかかわいさとか
良いトコがいっぱい出てて
良かったんじゃないかと
ファンの欲目かもしれませんが思いましたよということで。

では主役の和君と誰かさんの明石のことですが
最初に謝っておくとほぼウメたんを見てたんで
あんま詳しく語れません。
ホントすみません。
それでも怒らないという人だけ続きをお読みください。
で、和君はアレ?歌える人なの?歌えない人なの?どっち???

紅君を褒めた時に引き合いに出したりしてほんとすいません。
でもワタとながセリの上に上ってる時の歌を
ダイジェストで聞いたばっかでね(笑)
ほんと酷かったんすよ。崩れ落ちた。
歌ってんの映ってないから誰じゃー?と思ってたら
今日紅君が歌っててね。(笑)
初日の緊張の所為かなとは思ったけど。
きっと本人台詞も歌も低い声が苦手なんだと思うんだけど
宙育ちのせいか(笑)声量が凄いから
外れた時の怪我がすげー大きくなっちゃってるんですよね。

でもきっとこれから訓練次第若しくは経験を積むと
低音が出るようになって凄く歌が上手くなる気がしてます。
高音の伸びといい声量と言い(まだ言うか)素晴しいモノもってるんで
最後の歌なんか凄いうっとり聞きほれました。
しかしそうでない時とのギャップが激しかったので
のっけからキツイ事を書いちゃいましたが
それも愛ゆえと思ってください。(勝手)

だってすげーカッコよかったんですよ!!!(鼻息)
ワタルさんの役は男役芸ができて無いと結構つらいかなと
思ってたんですけどね。
フレッド=マイケルはワタさんにはちょっと若い役だったもんで
和君の方が若干役柄と合ってたように思います。
そして彼はきゅんとハートを掴むような無防備な表情を
時折するんだよね!!
それもワタルの男役芸の一つだと思ってたんだけど
作りこむモノではないので最も難しいものの一つだと思うんですよ。
いやー凄い武器持ってるねこの人!!と思いました。
まーどこでやってたかは聞かないで下さい(忘れたらしい)
そして学年的に驚くほど女扱いが上手かったっす。
キスシーンステキでした。(ぽ)(キモイから)

やっぱ最初は緊張のためか走り気味になってた芝居が
部屋での明石とのシーンになって落ち着いたのは
同期愛なのか練習量の差なのか(笑)ほほえましかったです。

普通にモラトリアムな青年で真っ直ぐで素直で可愛い。
少し頼りなげな風情が彼のキャラクターに物凄く合ってた。
告白した時ウメに諭されるのが自然に思えて。
でも「一緒に居よう」の力強さに彼の成長が見えて。

歌の時の振り付けがワタル向けのパワフルなモノだったのが
ちょっと似合ってませんでしたが(明石をリフトとかすげー頑張ってた)(笑)
ダンサーとしても期待。
あ、仮面舞踏会のお衣装は青の銃士でした。
ロングのヅラがお似合いで超カコヨス。
いいねーホント彼は。
持ち味が全然違うワタルの役をやったことで
物凄い得るものがあったんじゃないかと思うと同時に
鬼に金棒的な末恐ろしさを感じました。(意味不明)
御挨拶も立派。かんだりしてたけど。
んでホントワタルさんはいろいろ教えてくださったんだろうなーと
ワタルの星組愛ひいてはヅカに対する愛に涙がちょちょぎれますた。

そして明石。
化粧が濃いのはトウコさんを参考にしているからですか?(・∀・)ノ
もうおめめぱっちり。
そのおめめをくりくりさせながら超可愛い役作りしてました(笑)
いやーこういう動物飼いたいね(こら)

いや、可愛いと言っても
うーんトウコさんとは又全然違う…なんてーか
もっと大型犬な感じ?(わかりづらい)
予想だにしない時に不意にどーんと飛び込んでくる感じで
みんな可愛いと思う前に
「おっとぉー」と一度受けないといけないような感じ?(もっとわかりづらい)

縦横無尽に自由自在に動き回る様もパワフルで
間違いなく彼が場面を引っ張ってたりもしたので
本当に芸達者な子なんだろうと思います。
和君との場面、本当に安心してみていられました。

そしてその関係性もワタトウとまるで違って面白かった。
ワタトウは大きいワタルの周りを
トウコさんがつっつきながらちょろちょろしてる感じですが
明石は和君を完全に振り回してた感じ(笑)
いや、大きさの問題じゃなくてね。

小切手のシーンが最高、
止める和君を「きっ!!」ってにらむとこが
タイミングもいいしすげー顔しててさー。(爆)
こらえきれず大声で笑ったのは私です。(迷惑)
難しそうなアカペラのオープニングの歌も良かった。
歌は声も良いし熱いハートがあるね!!
台詞まわしや間も全然トウコさんの踏襲ではなくて
彼の言葉として話してました。
難しい正塚芝居をほぼ自分のモノにしてたのは立派。
そしてウメと組んで踊ってた仮装舞踏会のとこは
娘役へのリードが凄くキレイだった。(これ大事)

いやーホント3人のシーンは同期ならではの息の合い方でね。
唐突なシーンなのにちっとも唐突に見えなかったです。
私が文句言いまくってる主題歌と最後の台詞も
この人達が言うと全然浮いて無いし涙も途切れなかったのは
なんでなんでしょうね?

ということで長くてすみません。
さらにはとりとめもなくてすいません。
おやすみなさい~。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/661-8f2b2b1d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。