--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙が止まらない 愛するには短すぎる

2006年09月07日 12:00

さて、そんなこんなで大騒ぎですけども。

ワタルのさよなら公演は待ってはくれないわけで。
明日また見てきますからその前に
いろいろ書いておこうと思います。

明日から2泊3日でムラに行きます。
金曜はまさちかつんとこにお世話になって
土曜はムラ泊まりです。
一時このことは忘れて、思う存分
ワタルととなぽんとウメ(ここが大事)に
浸ってこようと思います。

てか娘役さんのお茶会なんてオレ初めてだよ!!
てか霧矢さん以外のお茶会自体初めてなのに
遠征までしてステージトークまで聞いちゃうのに!!
もっと盛り上がってないとおかしいのに!!!

…だめだーorz


でもこの作品本当に大好きなんですよ。
と、ニュースの新公の様子を観ただけで
泣いてる人が書きますよ。(最近簡単に泣きすぎ)




新公でちょっと流れたので歌詞を書いておきます。

(かずかずすんげーカコヨスですよ。。。
新公のことは又今度。
でもニュース観ただけだけど凄く良かったよ!!!)

たとえ まみえる ことはなくても
忘れたり するものか その言葉 ほほえみ

これ聞いただけで号泣の私って…orz
とにかく歌が良いです。
(いきなり幕開きのトウコさんのこの歌で泣きそうになったしな。)
ワタトウの「アンフェア」という曲もいいし。

毛色は違うけどシィちゃんの「ボートを漕いで」というのも
いきなりあっけにとられる展開だけど
勢いがあってすんげー面白い。
(私は後ろのウメの顔芸に釘付け)

まやさんは面白いの当たり前だけど
今回はそれほど笑い担当でもない。
むしろ老いて視角が狭くなってしまうことの
こっけいさ、もの悲しさをほろ苦く描いてくれています。

それよりどこにでもチョコチョコ出てくる
トウコちゃんが面白すぎです。というかかわいい。(*´Д`)

船の中では浮気・泥棒・色仕掛けなどいろんなことが起こります。
それぞれに関わる人達も事件も
主人公ワタルにとってはただすれ違っただけの出来事。
だから観客も凄く冷めた目で見ている。
だましたり小細工したり、本音がすぐ透けて見えたり
渦中の人が必死であればあるほど滑稽で。
でもだからこそ人間って愛しいって思える。
「ばかだなぁ」と思いながらも、
そんな風に真剣に生きられることをうらやましいとさえ思う。

自分の人生なのに他人の人生のように、
決められた道を精一杯務め上げることだけで生きてきたワタル@フレッドにも、そんな風に見えたんじゃないかと思います。
だからこそ、バーバラとの出会いが
たった4日の恋が
人生にとって大切な4日になりえたんだと。

きっとこんなに自分の気持ちを必死に考えて伝えようとしたことは
初めてだったんじゃないかな。
そう思うだけで、この人がどんなに自分を抑えて生きてきたのかわかってしまって可哀相で。
でもバーバラも可哀相で。
でもこの話が可哀相で終わらずに済んだのは、2人とも必死に考えて必死に答えを出したから。
必死に恋をして必死に2人の人生を4日間で生きたから。

それを手伝ったのはアンソニー。
2人のことを愛してるから。

「フレッド、それが恋だよ。」

「オレも待つかな」

愛が溢れすぎて泣けます・°・(ノД`)・°・
人間ってこうやって愛して見守ってくれる人がいてこそ
自分の生きる道を選んだり、
幸せになることが出来るんだよね。
フレッドはそんな人達から切り離されて一人で歩んできた。
それでもまっすぐに感謝を忘れず、
まず人の気持ちを考えるとっても優しい人に育った。

「あなたは優しいの。お人好しじゃない、優しいのよ。」

だからアンソニーは頑張ってきたフレッドへの神様からの贈り物なんだよ。(笑)
だからこの話はハッピーエンドなんだよ。
泣いて出て行ったバーバラがどうなるのか
私は心配だけど、フレッドは大丈夫。
その人生にしてみたらこの4日は一瞬でも
人だけじゃなくて自分を大切にすることを学んだから。
とても大切な人を得たから。
一生分愛した人がいるから。

あーこれ書いてて号泣ってホントおかしい人だよなー(-_-;;;
やっぱり精神状態普通じゃないのかもな。。

話の内容は陳腐かもしれないけど
正塚先生が描く人物がそれぞれ大好きです。
だから大劇場作品としてこれは良い出来だと思う。
残念ながら正直言ってみんなハリー役者じゃないと思うんですよ。
でもそれぞれの役への没頭ぶりが素晴しく、
これからもどんどんよくなると思うので凄く楽しみです。
皆さんどうぞ観て感想を教えて下さい。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/584-9d13c819
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。