--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛するのに短かすぎない

2006年09月06日 10:58

今日もゼンダやってますね。。
でも今るいことタニの話を書くのはちょっと無理。。。
てかね、もう一昨日の時点で全部書いてたんですけどね。
ううううう。。

ああー腹痛ぇ~。。

ずは愛短について書きたいと思います。

ま、ね、また観に行くんですけど。
今週末で大劇場は終りだと思いますし
東宝全滅(あ、1枚だけB確保だ)だし。。。
まー当券並んで見るとは思いますが。

てかね。つらくてそんなに見られないと思います。。(弱すぎ)
ダメージでかくて思い出すだけで泣けます。(特技かよ)
今度見たらどうなるかわからないけど。
だから今のうちに感じたことを書いておきます。

ただ、私の特殊な見方なのであんまり参考にしないで下さい。
(というよりこんな風に感じる人少ないと思う。。)
さらにはネタばれですので、観に行く前の方は読まない方が楽しめると思います。
私はどうしてもとなぽんに感情移入してしまって。。。
ワタルがいなくなっちゃうっていうのもあるのかな。。

さらにはショーにまで引きずってしまって号泣でした。(弱すぎ)

まず幕開きの演出が秀逸です。というか贅沢。
紗幕が素晴しくキレイな船の絵で。(ベルばらと同じ劇団が作ったとは思えん)
開演アナウンス前に上がったせりの上に紗幕に透けてトウコちゃんが登場!!
アカペラで歌います。
「たとえ二度とまみえなくとも」(すんませんル・サンク買ってません)
みたいな曲。この曲は何度も出てくるんですけどつらすぎます。
歌詞が凄いステキです。
トウコの歌というだけで胸に響きます。(そんな言い方はどうか)

で、その歌に重ねて開演アナウンスです。
贅沢すぎる!!!
ちゃんと聞かせろ!!(半ば本気)

今回ハリーはこんな風に歌に台詞を重ねる演出を新しい手法としてか、何度か使っているんですが
はっきり言ってちょっと失敗だったんじゃね?とは思う。
どっちにも集中できなくって。
ちゃんと聞き取れるまで何度も通えってことでしょうか。。
そうでなくても4日間の中にいろいろ詰め込み過ぎの感もあるのにさー。

あと、先に毒を吐ききっちゃうと、
最後の台詞はぜってー公平君のゴリ押しだと思うし、いらね。(決め付け)
言っちゃだめだろアレ。そんなスグ総括できるかよ!!
あの時って胸の中も頭の中もぐちゃぐちゃなはずだろ!!

と、まー順番はごちゃごちゃですが、そういうことで。

まずは船で夢を見ているところから始まります。
まずは幼馴染の夢。
そして急に現実に行われるはずの結婚式(の夢)に。
ここで本当の両親が出てきて言うんですね。「一人で大変だっただろう」って。
フレッド@ワタルは孤児で、大会社の社長に見込まれ養子になっています。
しかも名前まで変えられて。
ここまでくるのに我慢だけしてきた人です。
自分でどうしたいという意思を持たずただ感謝の気持ちと努力だけが彼を支えてきた。
そんな時にそんな夢を見る。
間違いなくストレスだろ。。。
結婚前にそんなマリッジブルーに陥る男。
はっきりいって情けないです。でも憎めない。
というか本当に本当にかわいそうなんですよこの人。

その支えがなぜかトウコ@アンソニーなんすよね。(笑)
どこで知り合ったのか知りませんが(大学か?)
部屋に帰ってくると居るの!!なんでー!!
しっかし本当にかわいいのこの人。
やばいよ。
なんなの?何て言えばいいかわかんないぐらいかわいいの。
というかワタルとの身長差が本当にやばい。
羽根のように軽くてどこまでも飛んで生きそうな人なのに
なぜかフレッドなんかと一緒に居る。(金なのか?)(ヲイ)

お気楽な大学卒業したばっかりのモラトリアムな2人。
ちゃんとレールが引かれてる人生に迷う最後の時間。

そんなぼっちゃん達に不幸にも出会っちゃう娘バーバラ@となぽん(笑)
この子は苦労人でバンドマネージャー@ちえに金借りたりしながら
女優の夢を諦めて病気の母親の元に戻ろうとしてるの。
この子はちゃんとオトナ。自分がどうすべきか自分で決めて、
それに向かって一生懸命頑張ってる。

そんなバーバラがちえに迫られて困ってるところをフレッドに助けられ、
幼馴染だとわかり、急に打ち解ける。

余談ですが
ここねーホントちえがねーもうねー…
お前ほんとにあの「犬に話しかける不思議ちゃん」なのかよ!!(関係ねー)
ってぐらい色っぽくって悪くってもうやばいす。。
ほんとこの人は…でかいな。(体もね)

もとい、フレッド君とバーバラたんの話にもどります。
バーバラにしてみれば幼馴染が大企業の御曹司になって現れるんだもん
そりゃ胸キュンですよ。
でもオトナだし婚約者も居るって知ってるからただ友達に。
でもそれだけでも心浮き立つ出来事ですよ。

てかさーこんな出会いをして恋に落ちないわけないじゃないすか!?(なぜ急に語りかけ?)
ワルイヤツから救ってくれた男が王子様なんすよ!?
ワルイヤツから助け出した女が女優並みの美人なんすよ!?(電車男かよ)
しかも元知り合い。懐かしくて良い思い出しかない頃の。

ステレオタイプだおねー(・∀・)ノ
でもなかなか気持ちに正直になれない誠実な2人がステキなり。(単純)

フレッド君は恋なんかしたことないし、決められたレール以外のモノが見つかってとまどう訳なんすけど、そこで大活躍しちゃうのがアンソニー君です。
婚約者に恋してるか?と尋ね、バーバラもお前を好きだと炊きつけたり、でも婚約者いるじゃんとか現実を突きつけてみたり、意図的なのか本気なのかバーバラに言い寄って嫉妬させたり、あと何日しかないと言ってみたり…。

お前なにやってんだ!?ディアボロ君かよ!!(笑)
そのくせバーバラをちゃんと愛してるってわかっちゃうシーンもあって

すげーよやっぱりトウコさんは。。

アンソニーのちゃちゃに右往左往しつつも答えを出すフレッド君。
やっぱり自分の気持ちには嘘はつけない。

でも即座に否定されるの。バーバラ自身に。
(この辺の下りは「バロンの末裔」にそっくりです。。。)
あなたはそんなことできない。
私にもそんなことできない。
やっちゃいけないのよ。

その手を、差し出された手をとればどんなに安心できるだろうか。
大好きな人の手をとって。
それなのに…。
一人で生きてきたバーバラがどうしてこんなに頑ななのかってそれは
フレッド君をそんだけ愛しちゃったからだろ。(TT_TT)
貧しい暮らしを充分に知ってるバーバラは
フレッドがそこまでになるまでどんな苦労をしてきたか全部わかったんだと思う。
かしこい子だしね。
それを捨てさせることはできなかった。
自分には病気で待っている母親しかいない。

でも。
目の前に居る人を愛してない振りはできない。
船に乗っている間だけ愛し合うことにした2人。
もちろんプラトニックですよ。あ、キスはしてましたけどね。
デッキで手をにぎりあいひたすら見詰め合うだけの2人。

でも時は無情に過ぎ、あっという間に船を下りることになる2人。

「笑って」
「笑えないよ」


と、フレッドの両頬に手を置いて無理やり笑顔を作らせるバーバラ

・°・(ノД`)・°・
・°・(ノД`)・°・
・°・(ノД`)・°・


なんて愛しい子なの!!!!・°・(ノД`)・°・

抱きしめようとするフレッドの手をすり抜け
「さよなら!!」と泣きながら去っていくバーバラ。

バーバラ バーバラ 泣いて出て行った バーバラ 
(フリーダですね)(わかりづらい)

誰があの子を幸せにしてあげるのーーー!!!?・°・(ノД`)・°・

もうあかんですよ。。
そらショーまで引きずるっちゅうねん。。

その後であの台詞はないだろ。(いや、トウコじゃなくってワタルの幕切れの方ね)


コメント

  1. aiai | URL | -

    ニイナさん♪
    ああまた泣かせてしまった…?
    でも良いものなので是非ご覧になってください。。
    バロン…思い出しちゃうかもしれないですが。。。

    ある番組でゆらさんが言ってたんですけど、
    のんちゃんは常々真琴さんに旧東宝の舞台でトップとして立って欲しいとおっしゃっていて、それで3作と決めていたそうですね。
    だからどうしたという訳じゃないですが。。
    そういった思いが達せられてよかったなというか。。良い時代だったなぁと。。
    ああー。。。(泣)

  2. ニイナ | URL | -

    最近とみに涙腺がヤバい私は、この感想で決壊寸前です…_| ̄|○
    ハリーの退団公演担当はあの『バロンの末裔』以来ですよね…はぁ。
    秋以降は落ち込みっぱなしかもしれない。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/579-9cdd7a71
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。