--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VO5スカステトークその3

2006年08月28日 01:20

怠け者aiaiの脅迫に早速メールを下さった方が・・・。
ありがとうございます。ありがとうございます。
そういうお声があって生きています。

ということで、そのうち今更ながらのお茶会レポがんがります。
メールありがとうございましたー!!!
また改めてお返事させて頂きますね。

じゃ、続きをどぞ。
3人の新公時代のお話でつ(笑)
この辺から霧矢さんの脇汗が(*´Д`;)


・3人一緒に出てた頃ってノバから愛のソナタまでだそうでつ。
・やっぱその頃のみちこのことは良く知らないらしい霧矢さん。
・一応上級生として思い出話をひっぱり新公時代が正に青春時代だったときりやん。

き「初主演したバウにもアヒルが出てくれてたんですけど」
あ「大好きでした」(告白か?)
き「ああ、ええ作品やったね。」(がっつりスルー)

しかし一応あひがいなくなって寂しかったとフォローする霧矢。

き「(宙組で新公主役も経験して)ああゆうね、
花總まりさんを口説くような役を出来るようになったんだぁー!!ってね!」
あ「あんな出来損ないの弟がってね(超笑顔)」

またも霧矢と離れ離れになるという意識が凄い大きかったとアピるあひ。
き「あらそう、ありがとう。(超低テンション)(この人褒められるのホントダメな)
  ちょっと褒めすぎたかしらね。。はは。(乾いた笑い)」

スルーされてもされてもラブラブ光線を発する超どMあひ。
今後ともこの人をよろしくお願いしまつ。。

その頃の映像を観ながらトーク(・∀・)ノ

ゼンダ新公
・ルドルフきりやん登場(笑)
き「やー!!キャー!!(声裏返り)」

あひミカエル大公登場
あ「あーちょっと若くないですか?」
き「若い!若々しいね。センターパーツで。(笑)」

家臣団登場。
き「みっちゃんいる?」てかみちこが喋ってるとこに決まってるだろ。

あひきりの場面
き「そうそうそう、あったね、こんな場面。」
あ「兄弟…?」(よく覚えてないらしい)
き「そうそうそう。」

ヘンツォ(●▽●)登場
き「あ!…今は宙組の大和悠河さんや。そうだね、タニも月組居たのにね」
あ「そうなんです。こんときるいちゃんも月組にいたのに」
き「そうそうそう!こんときまだ男なんじゃない?
言い方考えろ(・∀・)ノ

CSさんがみちこを映そうと家臣団の映像を出すものの遠景でよくわからん。
き「みっちゃんは?みっちゃんはどこにいんのよ?」(超必死)
み「これ、あれ、どれだろう?(笑)」
き「どれだろう?って自分わかんないの?(爆)
みっちゃーん(つっこみ)みっちゃんをもっと映してくださいよ(大うけ)」
超楽しそうでつ。

最後の歌のとこ
き「あーなつかし…若いわ私。」
あ「このVが凄い開いてるのがカッコイイ」
き「これはあなた真琴つばささんの衣装やねん」(超コテコテ)(上沼恵○子風)

お次はJazz Mania(本公演)
また出てきた(●▽●)に
き「大和さん宙組や~ん・・・。」(寂しいのか?)

アド・リブのシーン(きりやんが一人で踊りまくるとこ)
き「あ、もう今こんなこと出来ない(会場どよめく)もう跳べないわ。若いね~。」
そんなこと言うなーーー!!!・°・(ノД`)・°・

またも大人数口でみちこみつからない事件
司会「北翔さんこの場面に出て…」
み「そう、どっかに…」
き「どっかて(爆)」
このショーはいろいろ持ってったのでどこにいたのかわかんなくなったとみちこ。

やっと銀橋渡りでみちこ捕獲。
「るいちゃん男!!!」と大騒ぎの3人。

映像が終わってしみじみ青春時代を振り返る3人
と、司会の方がきりやんゼンダ新公挨拶を持ち出す
司「20世紀最後の月組新公をやりました。21世紀は私たちが担いますって」
き「いやいやいや、そんな大きなことをねぇ。」(全否定)
みちこ大喜び
き「一応ね、なんかノリで。そんな心持なんかこれっぽっちもなかったんですけど本当は
あ「ええええー?」

霧矢さん…ええかげんにせい(・∀・)ノ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/551-7df58236
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。