--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ千秋楽ニュース映像その2

2006年08月22日 21:11

わーオット君が帰ってきちゃうよー。
ご飯つくんなきゃー。(珍しく)(てか何時だと思ってる)

よし。ポンポン(手をはたく)(超適当)
かわいそうなオット君。。

では続きを。。

ゆらさん。ハーイ!!に会場から笑いが。
大階段で一礼して顔を上げた時、目には涙がキラキラと光って。
でも会場から掛け声がかかってニカっといつものくしゃっとする笑顔です。
一歩一歩踏みしめるように階段を下りて、
「組からと同期生からのお花です。」と言われた時に
涙を耐えるようにわずかに眉根を寄せるゆらさん。。。

  ・°・(ノД`)・°・

このレポつらすぎる。。
でも最後は笑顔でつ。

ではどうぞ。。
「今朝、楽屋に入ると同時に轟悠と組子全員がアフロをかぶって私を出迎えてくれました。素顔がとってもアフロとマッチしていた組子達、轟悠。私は改めて幸せだなと実感しました。
宝塚の舞台で、歌い、踊り、お芝居することが大好きで、21年間ひたすら走り続けて参りました。
でもいつの頃からかお客様、月組ファンの方々、こんな私をも見捨てることなく支え続けて下さったファンの方々が大好きになっていました。皆様の存在がいつしか私の心の大きな支えとなっていたこと。だから止まることなく走り続けられたんだと思っています。
そして、どんな境遇となろうとも、共に手をとり、その手を離すことなく、私と一緒に乗り越えてくれた、月組の組子達!(胡蝶蘭の花束を震わせて語りかけるゆらさん。。・°・(ノД`)・°・)
出会いは遅くとも、出会えたからこそ、共に道を歩くことが出来るんだと、その密度の深さを教えてくれた仲間。
瀬奈じゅん率いる月組の組子達に私は常日頃から「やれば出来る。共に走ろう」と、背中を押してもらっていました。組子達には私は感謝以上に、頭が上がらりません。
ありがとう!(組子達に)

・°・(ノД`)・°・

そして、唯一の同期である轟悠に、同期愛の深さ、絆にて、大きな愛で包み込んでもらえていたこと。
これほどまでになく贅沢だと痛感しております。
宝塚の世界しか知らない夏河ゆらは、諸先生方をはじめ、全てのスタッフの方々、お客様、仲間の力によって、宝塚でしか味わえない、学べないことを沢山頂きました。
時を越えての出会いの中、分かち合い、響き合えたことは、私の心の中で永遠に生き続けていきます。
今日まで、そして今日、こんなにも沢山の愛を感じ、幸せ一杯に卒業できること、皆様のおかげだと感謝しております。
21年間、大変長い間、お世話になりました。ありがとうございました!」

エリさん
「宝塚を卒業しても、組替えで異動しても、私達がずーっと永遠に仲間であることに変わりはありません。」

ええ言葉や…・°・(ノД`)・°・(こればっか)

瀬奈さん
「本日は(中略)ありがとうございます。
7月7日の七夕の日からやってまいりましたが、なんだかあっという間に今日という日が来てしまいました。
今、このメンバーでしか出来ない舞台をと、一日一日、そして一回一回を大切に過ごして参りました。
今回の公演は専科より轟悠さんが出演してくださり、私たち月組生は大変勉強になりました。この轟さんと過ごしたこの時間を大切に私たちはこれからもまい進していきたいと思います。本当にありがとうございました。(轟君に礼)次の日生公演もよろしくお願いいたします。
(ありがとう。。・°・(ノД`)・°・)
残念なことに、この月組から6人が去っていってしまいます。
(必死に堪えるあーこ。でも涙で声が詰まる。。)
退団者の3人、3人のこれからの幸せを、私は心から祈っております。
そして、夏河ゆらさん。私は、ゆらさんが組長であるこの月組の組子であることを誇りに思います。
本当に、ありがとうございました。
これから、私達はこの月組全員で、ゆらさんが築き上げてきた月組を守っていきたいと思います。
安心して、(婚約者さんの方へ)幸せになってください(笑顔)
どうぞゆらさんをヨロシクお願いいたします。(婚約者さんに礼)(ゆらさん泣いて照れる)
そして、組替えになってしまいます3人。3人のこれからの活躍を皆様と一緒に見守っていきたいと思います。
そして、最後になってしまいましたが、今こうやって一人の休演者もなく92名がそろってこの日を迎えられますのも連日沢山のお客様が脚を運んでくださり、温かい拍手を下さったからと心より感謝しています。ありがとうございました。(笑顔)
これからも月組は皆さんに楽しんで頂ける舞台を目指し、日々進化し続けていきたいと思っております。どうぞこれからも月組をよろしくお願いいたします。本日は本当にありがとうございました。」

轟君
「ぴーひゃらドンドンぴーひゃらドンドン。
夏祭りの音に夏休みもそろそろ。宿題を溜め込み、後悔を重ねていたあの頃を懐かしく思い出しました。
今は、一日一日を大切に。もう後悔はしたくないと心に言い聞かせ、明日からもまた、学び、進んでまいりたいと思っております。
頼もしい月組組長。わが同期生の、まだ信じられない、寿退団?(ゆらさん笑い崩れる)
ゆらちゃんのお幸せを願っております。
(中略)(ここ名指しで婚約者さん責め)(そらカットだろ)
千秋楽までありがとうございました。」

歌いながらなにやら瀬奈さんにつっこむゆらさん。
みんな泣き笑いの明るい終幕でした。

カテコはシンプル。
2回目は退団者3人だけが最初にいて、ゆらさんがゆらゆらしてました。
みんな出てきて幕。


コメント

  1. | URL | 79D/WHSg

    引き続き、ありがとうございます!
    ゆらさん…初めて月組を観た頃は、まだ結構若くて。
    『チェーザレ』のカテリーナ(だったかな?)は美しく気高く、でも寂しい人で素敵だった記憶が。(新公ではタンリーがやったはず)
    本当に去ってしまったんですね。
    そうだ。
    阪急交通社のアフロ。退団者が白アフロだったのは本人達には内緒で、着替えに来て「白」が置いてあるのに仰天したみたいですよ。
    つまり組子全員とイシちゃんからの、はなむけの白アフロだったんですね。
    千秋楽ももちろん白アフロでお出迎え(泣笑)
    そんな月組子が好きですよ。
    ゆらちゃんも、アサコも、イシちゃんも。
    どんな声でどんな風に挨拶したのか、聞いてないのに鮮明に甦るような気がします。
    ゆらさんにはカップル観劇で月組子を激励に来て欲しい。
    はぁぁ。
    でも本当に寂しいなぁ…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/543-db114ea9
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。