--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇レポなど

2013年05月20日 00:08

『マイ・フェア・レディ』観劇レポート(げきぴあさん)
霧矢イライザの花売り娘フォトが可愛すぎる!!!!

【鑑賞眼】マイ・フェア・レディ 明るく楽しく初演から半世紀(産経ニュース)
その通り!とっても楽しかったです!

どちらも霧矢イライザ評ですが、げきぴあさんの方は真飛イライザのお写真もたっぷり。
どうぞご覧ください!

今日はマチネで真飛イライザを、ソワレで霧矢イライザを観てきました!
本当にアプローチ方法も性格もまるで違ったイライザでした。

真飛さんはよくインタビューなどでこの物語を
「シンデレラストーリー」と評されることが多いなあと思っていたのですが、
正にその通りシンデレラでした。

花売り娘の時、本当に無知で無教養で粗野で
何も知らない真っ白なキャンバス空っぽの入れ物みたいな子なので
そこへヒギンズが話し方や立ち居振る舞いを詰め込んで
あっという間にレディに仕立てあげる。

イライザの可愛らしく微笑ましい様子と共に、ヒギンズの大奮闘ぶりで
その甲斐あって魔法のようにあっという間にレディになるのが
実に鮮やかで印象的でした。

レッスンが実った時の喜びは、言わば目覚めの喜び。

全く何をしているのか、何が自分に待っているのかわからない状態から
パッと目隠しを取り去られ世界が開けた喜びです。

こう…ある意味スポ根物に近い霧矢イライザとは全然違った(笑)

美しい人形が正に命を吹き込まれた訳です。
その後どうなるんだろうととってもワクワクしました。

…と、一転二幕は恋する女の子でした。
ヒギンズへの叶わぬ恋に傷つく優しく可愛い女の子だった。
勝手に想像してたのとはちょっと違ったかな。

真飛イライザの恋は卵から孵ったヒヨコが目の前の人を親と思うように
目覚めた眠り姫が起こしてくれた王子を愛するように
実に自然に恋の魔法にかかっていて。
その始めから恋だときちんと認識していたように思います。
それを大事に大事に温めていた感じ。

だからこそ恋を失うのは痛々しくて…。
口論の後泣きながら去っていく姿は可哀想だった。ヒギンズめえ…と思いましたよ。

ただもう少し毅然としたところがあっても良いかな?という気がしました。
競馬場でも舞踏会でも自信なさげにほほ笑む姿も
孵化途中の蝶を想わせるような痛々しさでした。
うーん今日だけでしょうか?
強いしっかり者の霧矢イライザを観すぎてそう思ってしまったのかもしれませんね。
何にせよ先に観ていたものが影響してしまうものですよね。

でも目の覚めるような美しさだったしレディへの変身ぶりは目を見張るものがあった!
ヒギンズとの掛け合いも可愛らしくおもしろかったです!
真飛イライザの方がアドリブ多めな気がするw

二人のイライザを見ることで見えてくることもあるし
是非とも両方観ることをおススメします。
何よりこんな贅沢な経験はなかなか出来ることじゃないです。

もう中日を超えちゃったんですねえ…。ああ寂しい(早い)

霧矢イライザは更にまた進化していました。
こないだより更に良かった。

今日は園加ちゃんやもりえちゃんがいらしていて(因みに高橋ひとみさんもお見かけしました。美魔女!)
そりゃあ張り切っちゃったかもしれないんだけどさ!

あと「show me」でのフレディとイライザの絡みは霧矢さん振付なの!?(真飛イライザはやってなかったの!)
と、ちょっとドキドキしました。
フレディ羨ましいZO☆(こんな表記はどうかと思う)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/2347-6739c6d9
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。