--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公演評など

2013年05月17日 00:01

東宝ミュージカル「マイ・フェア・レディ」評(河村常雄の新劇場見聞録)
この方は読売新聞の演劇評を書いてる方みたいですね。
お写真のきりやさん奇麗です。

霧矢・真飛のWイライザが楽しい!ミュージカル『マイ・フェア・レディ』レビュー(演劇キック『宝塚ジャーナル』)
前半はきりやさん、後半は真飛さんのお写真を使ってますね。
ピンクのドレス姿のきりやさんのお写真が観たいなー。

今日もいってきました。
またまた進化していました。
毎日みてるわけじゃないけど、
行くたびに断然良くなっているのでたまたま今日調子がいいとかじゃないと思う。

イライザちゃん同様どんどん成長していってるんだなと思うと
胸が熱いです。

舞台はというと、そういうイライザちゃんの進化とは別に
毎回周りの皆さんのお芝居が違うので
今日はどんな風なのかしらと新鮮です。

今日はヒギンズ教授を初めてかわいいと思いました。
今までだってフレディとくっつけばいいのにぃとかは思った事無かったんですが
あれだけイライザちゃんを泣かせるヒギンズについても困った人ねえ止まりだったんですが、
今日はなんだかかわいらしく見えてしまいました。

あんなに女は駄目だとけなしておきながら、
その女がいなくなったために右往左往して、必死になって探し出そうとしているという大いなる矛盾。
それに全く気付いてないで悦に入っていたり
イライザに事実上お別れを言われているのにも関わらず
彼女の自立を自らの手柄にした上に愛を告白してそれが受け入れられると思い込んでいる子供っぽさで
なんかちっぽけでかわいらしいものに見えてきました。

欠点がない人間なんていないわけで、男と女って最終的に「それを許せるか」なんだと思ってるんですが
あのヒギンズ君を許せちゃうイライザちゃんって本当に度量が大きい大人の女だなあと思いますた。

いやあ今日はラブストーリーだったなあ。
ヒギンズ夫人宅でのやりとりで目に涙をいっぱいに溜めながら話すイライザちゃんが
かわいすぎて辛かったです☆


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/2346-d90a5e12
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。