--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にワクワクした!ラインナプ発表

2010年11月10日 19:21

はい(・∀・)ノ
なんだか次回作出ましたね!
と、月組さんとかきりやさんに関係が深そうなもので
しかも気が向いた時にしか反応してなくてごめんなさい。

そしてものすごく言いたい放題やってます↓ごめんなさい(謝ればいいと思ってる)

きっとニッチだというのは百も承知ですが
草野ショー、しかも新作を月組さんで!!というのは悲願だったので(えええ)
狂喜乱舞いたしましたです!!
どんな内容か全く決まってない感じなのはgkbrですけども!
でもいいんだ!新作ショーっていうだけで幸せなんだ!

…いかんせん来年私が宝塚を観にいける状況かどうかとても怪しいのが切ないです○| ̄| _
1回観れたらいいなー的な…

あと、キムシンも、きりやさんトップ期間中には絶対来ると思ってましたし言ってました!
いや、来て欲しいとかじゃなく!
しかも絶対大劇場だと思ってた!きりやさんそんなに作品運ない!(コラ)

まあ演出家に愛されるのは悪い事じゃないと思うんですよね。
悲しきは作曲がおそらく甲斐先生じゃないことです…。

何度も言いますが最近のキムシンのパートナー長谷川先生って
苦手というよりきらいの域なんです。
いや、主題歌とかはそんなに悪くないかもしれない。
でも歌詞を上手くメロディに載せる才能が全く無いと思う(バッサリ)
キムシンの回りくどい歌詞がさらにイライラさせられる代物になる可能性大なんだもの!
大勢で歌う状況説明の歌のメロディが全部一緒なんだもの!
そして私は甲斐メロディが好きで好きで仕方ないんだもの!!!!

でも草野ショーは城先生なんだよね?たのしみたのしみ!

まあ芝居、ショー共に主題歌は「とんでも歌詞」であるのは間違いないかと思います。

しかしなー現トップスターの中できっと一番遠いところにいるはずのきりやさんが王子て!
もっとなかったんかなー?
まあキムシンがコスチュームモノじゃないもの作る事の方が珍しいんですが…
コスチュームモノが続くのはまりもたんとの身長差の問題なんですかねー。
ちっちゃいのはチャームポイントなんだからいいじゃん!
むしろ野獣がちっちゃいのはいいの!?と、言わざるを得ない。

それにきりやさんが野獣かと言われるとむしろ野犬ぐらいのかわいらしさだと思います(ほめてません)
全然怖くないわー。
野犬を飼いならすまりもたん…もうあれじゃね?
もののけ姫やればいいんじゃね?(きりやさんモロ?)(そもそも「もののけ…」もそんな話ではない)

まあ野獣コスが着ぐるみなのか特殊メイクなのかどんなふうになるのかわかりませんが
とにかく
     暑そうで気の毒

という言葉が真っ先に浮かびました。

私幼少のみぎり原作本読んだと思うんですよね。
結構シュールなお話だったと思いますのでそのあたりキムシンの手腕には期待ですが、
画面が暗そうではあるなあと。
そして一般受けはしなさそうではあるなあと…

どうしよう某s季のと間違えて観に来てがっかりする人続出だったら…(題名違うから大丈夫…?)
虞美人も、最初から「キムシンの虞美人」だと思って観たら良い出来だったと思うんですが
白井先生の作品だと思って来た人が激怒して帰ったっていうし
期待されるところがどこになるかは心配ではあるよね。
キムシンの名作詐欺シリーズにならなきゃいいよね…

ヽ(´ー`)ノ

もうなんでもたのしけりゃいい! ショーもあるしね☆(そっちも現代受けしなさそう)

あーどう考えても俺得な組み合わせだ!
なのに通えない!なぜなんだぜ!!!

そして星組さんは満を持してノバ・ボサ・ノバ再演すねー!
初舞台作をトップになって主演!!夢しかない!!!

ちなみにきりやさんの初単独新公主演作で、伝説の新公と呼び名の高い思い出の作品で
きりやさんで再演を熱望されていた方が多い作品だというのは重々承知ではありますが、
私自身ちっともきりやさんに再演して欲しくなかった人なので
この流れは実に嬉しい限りです。

きりやさんだって大変なんですよねーってすごく嫌そうでしたし
新公時代を超えないといけないなんて無茶だし
まりもたんはどうせやるならブリーザ観たいですし
…ってことで、どうせ草野君が当たるんだったらぜひとも新作を!!って願ってたんですおね。

そしたらちゃんと月組に新作が来て、
ノバについては大介演出で星組さんで再演!!!これは嬉しい!!!

ノバは鴨川先生の名作ではあるので、演出も曲も見ごたえ聞きごたえは充分。
実は鴨川先生の愛弟子は確か三木先生だったかと思うんですが
大介は草野君の系譜を受け継いでいる人だと思うので路線は踏襲しつつ
満を持しての名作の再演担当という感じがしています。
ショー作家もどんどん再演させられるご時世ですもんねー。

そしてこのパワーが必要な作品(全場八百屋舞台で相当ハード)
若くて勢いのある星組さんでやるのが大正解だと思う。(月組さんもきりやさん以外は若いけどね)(しっ!)

再演を熱望していたちえちゃんはさぞかし似合うだろうし、裸足も安心だし(コラ)
ねね様のエストレーラはなまめかしくていいと思うし
テルさんのあの「特技ナンパ」が生かされるし(コラ)
今ノバやるとしたら星組さん以外ないだろうと思われます。
ブリーザは誰なんだろう?れみたんに来たら嬉しいなあ!

いやーテンションあがりました。

そしてとうとう小柳たんが大劇場デビューっすね。おめ!
ちなみに同じ原作を元に作られたのは若き日のきりやさんも出演していた中村Aの
ガイティとなおちゃんW主演の「君に恋して ラビリンス!」ですので
大体の話の流れ的に問題ないと思います。(なにがいいたい)(原作有りって安心!)
時代背景はどの辺なのかわかりませんが、
きっと明るくて楽しそうですね!

貼っておきます↓


2010/11/10
2011年 公演ラインアップ【宝塚大劇場、東京宝塚劇場】<3月~5月・月組『バラの国の王子』『ONE』><4月~7月・星組『ノバ・ボサ・ノバ』『めぐり会いは再び』>
11月10日(水)、2011年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚大劇場、東京宝塚劇場の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

月組
■主演…(月組)霧矢 大夢、蒼乃 夕妃

◆宝塚大劇場:2011年3月11日(金)~4月11日(月)
◆東京宝塚劇場:2011年4月29日(金)~5月29日(日)

ミュージカル
『バラの国の王子』
~ボーモン夫人作「美女と野獣」より~
脚本・演出/木村信司

18世紀半ば、フランスの作家ボーモン夫人によって書かれた寓話「美女と野獣」を原作とし、魔法で野獣に変えられてしまった王子と、心優しい娘とのロマンティックなラブ・ストーリー。
原作となる「美女と野獣」は、詩人ジャン・コクトーが映画化したほか、1955年には宝塚歌劇でも取り上げています。近年ではディズニーのアニメーション映画としても知られていますが、今回の舞台化では、原作の古典精神に立ち返り、単なるお伽噺ではなく人間味あふれる物語として、美貌をたたえた「麗しの魔物」を主人公に展開します。

グラン・ファンタジー
『ONE』-私が愛したものは・・・-
作・演出/草野旦

ものごとの始まりという意味の他、様々な意味が込められた“ONE”という言葉にまつわるイメージをテーマに、華やかで楽しく美しい宝塚ならではのショー。


星組
■主演…(星組)柚希 礼音、夢咲 ねね

◆宝塚大劇場:2011年4月15日(金)~5月16日(月)
◆東京宝塚劇場:2011年6月3日(金)~7月3日(日)
※本公演(宝塚大劇場公演)は第97期生の初舞台公演となります。

ミュージカル・ショー
『ノバ・ボサ・ノバ』-盗まれたカルナバル-
作/鴨川清作 演出/藤井大介

1971年に初演し、1976年の再演時には文化庁芸術祭で優秀賞を受賞、1999年に再々演された後も更なる再演の呼び声の高かったショーの傑作を上演。

ロマンティック・ミュージカル
『めぐり会いは再び』-My only shinin’ star-
~マリヴォー作「愛と偶然との戯れ」より~
脚本・演出/小柳奈穂子

18世紀フランスの劇作家マリヴォーが書いた名作喜劇を原作として、結婚しようとする男女が身分を変えて相手を観察することから起こる騒動を、華やかに、かつコミカルに描きます。演出家・小柳奈穂子の宝塚大劇場デビュー作。



コメント

  1. aiai | URL | -

    Yukinoさん♪

    コメントあーざーっす。お返事遅くなって大変申し訳ありません。

    結論から言うと、
    このご時世ですから何があるかわからないのでaiaiごときが何とも言えないですね。
    心づもりとしては、
    確かに変な題名ですけど深読みしても仕方ないですし
    とりあえず10月のカレンダーに載ってるんで、10月まではいるんじゃないの?と基本的には思ってます。
    もちろん事情が変わる事もあるでしょうけど、きりやさん自身はみたとこ元気なのでね。

    と、いうのもaiai個人としては、かしちゃん退団発表から
    「いつ誰に何があってもおかしくない」という事を肝に銘じていて
    (といってもゆみこたん退団なんて全く想像もできませんでしたが)
    自分としては今まで悔いなく応援というか見守って来たつもりなので
    いつ辞めてくれても全然かまわないんです。
    ネガティブ思考の常でいろいろと低く見積もり過ぎているきらいがあるとは思いますが
    きりやさんの学年が学年なので
    トップ就任についても作品数についても元来もっとシビアに考えていましたんで。

    瀬奈さんが退団発表しても発表されるまではトップ就任についても考えないようにしていますたし
    だから退団についても同じスタンスで居ます。
    もちろんその場になったらいろんな感情は溢れるでしょうが
    それはトプ就任が決定した時と同じだと思います。

    もちろん良い作品に恵まれるに越したこたあないですし
    きちんと後に引き継いでというのが望ましいでしょうけど
    昨今の劇団のやることなんざよくわかりませんのでね。
    公平君亡きあとのあのおっさんらにはちっとも期待してません。

    まあタカスペにトップとして1回も出てないので(今年も出ないし)
    辞める前に何かしらトップとしてイベントに出て欲しいですけどね。
    そんな我儘も言えるかどうか…。

    まあトプファンたる者いつ何があっても悔いはないように覚悟はしとくべきかなあとは思います。
    更にはそんなことより目の前の公演楽しんだ者勝ちだと
    来年以降思うようには観劇できない身としては強く思います。

    とにかく3作目で辞めるとしたら流石にDC公演前には告知があると思いますお。

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/2280-935dfcf9
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。