--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稽古場映像レポ とりあえずジプシー男爵

2010年09月02日 01:16

ふう。
ネガ吐き出して荷造りしたけどすっきりしないので
レポ上げたらちょっとは気持ちが盛り上がるかなと思ってやってみます。
時間も体力もないのでメモ程度。の予定。
うん、なんか書いてみたらちょっと愛しくなって…きた…かなー?
さっきも書いたけど、大合唱ですごく組子達が生き生きしてるのが楽しかったです。
うちの子達ったらすっごい表情豊かねー!スカピンの経験が生きているのかしら!(手前味噌)

ではネタばれってほどでもないけど読みたい人はどぞー。
それにしても人海戦術過ぎて一人ひとりの名前を挙げる余裕がないなあ…。

・わーリピしまくってたらやっと歌詞がわかったよ!
…そんなんで大丈夫なのかなあ(´;ω;`)(稽古場マイクレベルで心配すな)
ワッカのドレスの方もいるのでもしかしたら宮廷舞踏会ってここですかね。
リュウさんガチャもりえなどが見えます。彼らは宮廷担当なんだねきっと。
きりやさんが歌います。てかそのTシャツ好きねー。
あたしトリー・バーチの良さがよく分からないんだが…(どうでもいい)

    小さな頃から みなしご家業 ←これがわかんなかった
    世界中旅し 気ままな人生
ははーそうですか。元領主の息子とはいえ育ちとしては無頼漢なわけですか。

・主題歌を歌います
     風のように 自由に生きりゃ 悲しみなど 全て消える
周りで踊る娘役ちゃんたちにすっかり埋もれてます。カワユス!

でもこの曲凄いいいよね。あんなに文句言いながらも既に脳内回ってる。
流石にテンポも少し早めにしてある。
そしてこの曲を笑顔でのびのび歌うきりやさんはいいよね。
これ歌わせたかったのはなんとなくわかる。
相変わらずみつこちゃんは気持良い踊りを踊る。玲実くれあたんの笑顔も良いね。

・鍬を持っている体で棒をかついだみりおさんが歌います。銀橋渡り?
衣装を意識したのか花柄シャツです。がっつり思い切りよくがに股です。
     掘れ~! そこだ! お宝 探して 国中 掘りつくしたぞ
…ちょっと可哀相です。

・村の若者達が加わります
     朝から 晩まで 掘れども 掘れども

・ベールをかぶったりっちーが霧矢さんを振ります。ホントこの子歌うめええ!耳福です!
     男は身分なの! 身分が全て あなたに資格なし!
みりおさんが後ろで満足げです。きりやさんが得意の顔芸を披露しています。
後ろの村の女の子はタンバリン持ってますね。舞乃ゆかちゃんがおる。かわええ。

・まりもタンキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!
えええパンツルック!!!しかも黒づくめ!!!ちょうかっこいい!!!強そう!(コラ)
でも歌う歌は悲しげです。

※こっから度々出てくる歌詞があるんですが聞き取れません。
副題Der Zigeuner-baron-のジプシーの意味のドイツ語Zigeunerなのかなー?と思ったけど
ドイツ語でジプシーってツィゴイネルっていうんじゃなかったでしたっけ?
絶対そうは歌ってないんだが…。ジグナーとかそんな風に聞こえます。
wikiによるとハンガリーではcigány (ツィガーニ)らしいのでそれですかね。
分かりづれえ…。プログラム買わないひとにはきっとわかんないよね。
とりあえずここではZigeuner表記にしときますけど、
わかんない単語が一つ出てくるだけで聞き取り難さは倍増というのはわかりますよね…。
ちなみに宝塚では有名なショーに「ジタン・デ・ジタン」てのがありますが
ジタンはフランス語ですね。

     隠せ 子供を Zigeuner Zigeuner!

・きりやさんの攻撃ターン(違)
逃げまどうまりもたん(おそらく)を笑顔で追いつめます。ちょうこわい。
     彼らが 心こめて Zigeuner Zigeuner ジプシーは友

・そしてきりまりで変な暗号みたいなのを歌ってる…お手上げです…orz

・沢山出てきたジプシーさん達も歌います。
きっと追いやられたジプシーさん達の歴史の歌なんだろうねえ。当惑気味のきりやさん。
     やつらに 気をつけろよ Zigeuner Zigeuner ジプシーが来る

・まさお来ました。なんかナイフ持ってるお☆
     あー オレ達も人間 命の輝きを
凄い歌詞です(笑)でもかっこいい。
まさおの歌で園加が踊り、すずなが加わります。

・きりやさんとまさおの戦い。きりやさんはあんまし戦意はなさそう

・ジプシーさん達と和解した模様。でも最早なんて歌ってるかわかんねえwwww(壊)
懐かしい歌声をどうたらこうたら
あなたをお迎えしますって言ってたwww
でもわかんないものはわかんねええwwwwやっぱコレ失敗だと思うwww
笑顔で受け入れてくれているジプシーさん達に驚いているきりやさん。

・みりおとりっちーがバルコニー越し的な位置にいますが
きりやさんとまりもたんとみっぽーでからかってやろうと企みが。ヒドス!

・なにやら大団円風。からかわれたのがバレたのか、りっちーがふくれっつらです。
何より汝鳥さんが豚のぬいぐるみもってる!ちょうかわいい!
でも多重唱過ぎてやっぱり何がなにやらわかんないです!
しかも人数多すぎてしかも舞台横切ってるし、それこそ何がなにやらです!!
でも本人たちはすげえ楽しそうだからいいのかもしれない!(勢い)
     これこそ ジプシー男爵! Zigeuner Zigeuner 

うーん大変そうです。見る方もやるほうも。
まあ大体の話が分かればいいや的に楽しくみてたらいいんですよね…。
ショーはまた明日余裕があったら。


コメント

  1. aiai | URL | -

    歩さん♪

    またまた勉強になるコメントをありがとうございました!!!
    作詞家的には「なんとなくジプシーっぽい言葉だし挿入しといた☆意味は特に問わないで。」
    って感じですかねー。

    > 谷先生で失望させられるいろんなパターンを想定し、覚悟していたのですが、気楽なおとぎ話として楽しめる、かなりの良作だったと思います。
    おお、好感触ですね。
    aiaiも大好きです。
    胸を揺さぶられるような傑作ではないですし欠点はありますが、
    きりやさんに合っているし楽しいし華やかだし曲がいいので何度でも観たいです。
    何より脚本や台詞的に不愉快なひっかかりを受けないのが素晴らしいと思います。
    あたりまえのようですがこれ大事だと思うんですよね。

    > 全国ツアーに持って行ったら、宝塚初見のお客さまにも、喜ばれるのではないでしょうか。
    うーん人数かからないのと、話の内容は良いので大賛成ですが、現実的な話をしますと
    あの汗だく早替わりはお衣装部さんがいない全ツには厳しいかと思います☆
    あと設備的にもせりがないと宝物出てくる関係が厳しそうですし
    オペラ的多重唱は全ツの会場の音響設備じゃ無理な気がしますねー。

    まあ、全ツ行ってくれるなら風光明媚なところへ追いかけて行きたいのはやまやまですがね☆
    ショーはいかがだったでしょうか?
    またコメントお待ちしております☆

  2. | URL | Fm81lUyk

    Triandavar

    こんにちは。
    ぜひまた! とお声かけいただいたので、ジングラーと同じく謎の「トリアンダヴァー」について。
    どうやら作詞者の造語のようです。
    triaはラテン語の「3」、davarはヘブライ語の「物、言葉など」を連想させます。
    アラビア語風のジングラーとは異なる語源の言葉を作ったのは、色々な言語を混ぜて使うジプシーらしさを狙うため。
    また「三つの物」と唱えさせることによって、ジプシーの迷信深さを現す効果も狙ったのでは、との説があります。
    以上、もしチェック済みでしたら、失礼いたしました。

    私も土・日と遠征してきました。
    谷先生で失望させられるいろんなパターンを想定し、覚悟していたのですが、気楽なおとぎ話として楽しめる、かなりの良作だったと思います。

    全国ツアーに持って行ったら、宝塚初見のお客さまにも、喜ばれるのではないでしょうか。

    それでは、また。

  3. aiai | URL | -

    歩さん♪

    お久しぶりです(*´∀`)ノ
    素晴らしい注釈コメントありがとうございました!!
    とても分かりやすかったです。
    声楽を趣味にだなんて素敵ですねえ。憧れの習い事です。

    >プログラムにそのあたりのことが、ちゃんと説明されているといいのですが。
    それが…全く無かったですねえ…。

    お稽古場でも歌ってましたが、
    「Trian Trian Davar」という歌詞もまんま使われてまして、
    そっちもスルーですた。

    他につっこむべきところが満載だったのと
    曲が美しいので気にならなかったような気がします。

    ほんとにありがとうございました。
    ぜひまた!

  4. | URL | Fm81lUyk

    ジングラー

    お久しぶりです。
    初日が待ち遠しい「ジプシー男爵」。
    実は私、趣味で声楽をやっていまして、演目が発表されて即、先生に楽譜を発注しましたw
    なので稽古場で、自分がレッスン中の曲をご贔屓が歌っている! という貴重な経験が出来ましたです。
    さて、稽古場で耳に残る「ジングラー」について。
    Dschingrah と書きます。
    アラビア語の「ジン」…魔神からの派生語だろうと、楽譜に書かれています。
    日本語にどう直せばいいかわかりません…私のいただいた楽譜の対訳にも「ジングラー!」と書かれてますしw
    ジングラー! ジプシーが来るぞ!
    みたいに使われているので、一種の警句、なのではないでしょうか。
    プログラムにそのあたりのことが、ちゃんと説明されているといいのですが。
    それでは、また。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/2252-be81f50d
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。