--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千秋楽の話とか

2010年07月05日 11:14

やーお久しぶり過ぎてblogの書き方を忘れました。正直。
とにかく今週はあほみたいに観まくってしまい(予想外に増えるチケ)
ご報告どころじゃなくあいすいません。

そしたらなんか映画の撮影が入ってたらしい。
私は2階席だったんで知りませんでしたが、お友達が教えてくださって、
カメラマンさんに聞いた人によると「映画です」って言われたそうで、
スカピン映画化は間違いないそうです。ひいいアップに耐えられるの!?

都合4日間カメラが入っていたそうで、
私が観た回は「きりやさん汗だく度」もきりやさん比で抑えられ
皆さんお化粧も綺麗だったしその回が映画になったらいいなあと思いました。

しかし皆さん恐ろしいほど気合いが違うのな。
あれ、スカピン団の皆さんそんなにキャラ立ってましたっけ?
あれ、市民の皆さんそんなに声出してましたっけ?
あらみりおブランさんお素敵。
帝王みりお降臨。
この人どSの癖に、かわいらしい「のみの心臓」をお持ちなので
なかなか降臨しませんが
最高潮に調子に乗って内に秘めたる王者の風格を醸したどSぶりは絶品な!
エリザ新公を思い出しますた。アレが私にとってベストみりお。

その日は昼公演に瞳子さんがいらしたそうで、
そこで元気を戴いたのかと思いきや、映画か。

おまいらそうか。
映画用にはそんなに良い演技できんのか!!!(爆)

若干頑張りすぎたのか途中から若干息切れしてましたが(笑)
良い出来だったんじゃないすかね。映画たのしみ。

そして結構現金な月組の皆さんの頑張りぶりに
この人たちにはいつもニンジンをぶら下げるべきだと思いました。(どんな)
歌劇のまなちゃんの報告では「月組賞」ってのがあるらしく
皆さん賞を目指して頑張って欲しいとおもいます。

お客様と言えば水曜にはゆみこちゃんがハマコさん、さゆちゃんの退団同期と共にいらしたそうで。
ちなみにきりやさん同期は基本いじらないので2階席の人には不親切なことだったと思います。
なんなんですかね。身内意識が大きいんですかね。
瞳子さんはお召しモノを貸し衣装にして、殿下に「今日は客席にパーシーが来てます」て報告して
「パーシー双子だったの!?」って言われてたそうです。
双子で同じ名前だったらおかしいやろ(笑)

そして映画撮影で張り切り過ぎたのか
この土日はいろいろミスが多くて、皆さんお疲れだったんだなあと思いますた。
月曜休みってのは初日あたりはきっと楽になったと思うけど
千秋楽までの1週間は最後の土日はさぞかしきつかろうと思います。

友会貸切でみりおさんが「死んだふりをしていたのはドゥトゥルネー伯爵だ!」って言いきった時には
きっとファービーも素で「えええ!?」て思ったに違いない。
客席の私達も「ええええ!?女に見えたけども!」と心の中で総つっこみ。
しかしあまりのさりげなさに本人気付いてたかしら…ともおもう。

そして土曜の夜公演ではきりやさんとうとう「目の前の君」で歌詞間違える。
よりによってそこ。大好きっていってた歌で(爆)
まあ大したまつがいじゃないっすけどびっくりした。
まさかここに至って間違えるとは。流石歌詞まつがい王。

具体的には「気高く強く」の後「はだかの心で」って歌おうとしたのか
「はー」って言っちゃってそのまま「輝いていた」に突入したそうです。
(卒倒していたので覚えておらず一緒に行った方に教えて頂く)
メロディも違うのになんでそこいくのか。人間の脳って面白い。
しかもその後恥ずかしかったのか、誤魔化したかったのか、
歌いあげの後、きりやさんもんの凄い「どや顔」しやがった(爆)
やだかわいい!って言えばいいですか!?
ハイハイよかったねと客席に苦笑いさせんのやめてください!!
あー面白かった。

千秋楽はみんな普段やらない失敗ばっかりしてて
みっぽーさんがコメディ・フランセーズでかんだり(舞台に未練は…のとこ)
みりおさんが鷹のようにで帽子おっことしたり(しかし手は帽子つかんだ形のまま終了)
(劇場の人拾いに来る)
君はどこにでみくちゃんがこけちゃったり(凄い音したけどその後はちゃんと踊ってて大丈夫)
みりおさんが外したことないポイントで音外したり
まあいろいろありましたが
内容は良かったのよ。ミスが多かっただけで。

アドリブはとことんジプシー男爵押しで
「きれいな青の刺繍が入った上着に真っ白なロングブーツ。秋に会えるのがとっても楽しみな
ジプシー男爵スタイル いかがです?」
「それ、あなたが着るでしょう!」
「そうなんです、一番似合っちゃいます!じゃ、シトワイヤン ショー・ヴ・ラーン♪ふーん!」

プリンスは薔薇を咥えて従僕の二人と華麗にダンス。
オーレ!みたいな振りでキメた後二人に助け起こしてもらってますた。
「殿下その薔薇はどうしたんですか?」
「さっきそこでジプシー男爵にもらったんだよ」

そして余にもあつらえては…のとこではターンしてY字バランスして大きな拍手をもらい
パーシーにしきりにやれやれ促すも
拍手してがっつりスルーするどSきりやさん。
あの上着でターンするのが怖かったんですね。

ちなみにここ前楽ではあの腹布団の割にかなり頑張って素晴らしく足を挙げていたプリンス。
しかしあっさり更に高く足を挙げるどSパーシー。
でも後で「殿下今日はすごく高く足が上がってたから
ピンパーネル団のリーダーやっていいですよ」と御褒美が。

楽では「殿下ジプシー男爵ってどんな人でした?」に
「ぁ、パーシーにそっくりだったよ!」って子供みたいに報告する殿下テラカワユス。

タスキの引っ張り合いでは、いぢわるきりやさんが
間違いなくみりおがとれない位置でタスキをかっさらってしまい
ほれほれと猫みたいにタスキを振られ、とりにいくみりおはとっても可愛かったっす。

退団者3人はパレードで胸にお花。
3人が3人とも大劇場同様素晴らしくしっかりとした御挨拶で。
もーちゃんが感極まった時点できりやさんの目のしばしばが激しくなり
(その前から相当しばしばしていたけど)
私は上手席では実はもーちゃんガン観してまして。
あの子がどんなに舞台と客席を愛してるかひしひし感じていたので涙が止まりませんでした。
紗蘭えりかちゃんは本当に短い言葉に万感の想いがこもっていました。

問題のあの挨拶苦手なトップスターさんの御挨拶は
途中まで覚えていた文章をたどたどしいながらなんとか言ったものの、案の定途中でつっかえて(笑)
ハラハラさせつつなんとか乗り切りましたがきりやさんらしい楽しい挨拶でよかったっす。
正直大劇場の千秋楽はなんとなく盛り上がらず(調子悪かったしね)残念だったので
東京ではこの素晴らしかった公演の勢いをそぐことなく晴れやかな楽しい気持ちで終われて
ほっとしました。

なんとなくですが「野球の選手会長のシーズン明けの打ち上げの御挨拶」みたいだったのは
「戦い」とか言ってたからでしょうか。本人の持ち味の問題でしょうか。
体育会系であるなあ。

カテコでオケの皆さんをねぎらったのはGJだったと思います。
本当に最初の頃気持ちがひとつにならなかった東宝のオケと舞台。
私たちは出来て当たり前とオケに不満を持ちがちですが
ミュージカルというのは常に音楽が流れており、更に難曲の多いスカピンでは
休みなしに演奏せねばならないオケも相当苦労したに違いないですよね。
特に宝塚では狭いオケboxで一人の人が何個も持ち替えて楽器を担当しないといけないですしね。

ミーマイでは追い出し音楽の後も残ったお客さんにオケが拍手されて
オケもそれに応えるという心温まる演出だったのを思い出しました。
全てのスタッフさんの支えがあってこそのあの舞台であるんだなと
観客の側の我々も忘れないようにしたいですな。

2回目のカテコではスタオべの中3人の退団者に一言。
その一言もらうのに「考えてきた挨拶じゃなくて生の声を」とか余計なひと言多いから(笑)
あいりーんは「皆さんと出会えた事が幸せです」と。御挨拶では気丈だったのに
感極まってしまって可愛かったです。
もーちゃんは「無事に階段が降りれてほっとした」とぽろり。
きりやさんがもーちゃんが階段が怖くて緊張していたことを暴露。
「宝塚に入れてよかったです」と言ってたと思います。
えりかちゃんは「幸せです。」とやはり言葉少なだったので「それに尽きますか?」と
きりやさんがつっこむとうなづき「ありがとうございました」と。

恒例のジャンプをやったあとはまた「さよーならー」と言って手を振りだしたので
花道の下級生はお辞儀したもんだかいつひっこんでいいんだかで困ってましたよきりやさん!
もちろんきりやさんいじめが趣味の私達はまた緞帳上げてやるんですがね!!!

後が無いきりやさん。「組長に仕切ってもらいます」としらっとリュウちゃんに振る。
麻子さんが御自身の退団公演でやった禁じ手をもう使うんですね!
ジャンプといい、このひと自分でなんとかしようという気がまるでないよ!!!

困ったリュウちゃん「じゃあみなさん、次の作品の題名を一斉に言いましょう!」
と、強引に「せーの」って言ったから「ジプシー男爵!」と叫ぶ組子達。
あ、ショーの題名は言わなかった。言ったらグダグダになるよねと一瞬ハラハラしますた。
「観にいらしてください」できちんと(?)締めるリュウさん。
今度はちゃんとお辞儀してから手をふってますた。
あーもう本当にダメっ子のファンは疲れるったら!(喜々)

昼公演でテルテル坊主スタイルを断ったみりおブランさんが
「雨が降ったらあなたのせいですからね!」と責任をなすりつけられてましたが
出は雨に降られることなく退団者3人とも本当に綺麗でした。

あの作品をやりきった、ニクいあんちくしょうたちは笑顔で帰って行きました。
後には一抹の寂しさが訪れました。


コメント

  1. aiai | URL | -

    suzuさん♪

    コメントありがとうございましたー(・∀・)ノ

    > やっぱり霧矢氏のぐだぐだっぷりは楽じゃないと味わえないのですね…ちっ。
    いやー友会貸切の御挨拶もがっつりかんでたじゃないですか☆
    土曜は本当に波乱万丈で楽しかったです。
    大劇場の魔の2日目には負けますがなかなかやってくれてますたよ。

    > 星組さんのはエンドロールがめっさ恥ずかしかったので、スカピンはどうなるのかと今からwktkです(笑)
    ほ、ほんとですか!?
    残念ながら星組さんのを観に行けなかったので全然想像がつかない!!
    ちょ、どんなふうに恥ずかしかったんですか!?

    もうwktkというよりgkbrで楽しみにしていたいとおもいます…。

  2. suzu | URL | F7diFQeg

    千秋楽になるとコメントしにやってきますこんにちは(変)
    土曜と昨日の昼公演だけ観て帰ってきてしまったので、楽レポありがとうございます~。
    やっぱり霧矢氏のぐだぐだっぷりは楽じゃないと味わえないのですね…ちっ。

    土曜は私自身が体調絶不調だったので、自分の目と耳が変なのかと思ってましたが、そうじゃなかったんですね(笑)みりお君の言いまつがいとかきりやさんのトチリとか。

    映画というとレビューシネマってやつですか!!
    地方者にはすごく朗報です!楽しみです~。
    星組さんのはエンドロールがめっさ恥ずかしかったので、スカピンはどうなるのかと今からwktkです(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/2246-c775e634
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。