--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときめきが止まらない

2010年05月28日 21:25

今日は公式がいっぱい仕事したみたいですね。


2010/05/28
2010年 公演ラインアップ【宝塚バウホール・東京特別】
<8月・星組『摩天楼狂詩曲』/9月・宙組『“R”ising!!』>
5月28日(金)、2010年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚バウホール・東京特別の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。
※当初発表の年間公演スケジュールから変更(公演を追加)しての上演となります。
※今回未発表の作品は決定次第、ご案内いたします。



なんていうか…絶対2ヶ月や3カ月先の作品のスケジュールが決まってないなんて絶対ありえないんですが
そんなこと考えても今更仕方ないので普通にドキワクしたいと思います。

まずはコレ↓
ともみんバウ主演おめ!
しかしよりにもよってともみんにロックシンガーでライブでパフォーマンス!
ああトマケ武者修行はこのためだったか!!!!(違)
でも夢破れて卑屈になるっていう予告はときめかずにはいられない。

鈴木君といえばみっちゃんバウっすか…(逆裁はおいといて)
うーんガンバ☆(何がいいたい)
相手役はどなたなんすかね?
博多座メンツ以外ってことだから…せあらかなあ?やだキュート!!!

星組 
■主演…(星組)夢乃 聖夏

◆宝塚バウホール:2010年8月12日(木)~8月23日(月)
一般前売:2010年7月17日(土)
座席料金:全席5,000円

バウ・ライブパフォーマンス
『摩天楼狂詩曲(ニューヨークラプソディー)』
-君に歌う愛-
作・演出/鈴木 圭

現代のニューヨークを舞台に、ロックシンガーを夢見る青年が、人生の挫折、別れなどを経験しながら成長していく様を描いた、若さ溢れる青春物。ジェイクは、自らが作曲した歌で世の中に認められたいと夢を持っていた。しかし現実は厳しく、思い通りに進まない毎日に、苛立ちを隠せなかった。相変わらず卑屈に過ごすジェイクに、恋人もついに別れを告げ去って行く。失ったものの大きさに気づいたジェイクは、自分の生き方をもう一度見つめ、再び、夢に向かって歩き始めるが……。



そして…
蘭寿さんヤスを熱望していた私ですが
この発表に狂喜乱舞したのは言うまでもない。
だってコンサート!!DSじゃなくってコンサート!!
蘭寿さんが大介でコンサート!!!(しつこい)

DSじゃないなら私にも行けちゃ…う…じゃ…ん!?
あの蘭寿さんが舞台の真中でリミット外して踊って歌ってシャウトして!!!
汗だくで反りまくるんでそ!?(そんなことしません)
そんなの観たいに決まってるじゃないか!!!!

しかしバウと人見なら遠征してでも絶対バウ!!!至近距離で赤面!!!
やだオット君も行きたいって言い出したらどうしよう(言わないよ)

…Σ( ̄□ ̄lll)!!
…ってやだこれ月組さんの初日と絡めて遠征できるじゃない!!!(気づくの遅い)(驚きすぎ)
もう決定行く!

…問題はチケットがとれるかどうかですね…orz 土日は一回こっきりだしムリポ…
月組さんの初日とダブルできたりしないよね…
(しかし蘭寿コンのノリで月組さんって危険すぎない?谷に一徳だお?)
でも観たいみたい観たい!!!!
助けて友の会!!(望み薄)

宙組
■主演…(宙組)蘭寿 とむ

◆宝塚バウホール:2010年9月2日(木)~9月10日(金)
一般前売:2010年8月7日(土)
座席料金:全席6,000円
◆東京特別(人見記念講堂):2010年9月15日(水)~9月17日(金)
一般前売:2010年8月8日(日)
座席料金:S席7,500円、A席5,000円

蘭寿とむコンサート
『“R”ising!!』
構成・演出/藤井大介

「上がる、上昇する、高まる」を表わす“Rising”に蘭寿とむの“R”を込めて、ホットでダイナミック、繊細でクールなダンスが魅力の蘭寿の、過去、現在、そしてこれまで見せたことのない魅力を詰め込んだ、ライブ感溢れる、熱いコンサート。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/2227-1cda07d6
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。