--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌劇座談会メモ

2010年04月05日 00:45

また風邪引いた…orz(寝ろ)(昼間寝過ぎて寝れない罠)

歌劇来ますた。
こんな感じ
うん、かわいい。
富士額しゅてき。
レスリーが私があのひとのほくろをどんなに愛してるか理解して
消さないでくれたのが嬉しい(きもいですよ)(熱にうかされてるの)
(ハナは微妙に消されている…しょんぼり)
中の口隠してる人は目の化粧がしゅごすぎて誰だかわからない(笑)

中日で既にお披露目を終えた気持ちになっている私にとって
今更感がなきにしもあらずなお披露目特集。
でも実際は、大劇場に立つ時が本当のお披露目なんですよね。
また新しい感動が味わえるんですかね。
きっとスカピンをやっている!歌っている!という方でわなわなしてそうな気もします。

送る言葉は三木先生とイケコ(あえて巨匠を呼び捨て)(愛です)
イケコの言葉が深すぎて
オレは那智わたるさんをよく知らないのを恥じました。
二人ともきりやさんをよくみてくださっているなあと。
しかしホントに涙ぐんだんでしょうか。そんなに悔しかったんか(ルキーニ座談会エピ)
かわいいねー。

まりもたんとのトークはレプリークBisの延長と言う感じで
新しい衝撃とかはなく、ああ仲良しでよかったなと。
ここに書いてないのにナンですが
レプリークでの「私たち似ててよかったね」発言に勝るモノはないかなあと(笑)
アレ最強。
ラブすぐる。

でもまりもたんの娘役としての努力ぶりに感心する。(過去のワードロープ調べとか)
ああこの人は「宝塚のトップコンビ」に私たちが抱く夢を大切にしているひとだなあと思う。
素晴らしいなあ。
きりやさん見習って!

ということでスカピン座談会自分用メモ↓(かなりざっくり)

こんなことを言ってたとかじゃなく感想とか勝手な憶測を含むので
ちゃんと買うか立ち読みしてください(推奨するな)
・きりやさんが目指すイギリス紳士はケネス・ブラナーかレイフ・ファインズ(渋すぎる)(でもオレも大好き)
・グラパンのネタ元は園加に頼っている模様(え)
・そこ期待じゃなく心配だよ!って言ってあげたい
・まりグリットがパーシーに惹かれるのは中身(をい)
・お互い若くないとか言わないで!まりグリットは若くてかわいいんだから!(勝手)
・まさおブランは屈折しているところが魅力
・リュウロベスピエールはショーブランを評価してない(グラパンは超評価してるのに!)
・泣く子も黙る怖いロベにしてくださいと所望されるリュウロベ
・マギーの貴族観が至極的を射ている。いいねえ。
・もりえデュハーストのパーシーの恋愛に対するドライぶりが素敵「ご自由にどうぞ」て!
・アルマンのドジっ子設定は変わらない模様
・すずな自身もびっくり配役だったマリー
・すずなのアルマン評
まさお:ガシッとつかんでオレについてこい!
みりお:ほわーっとした包容力
・しかしなぜか笑われている。なぜ?
・きりやさん娘はシュザンヌ!スザンヌじゃないよ!(編集部さんのミスでは)
・園加プリンスは案の定きりリュウに「役作り楽そう」「必要ない」て言われてら。
・パーシーとは親友。能ある鷹は爪を隠すという美味しい役。
・イケコの進行はとにかく本人がどんな風に役を捉えてるかを中心にしている感じで
これが役替わりの妙を生み出すのかなあと。

フィナーレ
・まさみりで「ひとかけらの勇気」銀橋(これは役替わりによってソロ歌ってこと?ふたりでってこと?)

・いろんな曲のメドレーで初舞台生ラインダンス(ここから全て星組版とは曲が変わる)(わーい)
メドレーの柱は「炎の中へ」(星のラインダンスは「炎の中へ」でしたね)

・きりやさんメインで女役達で「謎解きのゲーム」(いつも通り大階段か?)
女役は全員持ち手のついていないアイマスクを持っていて、それが衣装にピッてつく。
お衣装が変わってて腰パッド入りの膨らんだスカートでマルグリットをイメージしている。

・きりやさんメイン剣を使った男役群舞。
曲は「炎の中へ」をマーチっぽくして軍隊ぽくマスゲーム的な要素を入れたい
衣装はさわやかな青で新生月組のさわやかなイメージを出したい。
(星組さんは「栄光の日々」のボレロ調→ジャズアレンジな感じでしたけど
それこそ星組さんのロケットぽいのをイメージしてみた)

・デュエットは「あなたを見つめると」きれいな曲ですごくロマンチックな踊りにする。
霧蒼はアダルトなコンビだと思うけどお披露目なので。
しかしお衣装は深い紫と黒でアダルト(by霧蒼)
それがイケコにとっての「スカピン」のイメージらしい
いやいやそんなアダルトにしなくってもいいのにって思う。
折角マルグリットのドレスをピンクにしたのにねえ。

・きりやさんは早替わりしつついっぱい踊ってもらう。(今から汗がしんぱい☆)

とにかくお衣装がはまるといいですねー。
ぶっちゃけ私イケコのフィナーレ衣装そんなに好きじゃないんですよねー(笑)
あの変な固そうな襟とかが踊りづらそうなんだもの。
最近は良いかなー。太王四神記Ⅱとかカサブランカとかは好き。
冠付の時なんかは良い生地使ってるんだから
シンプルで踊りやすくしてあげてほしいなあと思うわけですよ。
でもシンプルでお金かかってる感出すのって難しいのかもしれませんね
今回はそんな心配はいらないわけですが(笑)
デュエダンに限って言えば私は任田先生のお衣装のが好きかなー。(どうでもいいよ)


コメント

  1. aiai | URL | -

    marineさん♪

    こばはー(・∀・)ノお返事遅くて申し訳ないです。

    > 私はケネス・ブラナーのハムレットに幼い頃恋していましたから(笑)、霧矢さんが彼を少し目指してくださっているとのことで嬉しいです(●^^●)!
    aiaiもHAMLETは拝見してない気がしますが
    「から騒ぎ」のケネス・ブラナー大好きですた!!
    あの大型犬的なひとなつっこくて体温高そうで
    惚れっぽくて男の人の可愛さダメさがめいっぱい詰まっている
    愛すべきおっさん(おっさん言うな)は、
    いかにも霧矢さんの好きそうなキャラですけども
    宝塚的にはどうなんだろう(笑)
    骨太でタフでスポーツマンなリアル英国紳士が
    ヅカファンのイメージする英国紳士の枠外にある気が
    とてもしています(笑)

    > すずなさんのアルマン評は確かに的を得ているなあと思いました。
    評というか、実際お稽古してみての感想といった感じですたよ。

    > きっとスカピンの世界を盛り上げるものにしてくれるだろうと、巨匠の腕に信頼しておくことにします…(でも、ドキドキ)。
    aiaiはあんまし巨匠のフィナーレ盛り上げ能力は評価してませ…(コラ)
    振付が御織ゆみ乃・若央りさというオーソドックス派ですしね。
    (桜木さんはつい最近までデートリッヒに御出演で新振付は担当されてません)

    娘役ちゃんSのお衣装が変形ぽいので
    スカート捌きが見られないのがちょっと残念です。

    > ではでは…またひょっこり現れます(・∀・)/
    お待ちしています(・∀・)ノ

  2. marine | URL | PlHfAf1k

    座談会の様子が気になっていたので嬉しかったです。
    私はケネス・ブラナーのハムレットに幼い頃恋していましたから(笑)、霧矢さんが彼を少し目指してくださっているとのことで嬉しいです(●^^●)!
    すずなさんのアルマン評は確かに的を得ているなあと思いました。(すずなさんもマリー配役にびっくりならファンも驚くのは間違いないだろうと改めて思いました。)
    今からフィナーレが全くどんなものになるのか想像できないのですが、きっとスカピンの世界を盛り上げるものにしてくれるだろうと、巨匠の腕に信頼しておくことにします…(でも、ドキドキ)。

    ではでは…またひょっこり現れます(・∀・)/

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/2185-d59625df
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。