--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初日の様子

2010年02月03日 21:30

カメラワークにものすごいCSさんの愛情を感じました。
言われなかったらそんなに気付かない感じです。

画像が悪いのは遠景用の2階カメラ映像中心だからです。
霧矢さんのせいですごめんなさい。

ああでもものすごくイイ表情だおね。
嬉しいんだおね。
月組のみんなが
相手役のまりもちゃんが
たくさんたくさんパワーをくれて
それを受けて舞台に立てるのが。

ちなみに昨日の夜公演にいらしたのはやっぱり同期のみなさんだったようですね。
鳴海じゅんさんblog
宮本(元美椰)エリカさんblog
(このお話はJust Arrivedさんで知りました。)

霧矢さん嬉しかったら嬉しいって言っていいんだよ。

前日はモモたんの大劇場千秋楽。
みなさん忙しい中本当にありがとうございました☆


では御挨拶の内容とかぐだぐだぶりとか
霧矢さんのトップスターとしての初めてのご挨拶はアップでは映りませんでしたが
かえって大きな羽根が常に映ってて
途中からはまりもたんとのツーショットになって
これはこれでトップお披露目っぽいって思いました。

以下御挨拶です
「本日は中日劇場公演、初日をご観劇いただきましてありがとうございました。
まだ全員そろったわけではございませんが、いよいよ新生月組がスタート致しました。
(はなをすする)…すいませんはなみずが(爆)
新たに蒼乃夕妃を迎えまして、瀬奈じゅんさんから引き継いだ月組が
更に進化し、成長を続けるよう、し続けるよう、精進して参りたいと思っております。
『紫子』そして『Heat on Beat』という素晴らしい二作品に恵まれまして
出演者一同心をこめて千秋楽までお届けしたいと思っております。
どうぞ24日までよろしくお願いいたします。
本日は本当にありがとうございました。」

カテコ1回目
ここからみりまりと3ショット
(ちなみに私の記憶ではカテコの挨拶まで用意していなかった霧矢さんが
いつもの通り天気の話題をもちだすも、記憶が定かでなく隣のみりおに無茶ぶりをし(爆)
その後ようやく立ち直ったところ↓)
「中日劇場は熱く燃えております。どうぞ何度でも足をお運びください。
お待ち申しあげております。本日は本当にありがとうございました」

2回目(スタオべの様子を映すためにもりそのまで5ショットに)
(なかなか拍手が鳴りやまなかったのでどうしていいかわからず
とりあえず隣のみりおに視線で助けを求める。(笑))
「本当にありがとうございます。(まだ鳴りやまない)
本当にあのう…歴代のトップスターの方々は本当にすごいなーと思うんですけど(ぼそぼそ)
あの本当に羽根が…重くてですね…
ちょっと前かがみにならないと立ってらんないぐらいなんですけども…
(と、実際に前かがみになってみせてから照れ隠しでガシガシゆすって見せる。)
ええ…早く…背負い慣れたいと思います。

(新公時代の挨拶「21世紀を背負わなければなりません」と同じ声ですた)
(客席と舞台上からひゅーひゅー言われる。舞台上の人たちまで拍手してくれる。)
本当にこのメンバーで健康第一で名古屋で美味しいモノをたくさん食べて
元気に勤めてまいりたいと思っております。
本日は本当にありがとうございました!」

もう霧矢さんひとりお辞儀するのを忘れてずっと手を振ってるgdgdぶり(笑)

3回目
「とっても…ええ…御客様のこんなに温かな拍手を戴きましたので…
だいたいいつも、月組恒例となっている千秋楽のジャンプを…(爆)(えええネタ切れはええええ)
もう!初日から!やっちゃいたいと思います!!
ハイ!いいですか?飛びますよ?(皆の様子を見まわす一番大変なのは自分なのを忘れている)
さあ!月組…ばんざーい!!わー!(万歳して飛ぶ)

(なんで間をとったかっていうと霧矢さん以外はみんな手をつないでジャンプしてました。
かーーわーーーいーーいーー☆)

ありがとうございましたー」(今度はお辞儀した。満面の笑みで手を振る。)

終演後ちゃんとお化粧を直してきりまりが
『紫子』原作者の木原敏江先生を囲んで3人でインタビュー。
先生がいらしてくださってたなんて!!!
たいへんたいへん大野君が大興奮だったに違いない!!!

霧矢さん前かがみになってるなってる(笑)
お化粧直す間も背負ったままだったでしょうか?
人の話を聞くときはその人を見ると躾けられている人達(カメラはあまり気にしません)

木原先生は「形になることというのは何よりも嬉しいんですけど
それもこんな風にぴったりの脚本と音楽と演出と出演者の方と嵌るとね!
いうことないですね!
昔(初演)もすごかったんですけど、これはこれでまた、
細部が少しずつ変わったりしていて今日初めて見たような感じですね。
充分初演ですね。」

と、ありがたいお言葉。
霧矢さんが「お客様ももちろん『紫子』という作品を良く御存じで
初演もご覧になって期待してくださっている方もたくさんいらっしゃいますが
8割ぐらいはは初めてご覧になられる方も多くて」と説明していました。
えっとその数字はどこから…。
でも神妙にそして注意深く人の話をきいている霧矢さんは好感が持てます。
よくその真逆の霧矢さんもみますが(笑)

トップとして舞台に立ってどうだったか?
「演じている間は無我夢中でまず舞台に出ることに必死になっておりましたが(笑)
本当に最後のカーテンコールの時に、お客様が本当に熱狂的に拍手とご声援いただきまして
本当に幸せな初日を迎えたんだなと実感致しました。
まだ40人という(半分の)メンバーですけれども本当に更に更に(ここでまりもちゃんをみる)
熱い舞台をお届けして毎日成長していきたいなと思っております。」

まりもちゃん
「今日はすごい緊張してたんですけど、でも舞台に上がって霧矢さんと同じ場面に出させていただいて
すごい(ここできりやんをみる)ほっとしたんですよ。
(にこっとしたのをみて満足そうに笑う笑い声がきこえる)

だからそういう方とこういう日を迎えられたことを
本当に自分はすごく感謝していて(ちょっと涙?で詰まる)
明日からも、もっともっと留まることなく成長していきたいなという
自覚が更に芽生えた今日(こんにち)です」
堅苦しい言葉に思わず受ける聞いていた木原先生
霧矢さん「(笑)今日このごろです?」
まりもちゃん「今日この頃です。」

本当にうれしいお言葉です(´;ω;`)よかったなあ。

最後にカメラ目線でとびきりの笑顔になる霧矢さん。
ホントよかったね。
早く羽根に慣れましょう(笑)

もうなんていうかこの二人の出しきった感が正に体育会系(試合後)
抜け殻なので必死に言葉を探して真顔で視線が虚空をさまよっていたり
そんな様子までそっくりで本当に御似合いの二人だと思います(コンビ愛推奨派再右翼)

お互いがお互いを頼りにしていて(き、霧矢さんしっかり!10個上だかんね!)
そんなところがカワユスな二人を
月組のみなさん、組ファンのみなさん
どうか温かく見守ってやっていただきたいなと思います。

ああひとまずよかったよかった。
プレお披露目があってよかったよかった。(いやいやお衣装部さんがあったらあんなことには)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/2123-6673f49d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。