--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あしたーあしーたあしたをー

2010年01月31日 23:41

われらーのこのー手につかーめー
こんばんみ(・∀・)aiaiです☆

さっきとても痛々しい記事を書いてたんですが
書きだしたおかげでふっきれた気がします。
ふう…吐き出してよかった(*´∀`)
あんなのみせられねえ。痛すぎる(笑)
よくぞ思いとどまった!自分GJ☆
まあ御想像通り
昨日はちょっとしたことで涙ぐみ、更には嗚咽寸前までいく激弱ぶり(恥)
今日は息をすることもうまくできないぐらいガチガチに緊張して
ちょうナーバスになってますた。
今肩がすごく凝ってます。

こんな風に感情の渦にのまれて我を失ってたんですが
自分の矛盾に気づき、やっと落ち着きました(笑)

私の誘い受け(違)泣き事メールの餌食になった方々すみませんでした☆

新しき国の礎は 今王冠を戴く この私の腕の中に

新しいトップスターが明日誕生します。

大劇場で初めてトプになるって前書いてたけど
あんなのタワゴトだった。ホントごめんなさい。

ファンにとってプレお披露目初日って
ものすごい大きな出来ごとでした。
ハコがなんだろうと、
まがりなりにもトップスターとして初めて舞台の板の上に立つ日。
それが明日っていうんで
もうありえないテンパりぶりでした(笑)

要するに原点回帰でがんばります。

という私のたった5年の霧矢ファン人生についての覚書↓
ま、十分痛いね。
何度も言うようですが
霧矢さんをそれと認識したのはPractical joke のマウロ。
WOWOWの放送だったはず。
ベリショが個性的すぎてこんな人他にいないって思って名前を覚えました。
火の鳥の東宝公演でプログラムを確認して
「今年の主席は変な名前の人☆」って思った記憶はあったにせよ。

それと前後してエリザのDVDを観る。

やだこの人路線だったの!?てかすごいじゃん!て思った。
この人がもしかしてもしかするとトップスターになっちゃったりしちゃうの?
…そんなの面白いじゃないか!

と思った。たしか。
要するに「宝塚始まったな!」ということです(どれだけ色モノ認定)

そしてアーネストのポスターでダメ押し
ついてくとしたらこの人しかいないんじゃね?って思った。

と、いうことで
aiaiはまず霧矢さんのビジュアルと心意気に落ちました。
だから全然最初は舞台じゃないの。動機は超不純でミーハーなの。

この人についていけば間違いねえ。ヅカファン生活面白いにちがいねえ。
と、思ってた(笑)

ある意味あっさりその第一印象は裏切られました☆
実際の霧矢さんは意外と正統派優等生でなっかなか羽目を外さない真面目人間で(笑)
最早むしろそういう霧矢さんはなかなか見せてくれない件。

ああ私 だ ま さ れ た !!!

いや恐ろしく天然な野性動物なので観察し甲斐があってものすごく楽しいっすけど。
ただドキドキハラハラさせられどおしで
よくよく考えると当初の予定ではこんなはずではなかったんだと思う。

…見る目ない。
そんな観点なら間違いなく蘭寿さんのファンになるべきだったと思うの。(もちろん大好きだが)

でも同時にその歌や踊りやいろいろな表現力に魅了されていったわけですけどね。
…だって恋に落ちちゃったんだもの。
後戻りできない!!

ギャップも良かったんでしょうな。
おもしれー→なにこのひとすごい
コレです。この流れです。

まあもちろん世の中には
カッコイー!!!→中身もイイ!しゅてき☆
という正統派な流れもあるんですけども。そうはならない天の邪鬼ぶり。
こんな人にファンですって言われても嬉しくないよね(そして既に蘭寿さんのファンに大変失礼です)

きっと初めて観たのがアーネストでなかったら、マウロに出会っていなかったら、
こんなに嵌ったりしなかったと思う。
タイミングもあると思う。霧矢さんビジュアル絶頂期だったし。(過去形で語るな)

そして彼女が休演を乗り越え戻ってきたことも後に(アーネスト観る前だけど)知りました。
その壮絶な舞台や宝塚への想いを考えると今でも胸が詰まります。

その強さに
不器用さに
愛しさは募る(キモいのはしってるからそっとしておいて)

もちろん「だから霧矢ファンなのか」って言われると困るのですが
実際その頃体を壊し社会からドロップアウトしていた私に
この件が大きな意味を持たなかったとは言わない

実際あいつの生命力って本当に魅力的だと思うんだぜ☆

そのことも含め、
それから私はファンの方に、過去のDVDに
彼女がいかに舞台を愛しているかを
たくさんたくさん教えてもらいました。

もちろん彼女自身の舞台姿からもいつも感じる。

宝塚の舞台で輝くことが彼女の願いなら
それが叶うといいなと思ってたんだと思う。

もちろん単純にトップスターになるって嬉しい事だし
応援してきた霧矢さんがトップになれるっていうだけで嬉しくて泣けてくるんですけど。
いざトップスターってなんだろうって考えるとよくわからない。
特に霧矢さんがそこに近づくにつれわからなくなってきた。

宝塚のてっぺんで
一番強い光を浴び
一番たくさんの台詞をもらい
一番たくさん歌をもらい
一番たくさん拍手を浴びる。
きっとそれがトップスター。

一握りの幸運な人しか辿りつけない場所。

そこに私が愛してやまない人が辿りついた。
それまで積み重ね、培い、手に入れ、保ち、努力し、全てをかけてきたものを
発揮するべき場が与えられるその場所に。

私にとっては今考えても奇跡みたいだ。
この人に出会ってファンになって
この人がトップスターになるのをみることができるなんて。

今の宝塚を考えると更に奇跡的なことに思える。
幸運なめぐり合わせだったと。
ありがたいことです。

だからどんなトップスターになるのか
その幸せをかみしめて見届けなきゃいけないんじゃね?
大事なのはこれからじゃね?

そしてファンになったのはそもそも
この人がトップになったらおもしれーんじゃないかってことだったんだから
その分面白がらないと嘘だって気付きました。

ぜひともおもしれートップスターになってください。

宝塚歌劇団 月組 トップスター 霧矢大夢に心から祝福を
そのトップ人生が
幸せに満ちたものでありますように
笑いに包まれたものでありますように
喜びをたくさん得られますように
困難はそれを乗り越えられますように

全部実現するのは霧矢さん自身だけど(笑)
祈っているよ。

明日 ひとつの願いが成就します。
多くの人の願いがひとつ叶います。
夢が叶います。

きっとそれはあなたの願いでもあると信じて
私は嬉し涙におぼれよう。

霧矢さんお披露目おめでとう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/2110-097f1bfa
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。