--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あわわ

2009年07月11日 15:06

歌う青年すげー絶好調。
昨日のなんか比べ物にならない。
凄いなあの人。
全く惚れ直す。
動悸がまだ収まらないんですが。
最終答弁も頑張ってる。表現方法変えたね。
まあ出ないものは出ないんだな(笑)カワユス。
闇広ダンスもキレキレでした。
パレードで汗だくでどや顔しないで下さい。
今日は完敗です。
ごめんなさいでした。

みりおルド凄く良くなってました。
激しさ故の脆さ、儚さが出てきた。
何より歌が段違いに上手くなってる。
表現力も倍増。更に独自性もある。
非の打ち所が無いと思います。
わー歌う青年の為だけにでもリピートしたい~でもチケットが無い~!!


コメント

  1. aiai | URL | -

    ぴろりん様♪

    > 苦味や深みが増してますか・・・
    ただの雑感なのですが、なんだかさらにリアルになった気がしています。
    リアル男って感じで、ちょっと感じ悪いんですお(笑)
    でも仕方ないというか。そういう説得力はあるような。
    抽象的ですみません。

    > 大劇場では甘あまで、なんだか
    > 「ある夫婦の物語」になってしまっていたので(笑)
    > ある意味好きですが(爆)
    私も好きでしたー♪
    しかしそれがエリザ?って言われると自信がないんですお(笑)

    またまっさらな気持ちで観にいきたいと思います☆
    コメントありがとうございました!

  2. ぴろりん | URL | gCo2NZdA

    ほほう♪

    苦味や深みが増してますか・・・
    大劇場では甘あまで、なんだか
    「ある夫婦の物語」になってしまっていたので(笑)
    ある意味好きですが(爆)

    そっか・・・まだまだ進化する陛下・・・
    東京からのレポ楽しみに読ませていただいてます!
    お返事ありがとうございました☆

  3. aiai | URL | -

    ぴろりん様♪ 最終答弁について

    やーまだ3回観ただけで3回とも違うので(笑)なんとも言えないんですけど
    2回目に観た時はどっちかっていうと台詞的表現にしてありました。
    「エリザベートは私の妻だ」の「だ」の低音がどうしても出ないので
    迫力不足で不満だったんですけども(厳)
    それをきっぱりはっきり言っててたので、あ!変わった!変えた!って思ったんす。

    が、リーヴァイが来た回ではちゃんと歌ってたしちゃんと歌えてた。
    …どういうこと!?(爆)

    歌いづらいことには違いないんで悪戦苦闘中でしょうか。
    でも最終答弁大事なシーンなので頑張ってほしいというのが私の個人的希望です。

    ぴろりん様が最後にご覧になった大劇場千秋楽付近と
    私が拝見した大劇場初日近辺はまた違うでしょうけれども、
    東宝に来たフランツィは甘やかさが若干失われ、苦味というか深みが出た気がしております。
    (なんという抽象的な表現)(わかりづらい)

    霧矢ファンとしてもヅカファンとしてもエリザファンとしても素人が
    適当かつ勝手なことを書き綴っておりますが
    楽しんでいただけたら幸いです☆

    よろしかったらまたぜひ遊びにいらしてくださいねー(・∀・)ノ

  4. ぴろりん | URL | gCo2NZdA

    最終答弁の場面

    表現変えたのですか?
    叫ばないで、ゆっくりどっしりしたとか?
    後半の日程のために喉温存でしょうか?
    それともフランツのあり方の解釈を変えたのでしょうか?
    東京へ行けないわたくしめのために
    ちょこっとタネあかしを希望しまーす!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1969-0269a0ac
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。