--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素人の間違いだらけな感想 その3

2009年06月02日 04:10

ちはー(・∀・)ノ

実はちょっと調子が悪くて家から一歩も出られない週末ですた…。
いや、ちゃんと昨日は仕事したけどね。
(ていうか…記事が消えて死にそうです。2時半までかかったのに…!)

となぽん…(´;ω;`)ごめんね…。
卒業おめでとう!
他のみなさんも無事ご卒業おめでとうございました。
がっさがさの声でがんがったユミコはじめ雪組さんも
花組さんもお疲れ様でした。

ムラでは霧矢さんのお茶会が開催されたようで。
どんなんだったか情報ありましたら是非お待ちしています。

寝ててもしょうがないし
いろいろ気になったのでエリザのDVDをかたっぱしから観まくって
オット君に嫌がられていますた。
初日映像も見直したりして。
そしたらフランツィの新調衣装が発覚!(たぶんね)
ないねとか言っててごめん!

どこかっていうとルドルフに説得されて逆に叱るところです。
初日映像もってるひとは確認してくださいねー。
…ってそこ!?そこなの!?
ユミコたんの「二度と過ちは犯さないよ~」での新調も意味不明だったけど。
いや、素敵ですたお。
茶系で肋骨飾りが金刺繍でぐりぐりなってるみたいな感じ(伝わらないよ)
肩章のモール飾りが既にわっしゃわしゃなってるので
着回しかもしれませんけどエリザでは初めて観ました。
一番好きな衣裳は鏡の間で着てる黒のお衣装ですかね。
これはガイティから着てると思うけど
縁が毛皮で豪華で裏が赤なのも効いていて素敵です。

はい、いろいろねーDVDもぎっちり観ると今まで何観てたんだって感じで。
トートもいろいろシシィもいろいろだなあ。
もちろんフランツィもいろいろですなぁ。
やっぱエリザ奥深すぎてやっぱりあんまり触れたくないわー(コラ)

ということで続き。
フランツィとあひルド絶賛調ですのでご注意↓
「今更何?ルドルフって元々そういう役だから」というつっこみがされる気がしてならない。
・ルドルフとフランツ
あひとみりおの初日を観ただけですけど
霧矢さんのフランツと相性が良いのはあひです。
エリザベートという作品としてこれでいいのかどうかは不明ですが
ものすごく揺さぶられた。
むしろ初日だからかもしれませんが、唯一、一番キタ。

・素人でも断言しますけどこんなに破滅型の脆いルドルフは今まで居なかったはず。
無駄にプライドが高く英雄志向が強いのは子ルドの歌の通りで説得力がある。
ここ無駄にっていうのがポイント。彼には裏打ちされる強さがないから。
そしてあきれるほどの理想主義者ぶり。
ハプスブルグそのものである父親が彼の主張を認めるわけなどないのに
理解されないことに驚き嘆く。
狂信的なまでの自由主義への傾倒ぶり。
父親でなくてもこんな人心配。というかはっきりいってこの人ヤバいです。危なっかしすぎる。

・でもフランツはこんな息子でも可愛いの。なんとか後を継がせたいと思ってる。
だから叱る。この年になっても叱らなければならない息子に胸を痛める。
怒りではなく、叱り、諭し、頭を痛め去っていく。
だからダメっ子あひルドの時の方がフランツィの父性愛が際立つ。
えっとあんまり霧矢さんの役に愛があるって思ったことないんですけど(ファン?)
今回は父性愛にあふれたフランツでよかったっす。
実際この人は家族を愛してるんだよね。子だくさんだし。

・で。べた褒めいきますよ?
ここのフランツの老けっぷりがネ申過ぎてこの人宝塚スターとして大丈夫?って思った(痛)
自然に爺!(そんな言い方もどうか)
声のトーンだけでなく話すテンポをスローに変え、台詞の明瞭さ、重さを出すことで
老いとともに頑強さを増しているのがわかる。リアリズム!
力強く強固な意志を持つ基本的な人格はそのままに
快濶な青年から重厚な魅力も備えた壮年を経て堅牢な老人へと変化するフランツ。
おもしれーなほんと、役者霧矢大夢は。(痛さ炸裂中)
しかし宝塚なのでそこにそんなに注力する必要はないのかもしれません☆

・父上は老いてもなお見果てぬ理想を掲げた専制君主であろうとし、
その息子はやはり夢想家でハプスブルグの権威を新しい政府を実現することで保とうとする。
似た者親子なのにすれ違う思い。(みた目は似てないけど)(コラ)

・そしてこんなにも自滅まっしぐらなルドルフをトートが放っておくはずもなく。
お互いにものすごく自然に存在している。
このルドルフはトートの手中にずっと居たんだと思う。
赤子の手をひねるがごとく墜とされていくあひルドルフ。
最初からトートの存在の中に含まれていた気さえする。
「何もできない」の意味合いがみりおルドと全く違うんだよね。
みりおルドが自分が出来ると信じるのに他の力によって妨害されることを嘆くのに対し
はじめからそれが叶わないのを、弱さを知っている。
闇の中から手を伸ばしているのを知っている。
でも他に道が無いと教えられ、その道を突き進むしかないと思いこんでいる。
破滅まっしぐらです。

・闇が広がるはダンスシーンとしてはイケてないかもです。しょ初日だしね!
でも一応段取りは問題なくクリアーしてた。おっきいけど。
会場がこう…息詰まる感じだったのでシーンとしては成功なんじゃないでしょうか。
みりおは大きさとしてもダンスセンスとしても流石。

・エルマーさん達が初めての友達だったのかもしれないなぁ。
意外とエルマーさん達には弱さをみせて甘えた口調になるのが気になります。
またもりえエルマーに愛が無い感じがたまんないね。この役立たずって感じで。(酷)
革命のためにだけ殿下にすり寄ってるのが丸わかりなの。何この一方的愛!!(笑)
ちなみにあひエルマーも革命のことしか頭にない感じです。
こっちはみりおも頼る気がないからあんまり楽しくないです。(だから?)

・ちょっと脱線しましたけど。ハンガリー国王!ってなる時の子供みたいな顔はやばいい。
超笑顔。この人本当に英雄になりたいんだなあ。剥き出しの心。
こんな人が革命に参加したらだめ。

・結構兵士に殿下と気づいてもらえなかったあひルド。エルマーへの声も届かない感じ。
フランツは怒りとともに悲しみでいっぱい。
大事な後継者である息子を奪った革命の話なんか聞きたくない。
フランツにとってルドルフはあくまで息子。だから内密に処理する。守るために。
そして何より皇位継承が難しくなったのが辛いのはフランツ。

・ここでなんとあひルドは泣き崩れるの。自我の崩壊。
ママに呼びかけるのがものすごい子供返りしてる。
そのうえ。
「僕たちは似たモノ同士だ」がものすごく空しくって。
「僕はママの鏡だからママは僕の想い全てわかるはず」が
全くもってそう思えないのに愕然として。
涙腺決壊。
ずっとトートの手中に居たような生よりも死と友達だったルドルフと
シシィとの間には全く繋がりが見えない。
それなのにそれを信じ込み唯一の頼みとしているルドルフが不憫でならなかった。
なんとういう悲壮感だろう。
カチャシシィの「わからないわ」は本当に真に迫ってわからない感じですよ。
。・゚・(ノД`)・゚・。
どんなに情熱を込めて語ってもこの人の言葉に耳を傾ける人はいないの。
父親にとってはあくまで息子でしかない。彼に政治的立場を認めない。
シシィはフランツに裏切られて傷つきそれから逃げているだけ。死は傍にいない。
息子が理想に燃える政治も単に、夫に自分の存在意義を示すための手段だった。
だから息子の気持ちをわかるはずが無い。
そしてどんな立場にいるのかも理解できずに突き放す。
…残るのは絶望。

・トートはこれという感動もなく死にたいのかとつぶやく。
…でもそれ勝負服だよね!?(ポスターの紫コート)
実は久々のお仕事でめっさやる気を出しています。
ルドルフ蹴飛ばして転がしてるのがものすごく嬉しそうです。
本来の姿死神となって軽々と手に入れる。ルドルフを。
この人を手に入れるのはこんなにたやすい。
閣下は自らの存在意義をやっと思い出す。死を与える存在であると。
野生を取り戻す感じ?生き生きしてて凄く良かったっす。

・霊廟。フランツは十字を切った後棺に手を這わせます。愛しい息子をなでるように。
自責の念と深い悲しみ。
そしてシシィの後悔。取り戻すことのできない失敗。
崩れ落ちるシシィをフランツは抱きとめる。
それだけでなく抱きしめる。しっかりと。
こんな時に。こんな時だからこそ家族が一つになる皮肉。

・閣下は降臨する。自信たっぷりに。野性を取り戻した瞳で。
案の定彼女は死を求める。俺を求める。
しかし…彼女の瞳にあるのは家族を失った悲しみと例えようもない後悔の念。
…俺を求める瞳はどこ?
ここで初めてトートの感情が爆発する。驚きと怒り。
いや、ここまで力が入ったりいろいろしてましたけど
ここで初めてトートの感情としてこっちにぶつけられた気がしました。
こうやって書いて初めてあーこのトート像が見えた気がする。
永遠の子供。
身勝手でやんちゃで手のつけられない。
手に入らないモノを欲しがる。愛を欲しがる。
「愛と死の輪舞」の歌詞に初めて意味が籠る。
…さすがに遅くないすか?(あえての苦言)
いや私が勝手にそういう感じ方をしただけっていうわけですけども。
後もう最終答弁しか残ってないよ!!ツンデレにも程があるよ!!!

・キッチュ
ここ前回霧矢さんがピンクスパンの蝶ネクタイしてた気がするのはあの犬のせいですか?
注目の配役はおじいちゃん;みっしょん、おばあちゃん;琴音和葉たん
男の子花陽みらたんです。
男の子がマグカップ買ってもらえなくてないてたらおばあちゃんが慌ててお小遣いをくれるシーンは
何度見ても泣けるんだお。

・しかしいくらなんでもここ霧矢さん老け過ぎです。腰も曲がり過ぎだし。
さすがにマックセネットヒゲはないと思う。
DVD見倒したけどみなさんもちっとすっきりしたひげでしたお?
だから凄い歌いづらいんだよ!!!
いや褒めて下さってる方もいらっさるのでこういう言い方はアレですが
慎重に歌だけに集中して歌っていたので(それの何かいけない?)
あまりの慎重さにものすごく歌いづらそうに見えちゃって、
こちとら手に汗握って聞いちゃって全然感情が感じられなかったっていう文句。

・まあ「夜のボート」今回ものすごくテンポがゆっくりですおね。
そう感じたのはaiaiのデフォが前回月エリザだったからみたいで
雪組さんの映像を見直すと既にかなりゆっくりになってた。
てっきり今回の指揮のセニョール・清川・ラモンのせいかと思ってごめんなさい。
霧矢さんゆっくりな曲調は苦手っぽいので、勝手なファンのバイアスでハラハラドキドキ
聴いてしまったのが原因だったかもしれませんすいません。
フランツのあったかい役作りとかには文句ないす。
カチャとのハーモニーに集中しているのもいいと思います。

・ま、カチャの膝降りにも限界があるからあんまし腰曲げてやんなよということです。
あとひげもどうにかできるものならして!皆さんもっとダンディだったわよ!

・最終答弁の前にすでにルキーニさんが壊れすぎだと思う件。は、はやい。

・さて、最終答弁なんですけどね。
そうそう、フランツ低音出てないよ。あーこを見習ってがんがるように。

もとい、フランツさんが言うことは尤もだと思うの。
これは今回に限らずなんだけどね。
トートさんはルドルフ葬儀の後シシィほったらかしじゃないすか。
しかもフランツさんはシシィより何十年も後に死ぬわけで。
そんなフランツさんに責められたからって逆切れかよ!!
しかも時間遡っちゃうのかよ!!
と、いつも意味不明だと思っていました。(馬鹿なのかもね)(総エリザファンが呆れる仕儀)

・今回も逆切れ度非常に高し。
しかしフランツさんも意外と早い段階であきらめる感じがします。
トートがナイフを持ち出すと亡霊化してしまって戦いをやめている気がする。
むしろ立ち向かえない。
そしてナイフを落とすと全てがぷつんと糸が切れた操り人形のようになる。
まるでトートの作った箱庭の中の登場人物だったかのように。
魔法が消え、全てがトートに集約される。
…ジュマンジみたく?(台なし)

・全てトートが操っていたというのなら昇天シーンはどう解釈したらいいんだろう。
全てトートの筋書き通りなのか?シシィの気持ちは?トートの愛はどうやったら報われるの?

・シシィを刺した後のルキーニさんが何かを産み出しそうになっている。

・これまでシシィのがむしゃらに生きてきた感とトートの「待つ愛」でごまかされてきたけど
今回はトート閣下が全て操っている感とシシィの人生が感じられにくい結果
釈然としないものが残った。
背の関係か、昇天ポーズが初演と同じくシシィが閣下の腰にすがるような形なんですが
そうするとですね…やっと念願のシシィを跪かせ、従えて
閣下が新しい獲物を空の上から物色してるように見えなくもない☆
はいいいすぎましたごめんなさい☆(☆つけりゃいいってもんじゃない)

・歌う青年…ていう役名だったんだ…よかった若返って(笑)
ヒゲのりがテカテカしてますたけどね☆
お歌はおっかなびっくりでしたなぁヽ(´ー`)ノ
好きな歌ばっかりじゃなくこれも練習しようね☆という気持ち。(してるだろ)

お衣装ですけど…こないだ人に説明した時に書いた絵が…ああこれこれ
…酷い…orzてか汚い…。10秒ぐらいで書いたからな…
でもめんどい載せてまえ。
20090602022711


えっとシャンタンっていうんですか?透け感のある輝く生地で色はルドルフより濃い紺色。
肩章が葉っぱみたいな変な形で金色。ベルトとかカフスがダイヤテープでキラキラしてます。
マントはレースで紺色。なぜか肩から黒いレースが垂れてる。
脚元は黒のスターブーツ。
王子様系です。ちょっとびっくり。でもお似合いですた。(ファン)
はい、見えませんね。そのうち消すかもね。

・ロケット最初から手拍子入ってますね。前回の月組だけピンクだったんだにゃー。

・大階段板付の殿。ヅラあり。白い上着。脱ぐぞと言わんばかり。
娘役ちゃんたちは白からピンクのグラデのワンショルダー…あんまり好きじゃない(え)
ものすごくカッコよく始まった!!!と、思ったら
しーん。
コンコン・カ・コンコン ×2
…拍子木!?(爆)(爆)(爆)
いやー急にラテンに行くもんだから途中東洋に頭が飛んじゃったよ!

・闇が広がる
殿上着を脱ぎ脱ぎして闇が広がる。
…ここだっけなー?なんか殿が「鶴のポーズ」みたいなのをやらされてますた…。
えっと…それかっこいい?
闇広のお衣装は公式のフラッシュに出てますね。
雪組さんはベスト付だったけど月組は前回同様、軍服風燕尾ですね。
生地が素敵です。

・ここにあひ園シンメが復活するとは思いませんでした。
初闇広のあひがんがれ。超がんがれ。
・ちなみに霧矢さんもがんがって☆昔よりキレが無いとか言わせないでよ☆

・デュエダンは断然地毛押しで。
やっぱりヅラ被ってるとなんなく子供っぽい気がする。
地毛になった途端大人の色気がぐっと出るの。
インナーが露出多めですよね。やっぱ赤だよなあーこは。
カチャはせり上がりじゃなく脇から登場。
リフト軽そうだにゃー。

・音吉エトワール頑張ってます。二日目はがむしゃらすぎてどうしようかと思った。
頑張れ。力抜いて頑張れ。

そんなとこっすかね。
はい。勝手言い過ぎました。失礼しますた。


コメント

  1. aiai | URL | -

    Marineさん♪

    再びコメントありがとうございました(・∀・)ノだいすき☆(すぐになつくな)(キモい)

    > いつもボンボンたたいて壊れるんじゃないかと周りに注意されるほどの叩きっぷりです(笑)。
    > 親にもたたくから記事が消えるんだよと突っ込まれてしまうほど(泣)。
    (((( ;゚Д゚)))意外と激しい御性格なのですね!
    たたいたら駄目!でも私もマウス投げたことはあります(モノは大事に)

    > 最近では「これは長くなる!!」と思ったら途中で下書き保存するようになりました☆
    学習能力があって羨ましいです☆(ダメ人間)

    > (あひさんの体調がよくなるといいですねー!!)
    タキさんblogでのどの調子がって言ってたのでちょっと心配ですたが
    がんがって欲しいですね。

    > もしかして、私のお勧め本というのはあのフランツ本のことですか!?
    そうです☆入手しますたよー(私信すぎる)
    読みやすくて楽しいですー!!
    意外と丸顔だったというところから(*´Д`)ハアハアして(最低)
    むしろ霧矢フランツィベースで読んでる私は変態です☆(台なし)

    > ではでは…またきますねー!!
    こんな変態ですがどうかお見限りなくー(・∀・)ノ

  2. Marine | URL | PlHfAf1k

    > 記事が消えるのはさみしいですよね…私も力作が2度続けて消えてしまい壊れるほどパソコンをたたえた覚えがあります…(汗)。
    すみません「たたいた」の間違いです(汗)。
    いつもボンボンたたいて壊れるんじゃないかと周りに注意されるほどの叩きっぷりです(笑)。
    親にもたたくから記事が消えるんだよと突っ込まれてしまうほど(泣)。
    私も自分の気持ちに任せたのに記事が消えるのは何度もありまして。。。
    最近では「これは長くなる!!」と思ったら途中で下書き保存するようになりました☆

    あひルドはもう観劇する機会がないので初日がたとえミラクルでも全然OK!!(笑)という感じです。
    …いやいや、あひルドを観たいと思っているんですよ。
    ただチケットがないだけで。。。(泣)
    (あひさんの体調がよくなるといいですねー!!)

    もしかして、私のお勧め本というのはあのフランツ本のことですか!?
    あのフランツ本は非常におもしろくてフランツの全てが分かります(うふ)。
    読みながら「フランツってこんな人やってんやあ」と思ったものです。
    aiaiさんにも喜んでもらえる1冊だといいのですが…!!

    ではでは…またきますねー!!

  3. aiai | URL | -

    Marineさん♪

    いつもありがとうございますー(・∀・)
    正直頑張って書いたけど…こんな記事どうなんだろう?的な気持ちに陥っていたので
    ものすごく勇気づけられましたー。(へろへろ)(限界)

    > 「あひルド」好きです!!!!(←宣言(笑))
    > あの脆さが宝塚版エリザのルドルフという感じで好きです。
    > 「…お仲間発見!!」と思ってなんだか嬉しかったです。
    あひ良かったですよねー。
    初日だけのミラクルでないといいですが(笑)
    あの崖っぷち感は素敵でした。
    ちょっとお風邪を召されてるようですが頑張ってほしいですね。

    > 記事が消えるのはさみしいですよね…私も力作が2度続けて消えてしまい壊れるほどパソコンをたたえた覚えがあります…(汗)。
    ですよねー。
    aiaiなんてそれこそ何度もやってるんですがねー。・゚・(ノД`)・゚・。(学習能力ゼロ)
    興が乗ってくるとやってしまうので長文が消えがちなのが痛いです。
    FC2さんはどうやら自動保存とかの機能があるみたいなんですが
    機能したり機能しなかったりするので逆に落とし穴です。

    喜んでいただけてよかったっすー。
    またぜひ遊びにいらしてくださいね☆
    こんなとこでなんですが、Marineさんのお勧めの本近所の図書館で予約しますた☆
    コメントしろって感じですよね。

  4. Marine | URL | PlHfAf1k

    まだもりえさんのルドルフもみりおちゃんのルドルフが観ていない私が言うのもなんですが…。
    「あひルド」好きです!!!!(←宣言(笑))
    あの脆さが宝塚版エリザのルドルフという感じで好きです。
    「…お仲間発見!!」と思ってなんだか嬉しかったです。

    記事が消えるのはさみしいですよね…私も力作が2度続けて消えてしまい壊れるほどパソコンをたたえた覚えがあります…(汗)。
    お疲れ様です。
    …でもaiaiさんの感想を読ませていただけて嬉しいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1933-ad635c6a
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。