--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず好き勝手書けばいいじゃない

2009年05月24日 16:35

なんか疲れとちょっと体調不良があって(インフルでは決してない)
それで凹んでるのかもしれないけど。

なんか本当に観てきたのかな。
かなりばっさり書いちゃったけど
本当にそうだったのかなとか
自信がない一方で
なんか吐き出したい気持ちもたっぷりで。

でも書き出したらただの文句ばっかりで見苦しい気もするし
私はそんなにエリザ詳しくないし。
ていうかそんなに思い入れっつーか好きな作品でもないし(マイノリティ)。

文句言っても月組さんはこれから1か月大劇場、そしてもう1か月を東宝で公演する。
月組さんにとって掛け替えのない公演期間。
これで退団する人たちもいるわけで。

もっと良い作品にすべきだよね。
ファンとしても楽しむべきだよね。

だけど…なんだろうこのもやもやは。

とりあえず思った事を全部羅列してみようのコーナー。

↓あんまり良いこと書いてない可能性もありますので注意。
・まさおルキーニのTシャツのしましまはものすごく細い。(だからそこなの?)
・スーツも夏仕様。新調!(あんまり喜べない)

・ていうか今まで私はエリザの何を観てきたんだろうと思うぐらい
亡霊さん達の動きとか全く頭に入ってなかった件。
本当にエリザ興味なかったんだわ(笑)
そんな奴が語る資格があるんだろうか?でも語る。

・あーこトートは明らかに初日剣を振りまわす時思わずにやけた(カワユス)以外は
基本クールな俺様を崩さない。そういう役作りです。
基本何考えてるか分からない。ミステリアス。それがあーこにとってのトート。
うーんでもどんなトートがやりたいの?かっこいいトート?
ちょっと「シシィも惚れちゃうトート」をやりたいのかと思ったりもしましたが
すぐ話終わっちゃうから!

・黒天使は園加が管理職ポジに入ったおかげでなんとなく神秘性が薄れた気がします。
(ちなみに園加はプログラムの盛ってるヅラじゃなく前髪ちょろりんだけ残して普通のヅラでした。)
・トート閣下の心を表してたはずの黒天使が自由意思じゃなく指示によって動くようになったことで
感情じゃなくなっちゃった。組織っつーか所帯じみちゃった。ショッカー的な部下?
ファントム従者の宙→花の改悪を思い出します。(まさかの浮浪者設定!)
・そして今までより黒天使の顔がはっきり見えるライティングな気がするんですが
気のせいですか?ちょっと拗ねた感じの人たちに見えます。(それがトート閣下の気持ち?)

・プロローグの迫力があんましないと思う件。
やっぱり専科さん無しっていうのは厳しいと思うのね。重厚感っていると思うのね。

・カチャ子さん、スカートが短いと膝降りができないから最初が一番でっかい。
そしてシシィの自由を愛する気風というか、そういうのが希薄。
いや、普通に可愛い元気な女の子ですお。
ただ折角子供時代をやっているにも関わらずシシィってどういう人なのかちっとも見えてこない。
多分最初のお衣装は新調だよね?かわいい。

・マックスパパは色気駄々漏れだし歌ウマくなったし出来上がってると思う。
シシィを愛してる優しいパパ。文句なし。

・萌花ヘレネはドジっ子路線踏襲。そしてハイ!で気を失います。
気が弱いみたいです。

・「親戚の娘」が娘だけに「うちの娘もっときれい」って言われると思ってたので(素人)
プログラム配役ネタばれであんじたんを挙げておいたんですが
姪のしずくたんがその役でした。
…明らかに喧嘩売ってるわね。やるわねしずく。
あろうことか気を失ったゆりあたんに襲い掛からんばかりにしていた。
本当にこの子はこういうモブをやらせると生き生きする。
心底楽しんでやっているのが伝わってくる。そういうところが大好き。
大きい役も楽しんでやれたらいいな!

・皇帝の親戚になれるとちゃっかり握手を求めるのは後のジュラるうちん。
このあたりの下級生の小芝居はものすごくいいです。
ひまりちゃんとか本当に頼もしいです。
・みてーシシィがーっていうのがあんじたんかな?
・弟君のロープ片付けがいつも早い気がする。

・そしてお待たせしました。
トートのお椅子がせり上がりに変更。
まさに…ホーンテッドマンションのライド!!!(動きとか)

・それに乗って殿がけだるく登場。
この時の姿勢がかったりーとか言ってそうな坊ちゃん風味。
仕事に連れてこられてしょうがないから仕事しようとしたら拒否られます。
子供ちゃんだからね。
それで曲が流れだすんだけど、すいません大して動じてませんこの人。
…水しぇんは二度見までしたのに!!!

・カチャ子さんは確かに可愛いけど、あふれかえる生命力と精神の自由の申し子でも
超美少女でもない。
でもそれを相手に恋に落ちることはできると思う。技術として。
それをやってない。だからそういう演技プランなんだと思う。

・だから「まあ俺の歌でも聞け」ってことで歌うので歌詞に意味などありません。
ただ、お得意のナンバーだから歌うだけ。
コンサート開始。どう?かっこいいでしょ?
だから生きたお前に愛されたいとはかけらも思ってない感じだし、
青い血を流す傷口はないし癒されたいとも思ってない。
でも気まぐれで助けちゃう。あと始末は園加が全部やりますのでね。

・ベッド位置が上手に。で、トート閣下は歩いていきません。
周り舞台で自動退場しようとします。
ああこういう歩くのめんどい的なとこがさらに「かったりー」イメージ増強(笑)
黄泉の国のぼっちゃんだから何でも思い通りになるの。あれだけ子分いるし。

・シシィの待ってという呼びかけにもちょこっと振り向くだけ。
まあね、俺様はモテモテだからこんなもんだよね。超クール。
というのはあんまりだとして…トート閣下は人間の気持ちがわからないんだという気もする。
自分の気持ちもよくわかない。
というか…どうでもいいっぽいんだよね。何もかもが。

・で、まさおが出てきて言う。「閣下は恋に落ちてしまった。」
…あれ?意思疎通ができてないよ!?なんなんだこのひとたち。

・宮廷でただ一人の男だというゾフィのあいちゃんは
いわばゾフィのテーマ曲である「強く厳しく冷静に冷酷に」が一番苦手なキー。
もちろん見た目皇帝の母親に見えないのもあるけど、これが一番痛い。
最初のインパクトとして弱くなっちゃって、ゾフィが宮廷でどんな存在か印象付けることができない。
フランツに対してプレッシャーにならない。唯一の男に見えない。
年が出るように顔をわざと作っている感じなんだけど、ずっと怒っているだけにしか見えない。

・霧矢さん、こことバートイシュルの衣装がしっくりこない。補正も悪いんだろうけど。
もちっと直せなかったのか…はい肩幅がないからですよね。うんわかってる。
・なんか霧矢さんのフランツは力強い。持ち味ですかね。
ただもう少し葛藤があってもよかったと思う。
特にゾフィのプレッシャーと自らの理想とのギャップに対する葛藤。
皇帝執務室ではやはりゾフィが牛耳ってなければいけないと思うんだけど
そうは見えなかった。
霧矢さんのキャリアと学年に、歌でも苦戦してるあいちゃんが太刀打ちできるはずはなく。
だったら霧矢さんがどうにかすべきだったと思うんですよね…。
執務室メンバーでもっと練った方がいいんじゃないかと思う。

・結婚を!って言われて驚くんだけど、まあママが言うならって超素直な皇帝陛下
あんまし何考えてるかよくわかんない。

・バートイシュル。ルドヴィカみっぽーのシシィを叱る剣幕が凄いです(笑)
・フランツィはもっと元気いっぱいでくるのかと思ったのに、気品優先みたいです。
さすがにコメディの間はお得意。手の差し出し方がでらカワユス。
でも若さを出すためかもしれないけどあんな高い声でプロポーズされたらちょっとやだ(笑)
霧矢さんも恋愛の過程が見えにくいので気づいたら愛してたって感じなんだよね。

・「嵐も怖くない」はちょっと歌いづらそう。高いっていう心の声が聞こえてくる。(笑)
でもプレゼントあげようの下りからはお得意のキーになるので凄く元気になります。
ここビジュアル的にもちっとどうにかしてほしい。

・いきなり力が入るトート閣下。えっと全然気にしてなかったじゃないあなた。
自分を拒否ったひとがフランツィを拒否らなかったから?よくわかんない。
急にやる気を出してハプスブルグ家ぶっつぶせ。
なんでも自分の思い通りになるボンボンのわがままでしかありません。
力が半端ないので性質が悪いです。

・結婚式の時の二人が超絶可愛い。超にっこにこしている大夢たんカワユス(ファン)
得意満面です。そんなに嬉しいか。
ここのカチャのドレスはとにゃみのですね。

・あいあいが息子って言う度に誰のこと?って思っちゃう。
・リュウ様との並びが麗しいです。

・「最後のダンス」は元々代々トート閣下の趣味のロックコンサートだと思ってるんで(え)
今回だけが特別っては思ってません。(コラ)
お前を狙ってるぞってわざわざ言いに行くのってちょっと子供っぽいよね。
ここ「トートがシシィを抱きしめてみるけど突き放す」のが見せ場だと思うんですが、
あーこの場合抱きしめはするんだけど、それにこれといった感慨が無いの。
これだけ大げさなことしておいて、どうでもいいっていうクールな姿勢は決して崩さない。

・でも踊りだすと超元気!はっちゃけて生き生きしちゃうのがかわいい。
みんな俺のステージに来てくれて今日はありがとう。(しつこい)
歌ったら満足して帰っていきます。またクールな顔に戻ります。
いつも思うんだけど…何しに来たんだろうね。

・皇后らしくするんだは優しくて好きです。(ファン)

・嫁いびりをしているようには見えないあいちゃんのゾフィ。
いつも怒っている人という感じでした。
フランツィは、にぶちんで楽観的で全然わかってない感じがムカつく(笑)
でもおでこちゅーはときめく☆(え)

・「私だけに」はきちんと歌えてるけども感情が歌に載っていたかというとそうではない。
だから歌詞が胸に迫ってこない。
声が出て歌えるということと、シシィとして歌えるということは違う。
私にとっては、無理のない発声という意味でカチャ子さんの歌は好み。
でもこれは本来感動するシーンなんだよね。
シシィの強さ、生命力、孤独、必死さいろんなものを感じて泣かされたりします。
シシィが魂の自由を求めるあまり死を初めて引き寄せる場面。
その追い詰められた感がまるでなくて、小さな子が叱られて泣いている感じがしてしまった。
だからまだトートの手のうちにいるようで、トート自身も満足げに去っていく気がしました。

・夫婦の絆。
ガウンとかはとにゃみのっぽい。
この過程でやっとカチャ子さんがシシィとして、皇后についての自覚を深めている気がします。

・いろいろ飛ばしてハンガリー。
エルマーさん達の学年を考えると今回は結構高学年なんだろうなと。
あひにしてみたら4年前に同期のさららんが、
もりえは2年前に同期のひろみがやってるわけなんで。
学年でどうとは言えないとは思うけどそれまでのキャリア考えたら余裕があるのかも。
だからかっこいいのかな?長身に軍服が映えているのもあるけど。
それでも今回唯一3役をやっているもりえが初日に出色の出来だったのは
もりえ自身の成長の成果だと思います。髭も似合ってカッコよかった。
みりおのシュテファンが好きです。

・皇帝が発砲する兵士を押しとどめる時の怒号が凄いっす(笑)武闘派皇帝?
ここ夫婦の絆を感じちゃダメなシーンだよね?
シシィがフランツと立場を逆転するシーンだよね?初めて一人立つシーンだよね?
なんとなくですがシシィのフランツへの信頼が透けて見えるんですよね。
こう…待ってって言う時とか?学年差なんですかね?シシィが頼りにしてる感じが出ちゃってる。
さらには自らの仕事を助けたシシィへの愛情が深まるフランツ…ええ!?
まさかこの頼りなく美しいだけの子供のようなシシィが自分を助けるとは…
胸キュン☆(いや自分のためですyo!)
そんな戸惑いとともに絆が深まっちゃった感じに見えた。それってどうなの?いいの?
なんだかそういう風に見えるのってファンの欲目なんでしょうかね?きもちわるい?

・革命家さん達はなんだかこの作品中きちんと意思を持っている数少ない人たちだと思う。
それが閣下の手に落ちる。憎しみのあまりに。
きちんと皇帝から皇后へ憎しみの対象が変化していて面白い。
シュテファンとジュラは退場(ウィーンへ)時もちっと操られる感が欲しい気がします。
閣下から逃げてったの?エルマー追っかけてったの?

・カフェ
眼鏡ツェップスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!リュウ様のような色気はないですがガチャカコヨス。
神経質でネズミっぽい。この人間違いなくトートの僕だよなあ。(直観)
カフェのお客さん達なかなか豪華なメンツです。重役メンツですね。
ラウシャーが号外を届けにきちゃうもんな!
aiai注目歌手輝城みつるクンやカワユス千海華蘭クンもいます。
おばあちゃん誰?すごい可愛いんですけど。そしてまた編み物が伸びていくヨカーン。
しずくたんは可愛いけど前髪がぺったりしすぎだと思うよ☆
このあたりの小芝居は目がいくつあっても足りない。
号外は前はくしゃっとしてたのにペラペラのままみなさん放り投げてて
ルキーニにちゃんと片付けて帰ってねって言われてました。アドリブで。
まさおルキはこういう常識人っぽいとこがたまに出ます。ミルクでもだけど。
それが小さくまとまってる原因なんじゃないかとも思う。

・閣下、革命家のお仲間に入るとこも「僕興味ないけどじゃ一応」みたいな感じ。
あんにゅい。現代っ子(←死語らしい)

・締め出され陛下(そんな場面名ではない)
初日、霧矢さんの歌的にはこんな感じでした。↓
 鏡の間>ココ>嵐も怖くない>夜のボート
…えっときっと夜のボートが一番期待されてるよね?頑張れ…。

2日目はむしろここが一番印象深い。ちゃんとエも出るし(笑)嫌いじゃないキーなんじゃないかと。
理想に燃えて頑張っていたけどどうしても世界情勢がそれを許してくれないという苦悩が
にじみ出ていたと思います。
今はここのフランツの気持ちが一番理解できてるのかもしれない。
えりーざべーっのつがちょっと面白い。

・ここで「お母様」が出てくるのが唐突に思えるのは
やはりきりフランツにとってのあいあいの存在感の軽さのせいなんでしょうね。
パワーバランスの問題だと思う。これ霧矢さんの課題かもな。
ここでシシィが傷んでいるのはフランツとの愛が確固たる唯一頼るべきものなのに
それを取引材料にせざるを得ないという自分の存在の軽さ、力のなさへの失望。
本当はこんなことはしたくないという気持ちが出ています。

…普通に愛し合ってる夫婦をトート君が掻き回してるようにみえるんですけど
それでいいんだっけ?

とにゃぽんの拒絶シシィを観た後だからかカチャ子さんは普通の人に見える分
追い詰められ感とか孤独感に欠けているので
トートがいなきゃ普通に幸せだった気がしてならない。フランツも愛してるし。

おかげで主役はトート。
トートがハプスブルグを終焉に導く。その気まぐれから一人の女の運命を狂わせるために。

・ということで得意満面で呼びかけてみたら拒絶されるトート君。
初めての拒絶。(今まではシシィが気づいてないしそんなに興味なかったし)(え)
あれ?俺の手の中にいたはずなのに。
出てってって言われてしょうがないから一応お辞儀をしてみる。高貴な人が好きみたいだから。
でも「わからないーわからーない」(アムネリス様)なんでこんな目に?
…もし恋をしたというならここでしょうな。

・ミルクを求める群衆達の出て来方が怖い件。
凄い地響き。オケボックスに落ちそうな勢い。とりあえず事故だけは気を付けて!
ここは稽古場映像の影響であみりしずくカポーに超注目してしまうaiai。
しずくたんがどう考えても「赤ん坊」に持って帰るつもりは毛頭ないほど飢えてます。
まず自分が飲みたいよね。ていうか腹へってるんだよね。ぶったおれそうです。
でずっと手をつないでますこの二人。愛だね愛。

・大騒ぎがお好きなトート閣下はご機嫌。だってさっき振られたばっかだしね。
だから民衆を煽ってコンサート!こんなときは憂さ晴らし!
ショースター瀬奈じゅん本領発揮です。

・ちょっとすーちゃんのリヒテンシュタインが何か企んでる感じなので
ミルク風呂に入れてるのはこの人たちの好みなんじゃないかって思っちゃう。
むしろ閣下の差し金で民衆とかい離させるために周りがそうもっていってたりしてねとか。
そのぐらいあーこの支配力が隅々まで及んでる気がするし、偏執的に美を求める
シシィの追い詰められ感不足のせいかもしれません。

・そして鏡の間ですよ。霧矢さん初日はここで気持ちいいほど全開でした。
面白かった。もうねーシシィへの愛にあふれて迷いがないの。ポジティブ陛下。
いやもちろん全く迷いはなかったといったら嘘になるけれど、確固たる意志をもった陛下は
自らの意志の力で皇帝の義務も打ち捨て愛に生きる決断を下す。
シシィも思わず惚れ直しちゃう☆皇帝陛下の愛の完全なる勝利。
…ってえーっとそういうお話でしたっけ?

と、思ったら翌日は抑えてきた(笑)シシィのカチャ子さんの強さが出たともいう。
まあね、お得意キーなんでね、朗々と歌い上げたい気持ちもわかるし
ここ以降大して見せ場ないし(いやいや夜のボートが)。
トート閣下の魔の手がまだ陛下に伸びる前の話なんでね。

精神的に揺らがない素敵な陛下ですたけどもプログラムのあらすじと違っちゃうから。
ここはシシィの勝利の場面ですから。

…とまあちょっと間違った方向に行っちゃってましたけど
ファン的にはものすごい気持ち良かったです(笑)

・蚊帳の外に置かれてちょっと不機嫌な閣下。
「愛してる~」とか歌いますがちょっと不機嫌なのであんまり愛は感じません。

とりあえず異論反論覚悟でうpしてみる。
自分でも読み直して修正すると思います。


コメント

  1. aiai | URL | -

    Mさん♪

    ちはー(・∀・)ノ
    Mさんのコメントが呼び水となっているのか、
    最近コメントを下さる方が多くて嬉しい限りです☆
    本当にありがとうございまーす!!
    お返事が遅くて申し訳ありませぬ…。

    隠してあるのでお返事しづらいのですが…
    初日のことだけであれこれ言うのはやはりよくないのかなという気持ちもあるのですが
    まあ自分の記録というか、思った事を残しておこうかなと。
    やはりおっしゃるようにこういう作品というのが見えてる私たちにとっては
    未完成に見えるのかもしれませんね。
    もちっとカンパニーとしての方向性が見えたら…というもどかしい気持ちでした。
    そして早くまた観たい…のですが東宝ではタニウメがねぇ…(´;ω;`)

    霧矢さんのフランツ好きと言っていただきましてありがとうございます。
    私も大好きです。実は予想外の惚れっぷりです。
    もちろんファンの欲目でもっと出来ると思うからこそ、
    ファンだからこそこの作品・カンパニーにもっと貢献してくれたら嬉しいなあと
    欲張りにも思わずにいられないという…。
    いつもですが要求が高すぎるんです。
    しかし…きっとこれからべた褒め記事を書くヨカーン…

    ヽ(´ー`)ノ ただのファンでーす☆

    何をするにも最初に謝っておく
    臆病者で卑怯者(笑)のaiaiに温かい励ましをありがとうございました。頑張ります。

    ホーンテッドマンション私も大好きです☆
    でも幽霊さんが自分のとこに乗ってくるとなぜか凹みます(笑)
    閣下の椅子観たらTDLに行きたくなる罠。

  2. aiai | URL | -

    kさん♪

    コメントありがとうございます☆

    観るのが怖い気持ち、わかる気がします。

    でももし興味がおありになって、ご覧になる予定でしたら、
    こんないいかげんなレポなんぞに影響されるのはもったいないです。
    まっさらな気持ちでご自分の目で確かめるのが一番ですお。

    たとえそれが良くなくても、前回の公演は何も影響されないわけですから
    怖がることはないと思います。

    kさんを満足させられるように月組っ子たちにはがんばってもらいたいですね。
    とりあえず東京ではこんなの信じられないぐらい進化してくれてることと信じています。
    といって、私も次観られるには東京なんですよねーあーあ。

    励まし&応援のお言葉ありがとうございました☆
    またぜひ遊びにいらしてくださいねー(・∀・)ノ

  3. aiai | URL | -

    ぷー太さん♪

    ちはー(・∀・)ノ
    大作コメントありがとうございましたー☆楽しく読ませていただきました♪
    aiaiなんか前回月組もDVDでしか観てないど素人ですお!
    先輩の感想とってもためになりますた!!!

    > 前回月エリザはきりやんルキーニとあーこトート
    えっとあーこはシシィでしたお(・∀・)ノニヤニヤ

    > あ、カフェのおばぁちゃんは夏月都ちゃんだと思いましたけど自信ありません・・・
    ああやっぱりかなっつかあのほっぺは!!!!ありがとうございまつ!

    >パレードで階段から滑り落ちてびっくりしました。でも笑顔でしっかり歌ってました。
    ひい(((( ;゚Д゚)))そんなことが…!
    怪我だけは気を付けてええ!!!

    > でも、トートとエリザの役作り??が噛み合ってないような?まだ手探り?きりやんフランツとエリザの方が仲良しにしか見えなかったなぁ。
    ああ私もあの二人のがわかりやすく仲良しだったと思います☆

    > 自分でも何言いたいのか分かりません(泣)
    (爆)(爆)(爆)どうしました!!?
    こんなところでてんぱる必要はないっすよ(笑)

    > フランツ低いところもちゃんと歌えてましたよぉ。締め出し場面と、夜のボートが特に良かった。フランツの前髪?がフサフサで好きですwふんわりしてる。
    漏れなく低音を心配されまくっている霧矢さん…愛されてる(笑)ありがとうございまつ!!
    ふさふさカワユスですおねー!おっさんっすけどねー!ラブー!

    > あひちゃんのルドルフすっごくよかった!!
    > すーちゃんリヒは思った通り強そうでした。もう一皮むけそうだなぁと思ってみてました。
    > フィナーレの男役群舞で、そのかが後から階段から下りてきていて、嬉しかった。
    > ウィンディッシュはスタンダード?な役作りでカチャさんエリザとのバランスよかったかな。
    超同意です。
    自分ではこう思ったけどみなさんどうだったのかなといつも思うので
    こういう感想素直に嬉しかったです。

    また観られるといいですね!

    > 長くなりすぎました。ごめんなさい。
    いえいえ大歓迎でーす☆
    ありがとうございましたーまたぜひあそびにきてくださいね(・∀・)ノ

  4. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  5. ぷー太 | URL | -

    今日見てきました!

    エリザは前回雪組と前々回月組を一回ずつみて、後は花組をDVDのみで見ました。

    同じ脚本なのに、今回は全く別物の作品みたいに感じるのが面白いですよね。
    キャスト違うし当たり前ですかね?w

    前回月エリザはきりやんルキーニとあーこトート
    花組DVDはゆみこたんルドと春野さんトート
    再演雪組はゆみこたんフランツと夏希さんトート

    が凄く印象に残ったんです。

    そして、今aiaiさんの記事を読ませて頂いて、あぁ、難しいぃぃと思いましたw

    あ、カフェのおばぁちゃんは夏月都ちゃんだと思いましたけど自信ありません・・・

    まだ始まったばかりですし、これから良くなるかな??
    プロローグは全体的にこじんまりしてるような、コーラスが弱いように思いました。
    あーこトートはクールでしたねぇ!
    これには激しく同意です。夏希さんがすっごく表情豊かだったから余計にそう感じたのかも。
    いや、とってもカッコ良いんですけどね!
    カチャさんは思ってたよりとっても良かったです。というか、凄く頑張ってるなと。
    うちの母は「あの子がやる意味が分からない。娘役の声じゃない」と好きではないみたいですがw パレードで階段から滑り落ちてびっくりしました。でも笑顔でしっかり歌ってました。
    足痛めてないかな?心配・・・
    でも、トートとエリザの役作り??が噛み合ってないような?まだ手探り?きりやんフランツとエリザの方が仲良しにしか見えなかったなぁ。
    自分でも何言いたいのか分かりません(泣)

    フランツ低いところもちゃんと歌えてましたよぉ。締め出し場面と、夜のボートが特に良かった。フランツの前髪?がフサフサで好きですwふんわりしてる。
    あいあいはママには見えないけど、頑張ってて嬉しくなりました。でも確かに意地悪顔のせいかいつも怒ってましたね。
    あひちゃんのルドルフすっごくよかった!!
    闇に広がるは引き込まれた!あひちゃんがやっと出てきたー!感があったから?
    マダムヴォルフは一回声ひっくり返っちゃてたけど、お歌上手でした。が、鬘とメイクがヤマンバみたいで・・・宝塚メイクじゃないと思ってしまった。
    すーちゃんリヒは思った通り強そうでした。もう一皮むけそうだなぁと思ってみてました。

    フィナーレの男役群舞で、そのかが後から階段から下りてきていて、嬉しかった。黒天使たちもクールだったなぁ。

    ルキーニはとっても印象うすいですね、やっぱり。今までが濃ゆすぎたのか?がんばれ!お衣装はちゃんと見てこようと思ってたのに、忘れちゃいました。

    ウィンディッシュはスタンダード?な役作りでカチャさんエリザとのバランスよかったかな。

    もう一回見たいな~無理かな~
    なんだかんだ言ってもエリザ好きです。
    きりやんフランツの歌は心地よいわ。特に夜のボート(気に入ったみたい)
    トートはもっとエリザを見てほしい。
    カチャさんももっとエリザになって!

    長くなりすぎました。ごめんなさい。



  6. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1928-9036837c
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。