--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この時代に生きる

2009年04月17日 23:28

…生きてないだろorz
と、歌詞につっこむぐらいテラ昭和。
蘭寿さんもみちこも浮くぐらいの昭和初期ぶり。
いや、それは決して否定しないし、むしろ嫌いじゃ無いし、
今後突き抜ければきっと面白い感じになると思う。
思うんだけど…音楽が…orz
全く同じような眠たい曲調並べやがって!(おかんむり)
※私はこんな感じでかなり辛口ですが、私の周囲には綺麗だったと概ね好評です。

ひたすら変わり燕尾、ひたすら群舞なイメージ。
途中ラテンなのに血は燃えない感じ。
終始同じようなゆるいテンポに蜂蜜の砂糖漬けのような甘さを畳み掛けるような単調な構成。
「それこそがロマンチックレビューだ!」って言われたらしょうがないのかなとは思うけど、
昭和は意外と地力を要するので、初日のひととおりなぞった感じでは
どうしても物足りなさが勝って感じられてしまう。
サヨナラ感はほとんどなく、何となくあっさりし過ぎている気がするのは、
出演者からまで「サヨナラショー」呼ばわりのアビアント観たばかりだからですかね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1885-a73b80bd
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。