--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイディア雑感

2009年04月04日 01:16

まあネタばれ全開でおおくりしております。

携帯からも書きましたが
あんなにミュージカルナンバーっぽい大合唱が何度かあったのに
物語の起伏が感じられず
特に何も起こらなかった気がするのは
景子たんには大きく物語を動かす力が足りないからかもしれません。
静物画と細密画は描けるけど動きのある話になると途端に記号みたいになる。
感情がぐあああと動くポイントがおかしいのかもしれん。

もちろんストーリービル閉鎖でしいちゃんとあすかはサンフランシスコへ行くし
みんなも貧しくて困ったことになるんだけど。

水曜は主婦の会だったので某tさんと観てたんすけど
「景子たんゴスペルがやりたかったんだね」という結論を出す俺達。
だって折角の専科さんの出番があれだけってね。

音楽の力を描きたかったのかもしれないけどもそれが何かを変えたりはしない。
音楽こそがジョイなんだっていうのはわかるんだけど
結局は「ちょっとイイ話」止まりなのがなんとも…。

ストーリーとして描きたいもの(トウアスの恋愛)とやりたいこと(ゴスペル)に
たいしたつながりが作れなかったのが敗因かな。

他にも肩すかし設定がてんこ盛りでいろいろともったいない。
電波娘ねねがただの片思いで結局何もしないとか。
でも御大層にしい様ととうあすに並んで4重唱歌っちゃうとか。
ともみん無駄死にとか。(コラ)
数々の素晴らしい演出効果が全て肩すかしな結末を迎えると
なんつーか、結局何も起こらなかった気がしてしまいます。

あすかがものすごく可哀相でした。
いや、役の人物がだけど。
漫然と流されてきて初めて生きる喜びをみつけたのに
即座に奪われるっていう。
でもいい役だよね。

一方トウコさんは凄く幸せだったと思う。(役がね)
最初から最後までみんなに愛されてて。仲間にも恵まれ、家族にも恵まれて。
っていうか弟妹がかわいすぎ。
aiaiの大好きな音羽みのりちゃんと大輝真琴君だけじゃなく
美少年みやるりまで!!!ああにいちゃんって言われたい(え)
この兄弟の一員だったら超幸せだろうなって思う。入りたい。(無理)
まあうざいお母さんもいるけど(笑)
トウコさんができた時にお父さんが出ていったはずなのに
その後3人も子供がいるってどういう…モテモテやん?(コラ)
貧しくて苦労したというけど、ともみんちに比べたら経済的にも安定してそうだし
職を失ってもすぐに食いっぱぐれる感じでもないんだもん。
んですぐとよこさんが助けに来るしね☆(違)

ルルとのことはパレルモの時と同じく回想形式の難点で
結末がわかりきっているのが盛り上がりに欠ける。
最初から過去形なので若気の至りっぽく流れている気がします。
鈍い痛みでしかなかったと思う。

ちえはアレだよね、あすかがいけないよね。
姉ちゃんが甘やかし過ぎた。超ダメっ子。超甘ったれ。
どんだけ子供なんすか。
ちえの新たな魅力開拓ですか?母性本能くすぐり作戦?
ねえちゃんって泣くちえはカワユスですが
うん、好みじゃないね☆

しぃ様は正に顔役っていうアイコンでしかなく。
トウコさんとあすかを奪い合う相手ですけども決して同じ土俵に降りてくることはない。
冷酷なんだかあったかいんだかよくわからないキャラですけど
素敵な大人の男性という位置をきちんと確立しているのが素敵ですた。

なんかもちっと絡めなかったかなーとも思うけど。
景子たん自身があの世界を肯定しまくってて壊す気が無いんだものな。
物語が動くわけないもんな。

ぶつかり合わないからどこまでいっても平行線。
それも切ない気がします。

でもやっぱりトウコさんが幸せだからいいかと思う。
話が徹底的にぶっこわれてたりはしてないし。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1871-0809099c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。