--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-COLLECTION その2

2009年03月25日 00:33

顰蹙な記事をうpしたので早いとこ続きを。
もう遠い昔のようでもあり、そうでもない気もします。
またお着替えの区切りまでです。

ああこれからご覧になる宝塚の皆様がうらやましいです。
いつも大劇場公演楽後の関西の皆様はこんな気持ちなんでそーか。

それにしてもあっさり終わりすぎですが。(DSだかんね)

quando,quand,quando
お着替えして後ろから登場です。
どうやら夜はうひたんにウィンク飛ばしたらしいっすね。
ああ観たかった。

まあ練り歩きながらお客さんを釣る曲なんですね。
歌詞は日本語まじりで。
お客さんを見つめながらハミングとか怖すぎますYO!

「quando」はイタリア語で「何時(いつ)」なので
元は「君はいつになったら僕のものになってくれるんだい?」とかいう内容の歌だそうです。
なんつーかなぜかマウロ君を思い出す俺。
イタリアだから?
なんかさ、ボサノバっぽいし。
うん。思いだすって観てないけど。映像だけど。
成長されますたなああああああ。

最終的には曲終りにたどりついた最前列あたりでひとりのお客さんに手を差し出します。
どっちの回か忘れましたけど
「まわりにひゅーひゅー言われつつも大喜びで拍手し続けるお客さんと
上から目線で睨みつけ見つめ続けつつずっと手を出し続けるどS霧矢さんの戦い」

とか、非常に面白かったっす。

最終的にはにっこり笑って舞台に上がり
そう、こちら↓
K-COLLECTION fromTAKARAZUKA
~It's De-Lovely(『A-"R"ex』フィナーレより)
もうね、衣装がね、実はA-"R"exフィナーレの衣裳なんですよ。
続いて出てくる3人娘もそれぞれ
まなちゃんがシビ様の
ゆかちゃんがれみたんの
ゆずはたんがタキさんの(そして巨乳)(黙れ)
フィナーレのお衣装を着ています。
これ絶対歌ってやろうって思ってたそうです。
初日直前に諸々の事情でばっさりカットだったと悔しがってますた。
新調のお衣装だよね。うん。しってる。
でも霧矢ファンでDS来るようなファンならDVD買ってると思うYO!
まぁ…いろんなお客様がいるもんな☆

確かシビ様はサロンコンサートでお召しでしたが
その後日の目をみなかったお衣装に観てる側も感涙。

てーかまなちゃんの裾のひきずりっぷりがカワユス。
シビ様元男役でお背がおありですもんね。
お衣装を着れた感想を聞いてるのに、
今後に向けての抱負を無理やり引き出そうとするのはやめてください。
でもまなちゃんから「素敵な女役さんになりたい」って言葉が聞けて
泣きそうになるほど嬉しかったっす。
ほんと頑張ってね。応援してる。

嬉しいことにDVDより長くて前半部分も歌ってくれるのー!
ああこれホント生で聞きたかったから嬉しいよぅ。
でもこれ終わったら私の中ではシビ様の『ALL THE WAY』が続いてしまうんですが
がらりと変わってこちら↓になっちゃうのには思わず苦笑。

  もののふの道(『大坂侍』より)
娘役ちゃん達はいちどはけてまたしっつぁん登場。(いや特に何をするわけでもなく)
この時のお顔が好きだったなーきりっと締まって、またしっつぁんになるのね。
蛇燕尾だけど(笑)
歌詞で「わい」だけど。
いい作品だったけど曲はなあああ歌詞もなあああああああ。

あ、お化粧が普通だとそんなに蛇じゃなかったです。>燕尾
わりかし気に入ってたから誰にも着られないまま倉庫の中で待っててくれて
皆さんの前で日の目をみて嬉しかったそうです。

しかし霧矢さん…自分で自分の役名言えてなかったYO!
「呼びにくいね。自分で呼ぶことないからいいけど」(失言その1)

霧矢さんいろいろと言っちゃいけないこと言ってましたのでここでは
逐一あげつらっていきたいと思います。(やっぱりS)
後ろから再度トリオが出てきてコーラスに入ります。

 Will Be Good(『SLAP STICK』より)
良い曲だなああああ。誰作曲?
って調べたらHedwig & The Angry Inchの曲でやんの!!!
…すっかりオリジナルだと思ってたよ俺!!
てかよく著作権ひっかかんないなこれ。

ああ良い歌です。歌詞は小柳先生なのかな?きっと。
元歌は題名まで違うもんね。他にNY・NYが違う歌詞で歌われたりしてたし、
小柳先生はイケコ師匠を見習って知ってる名曲に歌詞つけちゃったんだにゃー。

しかし…私も観てなかったけど2002年の作品だもんね。(所詮初心者です)
みんな知らんよね。>トリオの娘たち
まなちゃんは初舞台かぁ…ラッキースター☆
でも心を一つにしたコーラスが胸に迫ります。
オレもがんばろう。(何を)

 琴時雨(『夢の浮橋』より)
ああもう最高だよ何も言わないよ。(泣きながら)
昼公演は間奏で寄り添ってくれるしずくたんの不在を思いましたが
夜はちゃんと振付加えてた霧矢さん、偉いと思いますた。(上から目線)(気のせいかも)

MCでこの曲は太田先生の作曲です!と攻めに出る霧矢さん。
楽はインタビューしちゃおうかなと「この曲はどんな風に作ったんですか?」とマイクを向ける。
返事が無いので「やっぱり霧矢さんが歌うのを想って?」と先取り(またか)
それをオウム返しして「オウム返しじゃつまらん」と言われるも
さらに頑なにオウム返しを続ける健先生。
えっと怖いの?このおっさんが怖いの?(コラ)
目を合わせようとすらしない太田先生。
ああ在団年数が負けてるんだね!それじゃしょうがないね!!
最後のご紹介で「宝塚ニューサウンズの王様」と紹介される太田先生も
霧矢さんより後輩ってことなんでつね?
…タカラヅカって怖いところでつね!!!(どんなシメ)

 Charade(『Jazz Mania』より)
ここのね!曲の変わり目がね!

…夜は息が合ってないこと(爆)

健ちゃん合わせて!いやどっちの責任か知らないけど。
昼は鳥肌が立つほどどんぴしゃでした。(きっと偶然)(背中あわせだもんね)
曲とライトと振付がぴたっと合うと超かっこいいんだよー!!!!
ていうか神。

ああこの編曲最高だ。
こう、迫ってくるようなベースとね。急きたてるようなペットとね。
ここで3人とそれぞれ絡みます。
3人ともきっと初めてぐらいの経験だと思うのに、
凄くきれいですお!!!
まなちゃんのターンしゅてきしゅてきしゅてき。
後ろから絡むゆかちゃんは後ほどMCで
よく霧矢さんに足を踏まれてることを暴露されていましたが
それまでも「嬉しいです」とカワユス。(避けような!)
お稽古場映像で観られますけどゆずはタンの足あげが威勢が良くって大好き。
この子実は大柄だから見栄えするよね。
お衣装はちょっとダンス向きではないですけど雰囲気出てました。
豪快な反りを霧矢さんに褒められてますたね。柔軟性あるのはイイ!(好み)

この曲はみっきーとみつえたんのコンビの作品だったので
今回両先生とお仕事するに当たり是非とリクエストしたそうです。
みつえたん(若央先生)も昔はいい仕事してたね☆(コラ)
全ツで歌った時は嬉しかったけど今思うと「まだ青かった」だそうです。
今回はなかなかお似合いですたよ。

しかしこれこそ2000年初演っすよ。全ツも2001年。
まなちゃんは音校生だし他の二人はまだファン時代っすよねえ。

そんなこんなでジェネレーションギャップを感じるのはいいですが
「生まれてた?」って聞くのはやりすぎです(失言その2)
なんかこう関西のおっさん並のボケは流石にいけないと思う。
「自分研いくつやねん!」と突っ込めとお手紙を書こうかと思いました。
まなちゃんファンの甲冑さんよろしくお願いします。(晒すな)

まあここでこれまで書いてきた内容のMCを挟んで
「私たちのこのショーに掛ける想いを歌います」という前振りで歌いだしたのが
コチラ↓
That’s Life
日本語の詩はみっきーかな?
これがねえええものすごいナンバーですた。
鳥肌たった。

まずとっぱしがソウルフルかつパワフルな二人のコーラスとまなちゃんのソロで
それはそれは度肝を抜かれます!!
かっけええええええええ!!!
レベル高けええええええ!!!

霧矢さんも負けずに大得意キーで聴かせます。
声量といい、伸びといい、迫力といい、最高ですた。

まあ歌詞がね。
夢を信じて決して負けないぞ☆
みたいな感じでね。
「それが変えられない生き方」とか歌われたら。
もうファンとしたらね。
信じてついてくしかないでしょこれ。

すげーパワフルですた。
今までにないほどガンガンひっぱられているのを感じますた。
歌いあげがもうラストですか?ってぐらいの盛り上がりで。

その霧矢さんが退場した後も長いこと3人のコーラスで持たせます。
それに全く無理がない。遜色なし。
3人とも素晴らしかったっす。
特にまなちゃんのシャウト!
本領発揮ですた。か~っこいい!!!

ここで終わり?ぐらいな盛り上がりでしたが
なんとここから超展開です。

宝塚でこんなに美しいバイオリンを聴けるとは思いませんでした。


と、続きはまた今度。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1861-0386bed1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。