--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花組新公

2009年02月26日 23:16

観て来たよ(・∀・)ノ

のっけからだいもんの歌の上手さにときめきまくった。
もっともっと聞きたい。
前から上手いとは思ってたけどあんなにたっぷり聴けたのは初めてなので度肝抜かれました。凄い武器だね。
ハート持ってかれる寸前でした。(踏みとどまった模様)
花組さんの新公はみちゅる主演のパレルモ以来ですが(笑)
全体的にかなりレベル高くて抜群の安定感でした。
ちっとも穴が無い。
既に本公演で主要な役に入ってるめぐむやらいらいがまだ新公学年なんだもんな。
層が厚いはずだよ。
中でも満を持した感じのだいもんの初主演を観られて幸せでした。
しかもミュージカルだしなぁ。
この人台詞声が可愛いので中身は少年風味だけど、
顔は大人びていて表情はたまにおやぢというアンバランスさが非常に面白かったです。
「生まれながらに王」みたいな凛々しさなので、ホゲに王位を譲るのがなんか不自然だったし、
理性的であんまり恋しない感じなので駆け落ちとか「君と共に自由に生きたい」とかいうのがかなり唐突に思えたけど、
あの歌声と堅実な演技でねじ伏せた感じ。
今回は元の脚本の荒が新公で明らかになるパターンでしたな。
しかし長丁場お疲れ様でした。
本公演の1幕の幕切れシーン後、なかなか次へ行かないのでどうなるのかと思ったら
そのまま銀橋出て歌だったので驚きますた。
む、無茶させる…。
すみかタンは首の詰まった衣装があんまし似合わないのであの赤い一張羅が残念な感じでちと凹みましたが、(私が)
正しくキハで強くしっかりモノのお姉さん風味な時よりも、後半ふと頼りなげな風情が出るときのが魅力的。
歌上手くなったよね。
ホゲ役の鳳さんは初の大役にしては上手かったと思います。
まだ下級生らしいとこがあったのがかえって初々しくて安心した(笑)
スクスク育って欲しいと思います。
だいもんも鳳さんもまぁ君のWSでも御活躍だったので上手いとは知ってたんですがここまで完成度が高いとは驚きでした。
プルキルのまぁ君は神話時代カットで歌も「じじいコス」も無くてかなり割りを喰ってましたが流石の存在感。
れみたんはあそこまで子供子供しない役作りも観たかったかな。
でも可愛かった。でれでれ。
オレの涙腺刺激剤一花の役を頂いてた、これまた大好物のゆまタンが
かなり歌えてたのを観て泣きますた。
上手くなったなぁ頑張ってるなぁと。
んでこの人の凄い好きだなぁと。
ものすごくひっそりとだけどこれからも心の中で応援していこうと強く思う。(何その後ろ向き加減)(身が持たない)
新公のセーム様も本公演に負けず劣らず恐ろしかった。
緩急合わせ持つ、じゅりあとはまた違う役作りにきらりタンの美貌がマッチしてました。
そろそろ限界。後はおいおい語れたらと。

あ、街角のヒゲ率の高さが凄いことなってた。
新公の常として、武道大会と戦闘シーンを支えてたのが主に娘役だったわけですが
素晴らしいキレ味ですた。
花娘の底力を見た。

ああしかし長かったし新公は体力使うなぁ。
もちろん仕事帰りにヅカていうのも久々だし昨日寝て無いから自業自得ですけども。
カットされた歌がホゲキハの婚約式しか思い浮かばない。
演出の生田先生て新人さん?
演出家の育成も急務なわけですが上手いことつないでたんじゃないすかね。
今後に期待。

では次回は土曜に法廷でお会いしましょう(・∀・)ノ

異議あ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1848-6b652544
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。