--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千秋楽ですねパラダイスプリンス

2008年12月28日 01:06

宙組ファンの皆様はお疲れ様でした。

風邪ひいたりいろいろあって結局2回しか観られなかったわけなんですけど
好きでした。この公演。

しかし…夏さんも最後だって知らないで観てた…○| ̄| _

じつはかっしいや紫咲大佳君は舞台じゃ見分けがつかないんです…。
退団者の皆さんがニューヨークのあのへんに出てるのは知ってたんだけど
誠にすまんことです。

でも夏さんは…
最近ニュースとかちゃんと見てなかった…ごめんなさいいいい。・゚・(ノД`)・゚・。
ああA/Lのウメちのパパが…○| ̄| _
優しげな柔らかい雰囲気が好きでした。
バレンシアの執事さんもひそかなツボでした。

パラプリとダンシングフォーユーについて一言だけ。
お芝居はタニオカさんの優しくて純粋でまっすぐなとこが生かされた演目で
良かったなあと思いますです。

かなり他愛ない内容で
蘭とむもみちこもどんな役割を果たしたのか
いまいちよくわからないんですけど(言っちゃダメ)
二人ともキャラだけで押していく技術をいかんなく発揮していたし。
いやー凄いよ。

もちろん突っ込みどころは数知れず。
私としては
ただのバイトのウメが、なんで彼氏の職場に大きな顔して入り浸っているのか
さらには登場しただけであんなに大騒ぎしていた皆さんが
なぜ一転して全く気にも留めてないのかが非常に気になったりしていました。

ともちんが新境地を開拓していたり
まちゃみがなんだか痩せてきれいになってたり
伯父さんのあもたまがなんだか憎めない感じだったり
なかなか見所満載ですた。
ありすちんの声の出し方が柔らかくなっててよかった。
2Dチームとお友達チームは一遍に出てくるので
細かくチェキするのはなかなか難しかったっす。

たっちんのアンジェラがお酒に酔って荒れている時に
みっさまがものすごく興味深い感じで見ているところに
密かにおぼっちゃまらしさがにじみ出ていたところが好きでした。

同じぼっちゃまでもタニオカさんが自分に正直にある意味不器用にしか生きられないところを
飄々と割り切って生きられるみっさま。
もちろん風莉じんさんという頼もしいパパがいてこそなんだろうけど
その後の彼らの友人関係とかを考えると愉快です。

ショーでは
1.ニューヨークの総踊り
2.(●▽●)がアラビアの呪文を唱えると後ろからとむが追いかけてくるとこ
3.スパニッシュのみちこマラゲーニャ

が3大大好きシーンですた。

ウメちの銀橋渡りの歌に悶絶しながらも
チギ太さんがものっそい精悍な顔立ちになっていて感動しました。
カフェブレでご本人もおっさってましたが
群舞の中でもキラリと光る表情が作れていて
成長ぶりに驚きました。

野太い声のダルマさんでも美脚を披露。
足長宙メンの中でも負けずに色気も大放出ですた。
いいもん観た。

タニオカさんはほんと出ずっぱりでしたがパワフルで面白いし
何より余裕が出てきたなと。
ウメファンとしてもものすごく頼もしかったっす。

タニウメって振りのシンクロ度はものすごく低いんですけど(笑)
でもウメちをやりたいようにやらせてくれてるところに包容力を感じるし
見つめあった時には信頼が見える気がします。

あのプロローグで肩をくいくいって横に揺れる振りで(わかりづらい)
明らかにウメちのが激しく動いてるとこがツボでした。

ウメは精いっぱいを舞台にぶつけていて楽しそうでしたし、
私の好きなリアルな芝居はやっぱり現代劇に合っているなと。
歌は初日に比べれば随分よくなってたと思います。

もちろん後半とショーはきっついものがあったりorz
もちっと高音を力まずにできれば裏声で出せるといいんだけどな。

とにかく無事千秋楽を迎えられてよかったね。ウメちゃん。

次はベルばらっすか…。(遠い目)
なんとか駆け付けたいと思ってます。

最後にたっちん。
歌はもちろんですが、お芝居が、笑顔がもの凄く好きでした。
間違いなく外の世界で活躍してくれると信じてます。
頑張ってね!!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1768-ba283761
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。