--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯でちまちま

2008年12月10日 23:50

大野君と源氏物語を携帯で語るのは無理だからショーの話とか。
おもむろに始まるのであわあわします。
あいあいが檀ちゃんがBMBで着てたみたいな白い羽根が手の甲についたドレスで
踊りながら登場。
続いて娘ダンサー達が続きます。

今回何故かJAZZYやレビュドリのことがしきりに思い出されてならなかったのですが、
きっと組構成が大きく変わった後初めてのショーだからなんだろな。
ここでもJAZZY冒頭の妖精王あーこを取り囲んでいた面々を思い
世代交代を意識させられました。
ぽーやこの作品で卒業するちわこが引っ張ってきた月娘ダンサー達。
85期も中堅どころかぁと目頭が熱くね。

で、お待ち兼ね(特に私)専科さん達キター!!
雷様の萬ケイさんの角カワユス。
そんな皆さんが待っていた人が来るよ~と言われて幕が上がると
…ちょっ!!いつからそこに!?すんごい男前が………

どう見ても捕まってます(・∀・)ノ

しわ一つ無いセットに囚われの身。
いったいどのくらい前からスタンバってたか苦労が忍ばれます。

世界を染め上げるとかうそぶいてますがそのままじゃ手も足も出ないと思うyo!

と思ったらデター(・∀・)ノ
よくある展開です。
でもあのセットよりその尻尾の方が失敗だと思う。

フ リ ル つ け す ぎ ☆

階段の上は良くても、降りた後は
ドレス着た姫が裾たくしあげて頑張って踊ってる感じで
折角のかっこよさが台無しだったからすぐ外してくれてほっとした。

まぁそんなことはどうでもよく、その後ろから誰よりもキレキレに踊りながら降りて来る城咲さん。
どう見てもトプ娘役。
その貫禄はいったい。
眼力がリュウちゃんぐらいあった。
しゅごい迫力に惚れ直しました。

そして今回主題歌がお得意キーど真ん中のヒロムたん。
やっぱり笑顔が一番す(*´Д`)
主題歌CDを少しも早く私に。
(しかし歌詞をじっくり聞くとこっぱずかしいあほあほぶりが仄かに薫ります)
青木先生の曲はホントキャッチーだ。

そして突如まさおの歌できりあいコンビ中心の複数カポーの踊りに。
以前から歌ウマだと思っていたけどやっと本公演で大きいソロが来たまさお。オメ!
今回まさおが地味に(?)来てます。
それも全く危なげない出来。
流石スター。
ホント歌うまいにゃ~。
後少し筋力つけてくれたら無敵だ。

総踊りは鳥肌が立つほどのパワーと迫力です。

そしてお着替えを済ませた殿が上手花道から走り出た~!
しまいにゃ全員で銀橋渡りですよ。
王道だなぁ。たまんないね!
あーこ脱皮からここまでだけを何度もリピしたいぐらい好き。

しかし最後はあーこ中心にきりあいで挟んで銀橋に残って踊っているんですが、
やっぱりここでも一人抜きんでた顔芸を繰り広げてくれる城咲さんに釘付けですた。
嫁入り前にここまでだし切っていいのかと心配になりました。
大好きです。

しかし私もオープニングだけでこれだけ頑張ってどうする。
もう親指痛いんですが寝ていいですか(誰も期待してないヨ)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1748-c2d0d846
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。