--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルばら外伝は3部作だったんでは…? バウ・中日

2008年08月30日 21:38

長いので分けてみました。
あんまし意味なかったかもねん。

てかコソーリ バウの座席価格も値上げです…orz

バウで5000円。・゚・(ノД`)・゚・。
青年館で6500円。・゚・(ノД`)・゚・。

中日はいくらだったか覚えてない件。たぶん500円ぐらい上がってる。

以上悲しいお知らせでした。

8月29日(金)、2009年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、宝塚バウホール、東京特別公演<1月・雪組>の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

雪組
■主演・・・(雪組)音月 桂

◆宝塚バウホール:2009年1月8日(木)~1月18日(日)
<座席料金:全席5,000円(税込)>

◆東京特別(日本青年館大ホール):2009年1月23日(金)~1月29日(木)
<座席料金:S席6,500円、A席5,000円(税込)>

バウ・ピュア・ストーリー
『忘れ雪』
原作/新堂冬樹「忘れ雪」(角川書店)
脚本・演出/児玉明子

瀕死の子犬を偶然拾った深雪は、「忘れ雪に願いをかければ必ず叶う」という祖母の教えを信じて、子犬の回復を願った。そこへ獣医を目指す桜木が通りかかり、子犬を治してしまう。不思議な力に導かれて出会った二人は、次第に惹かれあっていく。やがて二人は、深雪の家庭環境により別れの時を迎えるが、「七年後の同じ時間、同じ場所」での再会を約束する。そして二人は、必然とも言える再会を果たす。しかし二人の空白に、幼い日の思い出が甦った時、深雪は失踪する……。愛し合っているのにすれ違う二人の美しくも儚い純愛物語。


児玉っち、ヅカ禁断の(?)現代日本物に手を出してしまいましたね。
原作ありだから期待できそうです。
パクちゃん購入済の原作↓


ジャケ買いしそう(*´Д`)(犬フェチ)

こちらは主な配役が同時に発表に。

桜木一希・・・音月 桂
橘 深雪・・・舞羽 美海
鳴海昌明・・・凰稀 かなめ


新公ヒロに引き続き舞羽さんがキテますね。
新公観てない私としましてはお掃除寝坊した舞羽さんと覚えてます。(酷)
テレビで拝見した限りすごいカワユスですた。がんがってください。
そしてキムテル。きましたかキムテル。どんな相性なんでしょうね。
とにかく麗しい並びでつねぇ。

ちなみにカラマーゾフの配役も発表になりましたが
そっちはまた今度…。

で、お待たせしました(●▽●)ファンの皆様(待ってないよ)(古い情報ですよ)

8月29日(金)、2009年宝塚歌劇公演ラインアップにつきまして、中日劇場<2月・宙組>の上演作品が決定いたしましたのでお知らせいたします。

宙組
■主演・・・(宙組)大和 悠河、陽月 華

◆中日劇場:2009年2月1日(日)~2月23日(月)
<座席料金:A席7,500円、B席6,000円(税込)>

宝塚ロマン
『外伝 ベルサイユのばら -アンドレ編-』
原作/池田理代子  外伝原案/池田理代子
脚本・演出/植田紳爾

フランス革命の動乱に翻弄されながらも、強く悲しく美しく生き抜いた人々の中で、オスカル一筋にその人生を捧げ、数奇な運命の苦難を乗り越え生きたアンドレ・グランディエ。その波瀾に富んだ人生に焦点を当てて描いた作品で、2008年より全国ツアー公演において、主人公を変えながら3部作として上演してきた『外伝 ベルサイユのばら』の最後を飾る公演となります。
 
グランド・レビュー
『ダンシング・フォー・ユー』
作・演出/中村一徳
  
夢、愛、若さ、情熱に満ちたエネルギッシュなダンシング・ショー。パリやアメリカを舞台にしたオーソドックスな宝塚レビューの中に、都会的でシャープな感覚溢れるダンシングシーンを繰り広げます。



まずつっこみたいのは3部作の最後を飾るのは3作目なはずということです。

2008年より全国ツアー公演において、主人公を変えながら3部作として上演してきた『外伝 ベルサイユのばら』の最後を飾る公演となります。


…それじゃ4部作じゃん!!!

ただ、おかげで本公演はないんだろうなという安堵の気持ちでいっぱいです。

え?外伝じゃないのが来るって?

あは、あはは、あはは、( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
ヽ(´ー`)ノ しーらないっと

タニオカさんのオスカルが見られないのはとっても残念ですが(棒)
まゆさんオスカル楽しみにしています(・∀・)b

う、ウメは…む、娘役だってば!!!
念願のジャンヌとかをやって裏設定でアンドレと絡むがいいと思います。(どんなトプ娘役)

あの日本物にぴったりな中日劇場の緞帳が上がるとそこは
ベルばらの世界という異次元展開を
なぜかwktkして待っている自分がいますね。うん。怖いね。

でも池田先生、普通にアンドレ編ていうのが昔…な、なんでもないです。
黒い騎士関係はやってる暇ないか。
外伝だからきっとアンドレがベルナールに唆されてどんどん革命思想に傾いて
それでオスカルと口論になったりするのね。
間違いなくショコラはかけるよね!!! ああ誰がジェロ様?
で、バスティーユに行く前にアランに目が見えないのばれて銃の訓練とかしてもらうでそ。

ああでもバスティーユ行く前に終わっちゃうよ!!!
アンドレがやっぱしリフトされたり?(オスカル様の十字架リフト)
うわー。
で、幕?
うわー。

…想像するだけなら…やっぱベルばらっておんもしれーー!!!(勝手)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1688-ad807895
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。