--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイマセンでした

2008年08月02日 03:24

なんかあまりに訳分からなくて
お怒りの節もあるかと思いまして
出てきましたこんばんは。
酔っ払い談義から引き揚げてホテル着いたとこです。
それでまともな話ができるか甚だ疑問ですがストレッチなどしながらご報告。

まさしく博多でしか観られないミーマイを見せてくれました。
メンバーが違うのはもちろん、芝居のテンポや呼吸が本公演とまるで違うので一挙手一投足がスリリングです。
次に何が飛び出すか読めないから目が離せないです。
マギーのパーチェスターが先頭きって激しいパフォーマンスで皆さんを引っ張ってましたね。
マギーファンは博多来ないと後悔するゾ☆
全てにおいてその緊張感やテンポがあるかというと
やはり初日だけあって
段取り的になってた場面もあるからムラがあるのですが…。
ご挨拶の「まだ荒削りな部分も」というのはそういうことかなと。
台詞の改変も多々あり。
ちょっと分かりやすくなってます。
テンポアップするとこはものすごく早回しでランベスのテンポなんかも相当早かったです。
とにかくあのミーマイを見ようと思って来ると驚くと思うよ。
あとご当地アドリブ満載で、そういうことも出来るのかと霧矢さんを見直しました。(侮り過ぎ)

霧矢さんのビルは根っから明るくて激しくポジティブ。
だからそんなビルがサリーを失って急にぽつんと立ち尽くす姿がたまらなく寂しげでキュンとした。
まだまだ力入り過ぎなきらいはありますが元気で楽しんでやってるだけでファンとしては大満足(激甘)
いやファンに客観的な評価なんか無理(投げた)
だって好きなんだもん。
あお化粧はもすこしあっさり描いて欲しいデス。

しずくサリーもやっぱりカラッと明るくてキップが良くて気も強いので、勢いがいい感じがきりやんと似合ってます。
歌には手に汗握っちゃうけどネ☆
二人のダンスシーンがとにかく好き。
(デュエダンはまだまだぎこちないデスが)

サリーが強がって笑顔を見せる姿が健気でとにかくいじましい。芝居に無理がないのがいいですね。
ビジュアルでのサポートも相当していただ(ry
要するにハードル低く設定し過ぎなのかもうメロメロ。しずく落ち寸前です。

ソノカはどうやら前半音響の関係で私の席からは全然台詞が通って聞こえず心配しましたが2幕では治ったのか堂々たるジョン卿ぶり。
プロポーズの下りがカコ良過ぎですた。
フィナーレ歌はハラハラしたけど意外と手堅く、むしろまさおのヅラが微妙過ぎたorz(何故女…)
まさおに度肝抜かれたのは2幕頭でみりおをぶん回したことでしょうか。
漢だね☆
京さんマリアはおっとりした箱入り娘。でも切れると怖いよという役作りでどう見ても年季のいった軍艦じゃなかった。おかげでソノカとのラブは違和感ないんだけど図書館のソロが弱い。
(あと今回はジャッキーのお母さんという設定になってました)
私的にマリアは準主役的存在なのでもちっと頑張って貴族の家を守る気概みたいなのを見せてビルとガチンコ勝負して欲しい。
みりおはますますどーんとした貫禄が出て面白いね。

とにかく人数が減って寂しい場面もありつつ(パーティーの過疎っぷりとか)ご先祖に娘役投入などサプライズもあり(オレ大興奮)いやぁ博多座って本当に楽しいデスネ(・∀・)ノ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1616-00ed06e4
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。