--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなみんイベント

2008年06月23日 23:45

タダイマです。
途中まで書いて
空腹のあまり放棄して夕飯にありついていたので
あまり臨場感はありませんがご報告。

ワタクシ今日の昼公演を観るという暴挙に出て
若干出遅れましたらもう長蛇の列。
しかも並んでる途中水を買いに行きダッシュで戻るという間の悪さorz
一気に運動不足解消です。
とにかく凄い人でした。
そのうちニュースで放送される模様です。(当たり前?)

私は生ではたまにチラッと顔が見えるくらいで
ほぼデコと前髪のポンパと観に来た人の後頭部を観てました。
あ、後ろの画面に映るかなみんは見えてたですけど生の話。
でもチラッと見えたかなみんは
今迄で最も近くで見えて
めちゃめちゃ可愛かった…。(*´Д`)

まず今やってるサリーという役の紹介からの流れで「一度ハートを失ったら」を。
これはお茶会でも歌ってましたので
落ち着いて聞けました。
そしてトークの内容はほとんど覚えてないですが
・宝塚との出会い
・受験の時の話
などでかなみんの芯の強さや宝塚の素晴らしさが語られました。

で、何故かランベスウォークの振り教室が
司会のお姉さんの無茶振りで始まっちゃうというまさかの展開。
まず見本をと、促され
すんごい恥ずかしそうにちっさい声で「いつ~だって…」と歌い出すかなみん。
すかさず突っ込む司会者さん。
グダグダになりつつも手拍子に助けられ
立派に美声と振りを披露するかなみん。
調子に乗って「次は会場の皆さんもご一緒に」で
「…ナントカさんし!」といつもの稽古場の掛け声で音頭をとってしまい
さらに突っ込まれるかなみん。

たまらなくカワユス(*´Д`)

そしてアルバムの曲紹介と
『千の風になって』との出会いについて語るかなみん。

初めは知らない曲だったのと歌詞のストレートさに
歌うのに迷いがあったというかなみん。
しかしお稽古していて周りの皆さんから「いい曲だね、何の曲?」と言って頂き迷いが消えていったそうです。
イベントで歌った後はお客様からこの歌に対する想いが沢山寄せられ、
それでより一層かなみんにとっても大切な曲になったそうです。

最後に司会者さんのたっての希望で
女性の品格について問われるミホコたん。
一生懸命「全てを削ぎ落とした後に残る内面の美しさ」について語るかなみん。

そしてお待ち兼ね「千の風になって」を歌ってくれました。
私じつは生でこの曲を聞くのは初めてでして…。

凄かった。

感動のあまり涙が後からあとから溢れてしまいました。
サヨナラショーも観られず、MSも逃してしまったので
もう機会はなかったハズなので
長いこと立ちっぱなしで待っていた甲斐がありました(;_;)
CDを聞いた時は
新曲の「いつも何度でも」の歌詞に改めて触れて、
その素晴らしさとかなみんの表現力に感涙したものですが、
やはり生で聞くと
かなみんの深みのある緩急自在なハートフルヴォイスの
厚みというか迫力も実感でき、
この曲(「千の…」)こそ正にかなみんの声質にピッタリな曲だなぁと
思いを新たに致しました。(いつになく神妙)
本当に素晴らしかった。°・(ノД`)・°。
時間オーバーにもかかわらず、
終始ニコニコと真摯に対応してくれてたかなみん。
行って良かったです。
ありがとう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1571-a0f5d6ef
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。