--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミーマイ観て来たよ!!

2008年04月17日 21:18

ハイただいまです!(いつだと思ってる)
いやぁちょっと忙しかったもんで…(*´∀`)

物凄い長いことムラにいた気持ちがしていましたが
帰ってきたらたった2日だったというのに拍子抜け。

それだけ楽しかったし充実していました。
お世話になった皆様どうもありがとうございました!!

あ、書いてないすけどバウで星組さんのWSアンカレも見ました。
その話はまた今度。
とりあえずミーマイの感想を。

号泣っすよ。
素晴しかったっすよ。

いや、もうちっとコーラスとかもパワーが出てもいいと思うし
まだまだもっともっとはじけて面白くなっていくと思うけど
その一端を観る事はできました。

とにかくアサカナの愛が溢れていて

というか

アサコさんビルのミホコタンサリーへの愛が溢れていて (言い切った)

素晴しかったっす・°・(ノД`)・°・(アサカナファン)

という感想が繰り広げられています。↓
アサコさんのビルは素晴しかった。

あの茶目っ気というか、かわいげというか
周りを巻き込んで客席もまきこんでの
こういうコメディーのセンスって
アサコさんの他の人に真似できない得意分野のひとつだと思うんですよね。
得がたい才能だと思う。

アサコさんファンの方々の中には
「そういうのはもう観たくないの!」っていう方が多いのにびっくらしています。
あんなに輝いてるのに!!

まぁアーネストとかぶるっちゃーかぶりますけど
aiaiはアーネスト大好きなんで
またこのメンツでハッピーミュージカルが観られて本当に幸せですた。
トップスターたるものカワイイ息子キャラばっかり演じさせてもアレですけど
この人、
寂しさと懸命に戦いながら笑顔を絶やさない役をやらせるとピカ一だと思う。

「子供のような人が好き」(@アーネスト)

そして何よりサリーへの愛に溢れていた。
顔が近いよ顔が!!(そこなのか)

ミーマイという作品は
天海さんの再演はビデオで観てこないだの帝劇のは観に行ったんですけど
なにかちぐはぐなんだよなーと思ってたのは
『ME AND MY GIRL』
という題名のわりに
ビルとサリーの馴れ初めも、2人がいつからどんな風に生活してたのかも
何も語られないということ。

2人の関係が主題なのに、最初っから「離れない離れられない」と歌いながら
回想シーンも思い出語りもないんだよ。

もちろんサリーが身を引いたりビルが最後までサリーを追い求めることで
徐々にマリア叔母さまと我々観客は、この2人の関係性を思い知らされる。
それがテーマ。
…なんだけど…。

でもね。
アサカナのミーマイは違った。
私たちはアサカナを観ればわかるじゃないですか(ヲイ!!)
いや、演技力で補ってないとか言ってるんじゃないの。
そうじゃないんだけども。

もう最初から醸し出すものが違うよ。
私たちはこの2人が共に乗り越えてきたものを知ってる。
それを重ねずに観ることはできません。
だからこの2人を観てるとありありと伝わってくる。

きっとこのビルとサリーはちっちゃい頃からお互いに支えあって生きてきて
サリーはビルのお母さんであり、守ってやらなきゃいけない妹であり
一緒に居て楽しい親友でもあって
唯一無二の決して欠かすことのできない存在だって。
だからサリーの苦しさもビルの恐れも全部理解できる。

もちろんこれまでのほかのビルとサリーと比べるつもりで言ってるのではないので
そして比べることにイミがあると思わないのでそれについては不問にしてください。

まぁそんな風にぐっときましたよってことで。

aiaiが個人的にアサカナは完璧な幼馴染キャラカポーだなぁと思ってるんでそーね。
携帯からも書きましたが
「Hold my Hands」(ジャッキーが去った後のソファーの場面)で
オレは額田と大海人が見えたよ。(えええー)

…。
まぁ、アレだ。時代とか国境とか越えすぎということなら
レビジュの夜の宝石の場面の2人ってとこにしておいてやってもいい。(ヲイ)(何を偉そうに)

ちっちゃい頃の2人が見えたの。
厳しい境遇でも兄妹のようにいつも支えあって
どちらかが笑顔を忘れたらもう片方が微笑みかけ
しっかり離れないように手を繋いでいた2人が。

それで涙腺決壊。

まーもちろんそんな裏設定はないっすけどね!(きっぱり)

勝手な思い入れです。
でもそうやって観てしまいましたよっていう結果論。

アサコさんのあったかい眼差しが
優しい笑顔が
近い顔が(2回目)
本当に素敵で幸せでした。
きっと私がかなみちゃん大好きだからだと思う。

そしてこれからの現実の2人のことを思うと涙が溢れて止まりませんでした。
ああ大げさだなヅカファンは。
別に二度と会えなくなるわけじゃないのにさー。えぐえぐ・°・(ノД`)・°・

つづく。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1508-044b9b3c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。