--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく熱く濃い二本立て

2008年03月02日 22:49

ちーっす。
まっちゃんちですがまっちゃんがいない不思議。

お腹が痛いのでちょっとだけね。

まーどちらも1回観ただけでは味わいきれない
濃くて重いテイストですた。
ちょっと今眠すぎて本調子じゃないのでうまく言えませんが…。
ダブルはきついな。バランスが…。

とにかくお芝居もショーも出演者全員が何か張りつめたものをもっていて
熱くて凝縮された何かを放出していました。
集中力がものすごいのね。

特にショーではそのパワーがぱーっと発散されるというより
内に秘めた情熱という形で表現されているところが多く(特にフィナーレ)
本当に渦巻くどろどろとしたものを感じてしまいました。

題名が「Passion」であり「愛の旅」であるわけですが
衣装の色合いを含め
タニオカさんの女装以降の「愛の旅」パートの表現がまさにカオス。
ある意味度肝を抜かれまくってポカーンというところが
無きにしもあらず。

まぁとにかくこの熱くて濃いドロドロした物は
一見の価値ありだと思います。

お芝居の方は歴史認識ってきっとひとそれぞれだと思うので
ええええと思う人も中にはいるんだろうなと思いつつ。
まだ咀嚼し切れていません。
とりあえず(●▽●)の帽子は大きすぎやしないだろうか。(顔が小さいのです)

細かくはまた書きます。
ウメちの不在についてはやはりショー部分で大きく感じました。
というのは私がウメファンだから。

みなさん本当に急な代役とは思えないほど
素晴らしい舞台を見せて下さってます。
どうかウメたんのファンの皆さんにも
代役のみんなの頑張りを観に是非いらしていただきたいなぁと思うのでした。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1470-104a68ac
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。