--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日思ったこと。

2008年01月12日 02:47

今日ってもう昨日だけどね。

そうそうそうそう壮一帆。
全くの私信ですが
私に年賀状を下さった方は
そのうち超お馬鹿なしろものが届くので
戦々恐々とお待ちください。

俺にセンスを求めちゃ駄目。
あと技術とかも。(求めてはいないだろうけど)
ホントすんませーん…orz
お目汚しですがご笑納ください。

一応手間だけはかかってる。いやほんと。
スキャナとかうちにないしね。
大雑把な人間なんでね。。(そら技術家庭科2だよ。)

ということでアレックス今日思ったこと。
というより ディオ様観察日記。

あの無理問答聞いてて
なんとなくですけど
ディオ様ってばきっと
アレックスに「絶望」に行き着いて欲しかったんだと思った。
むしろ「絶望」って言わせたかったというか。
途中から誘導尋問になってる気がした。

ディオ様こそ絶望の底にいる。
それが運命だから。
昨日書いたことで当たってる気がしないでもない。

やっぱりあそこで語っているのは自らの絶望なんだ。

「運命は絶対の地平だ。そこから先へは行けはしない。
運命を越えることなど できない」
と、もっと先を目指すアレックスに追い討ちをかける。

しかし励ますようにこうも言う。
「人間だからこそここまで来た。
ここまで来て 旅の終わりを知ったのだ」
人間であることを賞賛するように。

自らが旅の終わりに行き着きたいのか?
アレックスに旅の終わりを認めさせたいのか?

その後
「旅の終わりは誰が知る
旅の行方も知らぬのに」
と歌うのできっとディオは旅の終わりを知りたかったんじゃないかとも
思えなくも無いです。

いや、アレックスに「ここが旅の終わりだ」って言われて納得するかは別の話ですけど。
アレックスはそんなもの認めるわけないけどね。

そしてどうしても知りたかったのは
先を目指す理由。

どうして?なぜだ?
なぜ命が果てると知っても先に進みたいのか?
秘密の最後の16分の1(8分の1ダロ)は何なのか?

もしかしたらディオは自分自身の運命にも問いかけているのかもしれない。
なぜ自分はこの絶望の淵でいつまでも待っているのか。
繰り返し繰り返し飽きもせず
共に歩く者を待っているのか。

頭で理解したところではですが
ディオはunite・融合、誰かと一つになりたいという欲求・欲望なんだ(と言いたいんだ)と思う。
その最たるものが「バラバラになってしまった世界を一つに束ねる」という
欲望・野望なんだと思う。

いや、話の流れからいうとちょっと話が飛躍しすぎている気がしないでもないんだが(しつこい)
(いや、寂しいからって別に世界を一つにしなくたって…と思うんです)

でも一つになりたい気持ちはわかる。
1人きりでは寂しすぎるから。
この広い世界。
共に生きる人、共に旅してくれる人、
伴侶を求め生まれては死んでいく。
人間の自然な欲求だと思う。

だが一つになることなんてそもそもできない。
世界が一つになることも気が遠くなりそうになるほど遠い未来でも
無理な気がする(夢が無い話ですね)(意外とリアリスト)

たった2人の人間でもそうだ。
親と子でさえ、ましてや夫婦なんて。

だからその欲求が満たされることはない。

ディオ様がいるのは
そういう矛盾と絶望の中で、

でも普通はそんな世界で
人は生きていくものなのかもね(かもねべいびー)(愛短HV放送ダビング中)

うーん欲張りだなー>ディオ様
癒されることの無い飢えと乾きだもんなー。

ディオは狂っている。
一瞬同じ絶望の中に堕ちたアレックスに狂喜するけれども
彼に弄ばれアレックスは熱病に倒れてしまう。
おもちゃが遊びすぎたせいで壊れちゃったみたいに。

それが本意ではなかったんだとは思うけれど
本当はどうしたかったのかは
依然謎のままです。

いや、別にどうしたいというのもなく
自分の執念を追い求めるだけで
人を傷つけたり
滅びさせたり
してしまうものなのかもしれませんけどね。
あーそういうことなのかにゃー。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1392-47ed8c40
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。