--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ̄ロ ̄∥

2007年12月26日 21:44





なんだそれ
なんだそれ
なんだそれ


意味がわかんねー。

うひたんは月組のうひたんは
青年館で終わりなの?

ねねたんはバウで
れみたんも青年館で?

・°・(ノД`)・°・

やだ。
やだよぅ。

駄々っ子ですんまそん。

私がDQⅣのエンディングにうっかり涙している間に
なんてことだ。





きりやんとうひたんががっつり組んだ芝居が観たかったなぁ。
ずっと長いこと月組を支えてきた二人だけど
今までちゃんと組んだ芝居とかしてないんだよね。
薔薇の封印ぐらい?
ショーでのうひきりの掛け合いとかデュエットが最高に大好きだった。

これからもずっときりやんの側に居てくれる人だとばっかり思ってますた。
というか、願ってすらいた。
どうかいてくれますようにって思ってた。
ただそれがうひたんのためにならないとしたらいけないなと思って
今まで書けませんでしたが。

何かというとうひたんを頼りにする霧矢さんが好きで
お姉さん然としているうひたんが好きで。

いつまでも変わらないものなんて無いと知りつつ
どこかで甘えた気持ちがありますた。

れみねねの解体もイタイ。
むしろれみねねみりおのトリオ解体もイタイ。

頭では3人ともに良い結果になるといいなとか言えばいいんだと知りつつ

今は何も。
よくわかりません。

大劇場で発表は…できなかったのかなぁ。
なんでこんな後だしじゃんけんみたいな…
意味がわからんよ。

しずくちゃんを迎える側ですけど。
申し訳ないことに
何もかもまだ整理ができません。

年末に凄いもの発表してくれたな劇団。。。

公式
ENAKさん

2007/12/26
組替えについて
下記の通り、組替えを決定いたしましたのでお知らせいたします。

【月組】
大空 祐飛  2008年1月26日付で花組へ
白華 れみ  2008年1月15日付で花組へ
夢咲 ねね  2008年1月30日付で星組へ

【雪組】
純矢 ちとせ  2008年3月31日付で宙組へ

【星組】
羽桜 しずく  2008年2月12日付で月組へ




コメント

  1. aiai | URL | -

    皆様コメントありがとうございますた。

    次の記事でお返事差し上げたいと思います。

  2. kze | URL | c3juRtsE

    こんにちは、以前お邪魔したものです。

    ユウヒさんの組替えの衝撃で、
    いつもはROM専なのですが出てきてしまいました。

    きりゆひの並び大好きで、
    ずっと観ていれたないいなぁなんて思っていたのですが。
    ・・・・・・・
    儚い望みでしたorz
    あー、もうホント、泣くしかないです。
    どうしたらいいのでしょう、このモヤモヤ。


    すみません、突然出てきて
    なんか勝手にモヤモヤしてしまって。
    でも、1人で受け入れるには
    あまりにもツライ出来事だったので
    どうぞお許しください。

  3. kai | URL | oJlZoyBU

    ショックで信じられません。。。
    生粋の月組っこのゆうひさんが・・・みんなにさよなら出来ずに組替えなんて・・・急過ぎますよぉ!!
    あさこさんの時もそうだし、劇団ももっと考えて発表してほしいですね・・・

    あ~、、あさうひきりトリオ大好きでした。。。
    3人のミーマイが観たかった。。。
    きりやん、寂しいだろうな~(涙)

  4. けいこ | URL | cyRGq4U.

    aiaiさんこんばんは。
    ワケが分からずなんかとりあえず大泣きしてみて、
    それでもしっくりこなくてお邪魔してみて、
    あまりに言いたいことをそのまま書いて下さっていてまた涙です。

    私も本当にきりゆひが大好きでした。
    二人がお互いを話したりするのを見るとキュンとして、
    この関係はずっとずっと続いてゆくと思っていました。

    せめて大劇場公演で、一緒の舞台の上から見送ってもらいたかった、というのは大空ファンの贅沢な望みでしょうか・・・・

    二人のガッツリお芝居、本当に観たかったです。
    こんな風にお別れが来るなんて、本当に信じられないです。

  5. かぐら | URL | -

    この間、お会いした時にお話したところでしたよね…
    きりゆひの関係性について…(遠い目)
    ゆうひさんのお茶会トークで皆勤賞だったきりやん。
    きりやんを語るゆうひさんは、カワイイ妹を語るお姉
    さんのようで、いつもニッコニコの笑顔でした。
    まさかこんなに早く離れる日が来るなんて思っても
    みませんでした。
    わたしも、一度きりゆひでガッツリ組んだところを見
    てみたかったです…。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1380-82103a52
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。