--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閑話休題 マサチャーンについて言っておくべきこと

2007年12月21日 22:42

ちわ(・∀・)ノ

A-'R'ex の熱病(ディオ(*´Д`))にうかされて
どうにかなりそうだったので
ドラクエでもやってちょっと落ち着こうと思ったら
むしろ一生懸命になりすぎて肩こりで首がまわりませんが
皆様いかがお過ごしですか?(前置きがおかしい)

頭の中でミホコたんがエンジェルボイスを奏でまくり
殿が切なく空を見上げます。
しかしニケとアレックスのその2がちっともまとまらないので
というか
この連休に入ってしまうまえに

ずっと語ってなかったマサチャーンについて
語っておかなければいけない気がしています。

昼間用事で出かけていたので録画しておいた
BS2でやってた黒蜥蜴とタキジャズをダビングしながら
思ったんですけどね、

というお話かな。
書いてみないとわかりません。

残念ながら黒蜥蜴のクライマックスで地震速報がはいってますたorz
…さすがN○Kさんはカメラワークうめぇなー!!!(言葉遣いが悪いですお)

この2つの作品好きなんです。

ちょっとレトロな感じも
オギーやキムシンの奇をてらったあざといまでの演出全てが
なぜかマサチャーンにはぴったり似合う。

このひとの、ひとをくったような大スターぶりがいいんだと思う。
だから今回のマルセイユで「了解!」とか言ってるのを聞くと
くすっと笑ってしまいます。
似合わなすぎて。キャラじゃなくって。
でも人恋しい感じなところはぴったりだなって思いますた。

aiaiなんかがマサチャーンの何を知ってるってわけでもないですけども
この人は優しく頼りなげなところがいいです。
孤独がもちあじですが寂しがりやな感じがいいです。

いや、トップスターというものは多かれ少なかれ皆さん孤独だと思いますけど。

マサチャーンの孤独は一番楽しげな時にその奥にしんと佇んでいるような孤独です。
それと気付かせないで欲しいと願ってしまうような。
そういうところはまたもマルセイユで発揮されていますたね。
いや、ジェラールさんという役は決して孤独でもないと思うんですけども。
ハッピーエンドだしね。
遠距離恋愛オチでそ?

マサチャーンの演技は日替わりだとよく言われていますが
一番面白い時は自らを全て開放して
全ての感情を爆発的に放出して居る時だと思います。
それは陶酔の時。
なんて楽しそうに舞台に居るんだろう?という時です。
最もくねくねして何言ってるか解らない歌唱になってたりする時だったりします(笑)

こないだてっぺんから観てた時はそれでした。
バザーのシーンなんか何がそんなに楽しいんだ?って思うほど楽しそうで。
出し抜かれた設定のえりたんが思わず「笑うな!」ってアドリブするぐらい。

aiaiねー今回の彩音タンの役好きじゃなかったの。
ちっともかわいく思えなかったの。
イケコめぇええと思ってたの。

でもあんまりジェラールさんが楽しそうだったから。
そんなジェラールさんが惹かれてしまうのに共感できた。
仕事で故郷に帰って来たジェラールさんでしたが
昔馴染みの仲間と居るうちに楽しくてふと仕事を忘れて
そして出会った不器用な女の子に恋におちるのがあたりまえにみえた。
(マサチャーンの演技のせいでかわいく見えなかったみたいな言い方になっちゃうかと
ずっとかけなかったんですけどもそうじゃないんですよ。
なんでそこでその台詞?ってことが凄い多いです>マリアンヌ)

そしてシモンがかわいくってねぇ。
シモンについても二番手にしてはあんまし良い役じゃないなぁって思ってたんすけどね。
姐さんに尻にしかれてるし夜の世界を仕切ってるはずなのに意外と大物じゃないし(笑)
(ああまた文句ばかり書いてる。だからやだったんだよね。マルセイユの話は)

でもまたマトブさんが自分大解放しててカワユスシモンで。
酔っ払ったシーンなんかジェラールさん頭をぽんぽんしてあげる仕草が出るほどに。
(本当にすると手にいろいろついちゃうからしないけど)

とにかく愛に溢れているなあと。

おかげでシモンと決別シーンの後銀橋に出てきたマサチャーンの頬に涙の筋が。

・°・(ノД`)・°・・°・(ノД`)・°・・°・(ノД`)・°・
orzorzorz

それまで「戦は怖くない」とか「友を失う」とか
「そんな大げさな」って思いつつ良い声にうっとりして聞いてたあの歌。(いいかげんにしろ)
もうね、せつなくてね。
こう、どんどん組子を放出してきたマサチャーンに重なっちゃってね。
もうだめですた。

でも一番好きなシーンはこないだはてっぺんだったんで見えるか心配だったんですけど
やはり冒頭の登場シーンです。

喧騒にまぎれてそっと登場するあの姿。
本当になにげなくて本当にまぎれちゃってて(コラ)
さっきも書いたんすけど
頼りなげなんですよ。

そしてあの歌。主題歌CD買いましたよ。
(ついでに言うとあの馬鹿高いCDも予約しちゃいましたよ。)

あの素晴しい前奏から駄目です。
ホント力入ってますよね。今回特に。

泣けとばかりに
思い出と懐かしさの溢れる歌詞。
街に「お前」と呼びかけるのがすきです。

この人を抱きしめてあげて欲しいと真に思います。
この愛すべき人をどうか優しく包んで欲しいと願う気持ちで一杯になります。
それがaiaiが感じるマサチャーンのもってる寂しさなんじゃないかと思います。

ほんとうのマサチャーンは愛する組子達にかこまれて
とても幸せそうですけども。
それを本当によかったなぁと思うばっかりです。

最後に「アデュー」とか言わせるなとか思いつつも。(え)
それで明かりが消えて最後の後姿を見送らせてくれないのをうらみつつも。
暗闇の中をしっかりと足を踏みしめるその足音が去っていくのが
とても寂しいと思いつつも。
まーこれだけで、そうでさえあれば満足なのでした。

ショーの話はまぁ文句はいっぱいありますけど
マサチャーンが楽しければそれでいい。
とにかく楽しく無事に終わりますようにと。

初めて観に行った時
銀橋に出てきたマサチャーンの蝶ネクタイがずるずると外れて
しまいには落ちてしまったんですが
なぜかそれを涙みたいに感じてしまってちょっとつらかったです。

景気がよくてオープニングが一番好きです。
いちかのエトワールも幸せで
いつだって由舞ちゃんを探してて(笑)

それで満足です。
退団に際してと思ったけどただの公演の感想になっちまった。

とにかく寡黙に、沢山あったであろう逆境を乗り越えて
長い勤めを果たすところまでようやくたどり着いた
マサチャーンの幸せを願っているとしかいえないよなぁ。

きっとだから歌劇の先生方の送る言葉は
あんな寿退団かよ?っていうようなのばっかりなんだと思うなぁ(笑)

あと3日。
あと3日かぁ。


コメント

  1. aiai | URL | -

    catherinaさん♪
    初コメントありがとうございました。
    勇気を出して中継に行かれたときいて
    ほっとしております。

    やっぱりファンの方に勝る思いは無いわけで。
    ただマサチャーンの歌は本当にこれからもどこかで聞きたい。
    私も切実にそう思い居ます。

    今日はぽかぽかとあったかい日差しが出ていて
    ファンの方々にも優しいマサチャーンの卒業の日らしい
    小春日和なんではないかと思います。

    夜は冷え込みそうですので
    くれぐれもお気を付けください。。。

  2. catherina | URL | -

    はじめてコメントします

    aiaiさん。
    あの日、劇場でばったりお会いしました、いやあ、本当に驚きました。
    色々お話できて嬉しかったです。

    マサチャーンファンだし、ここでコメントせずして、いつするんだよってことで、はじめてコメントしてみます。

    マサチャーンには、本当に幸せになってほしいんですけどね。
    シメさんファンとして、ヅカファン始めた私としましては、別に芸能界に出て、大活躍することなんて、本人が幸せになるためだったら、二の次でいいんだよって思うんです。
    でもね、あの歌声は、たまには世の中に出てきて、聴かせてくれよって、思います。切実に。

    あそこまでの声は、持ってる人なかなかいないんですよね。
    もちろん、ご本人が、長いタカラジェンヌ人生の中で磨き上げたところが大きいとも思うのですが、それでも、神様的なところから与えられた何かも含有されていると思うわけです。

    たまには、すさんだ世の中に、神秘的などこかから与えられたその声を響き渡らせてくれよって、心の底から思っております。

    いやあ、結局、ファンですね。。寂しいです。

    長文でおじゃましました~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1372-288bc293
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。