--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草野君の功罪 あさきゆめみし

2007年07月20日 23:57

ハイ。言いたい放題言っちゃってまつねぇええ。

てか久々だからってがんばりすぎでつ。
何してるんでつか?
もう寝なさい!!>オレ

つづきでつ。まだ1幕も終わってないね(・∀・)ノ
まーそんなこんなで1幕は
「源氏の半生~藤壺様が死ぬまで(肝心なとこはすっぽぬけ)」を、
えんえんえんえん
まとぶさんとお手伝いの4人のナレーションで聞かされ
他の人たちは紙芝居みたいにちょろちょろっとエピソードを演じるだけ。

気持ちの流れゼロ。
マサチャーンがどんな気持ちでどんな行動に出たかわからず。

小学校の時に授業で「歴史劇」ってーのを作ったと思うんすがあんな感じね。(通じるか?)
ナレーターが居てほぼその人たちが話を語っちゃうの。
んで有名なくんだりだけちょろっと登場人物が出てきて演じるの。

台詞と台本を書けない人が劇作るとこうなるんだなーっていう
見本みたいな感じ


だってしょうがないよ。
草野君ショー作家だから!!!

そうでなくともあんなだらだらと長いお話を
2時間半ぽっちに歌も踊りも入れてまとめなきゃいけないってのは
相当の難題だと思いまつよ?

でもそれをえんえんえんえん見せられる客は
苦痛ですた。・゚・(ノД`)・゚・。

キャラクターがみえてこないのー。・゚・(ノД`)・゚・。
ほぼみんなお人形さん状態なのー。・゚・(ノД`)・゚・。
下級生の無駄遣いなのー。・゚・(ノД`)・゚・。

まーね、ベルばらと一緒で源氏物語知ってる人は
脳内補完できるとは思いますよ?(そうしてた人)
でもさー…。

んで、すだまっち(嫌な呼び方)ってば最初っから
マサチャーンを断罪するのが目的みたいな感じで超感じ悪いんだよね(笑)

私たちはすだまっちの言葉を通してしか物語を見られないのに
それぞれのエピソードが「ほらこーんな悪いんでつよこの人!!」
みたいな語られかたするんで
たまに喋るとただ母を求めるいたいけな子供みたいだったりするまさこが
なんだか不憫でした。

で、朧月夜さんの問題で須磨に流されて明石の姫をもうけたりして、(このときのすだまさんの言い草すごいよ。明石の上のことを「また犠牲者が」みたいなの。)
なぜだかわからないけど許されて須磨から帰ってきたら、
自らが後見を務める不義の子が天皇に。
わが世の春を謳歌してる間に藤壺様が(いつのまにやら女院)儚くおなりあそばします。(日本語変)

瀕死の藤壺さまに会いに行く源氏
と、いきなり二人の思い出が走馬灯のようにフラッシュバック!!
orz…げんなりでつ。

ここでかぁ!?
ここでなのかぁ!?

いや、幼少期はいい。まだ許せる。(てか演出はもっとやりようが)
無いよりはまし程度だけど。
いや、普通に時系列に沿ってやっていいシーンだと思いまつが。

でももっと許せなかったのは
なぜ既にマサチャーンが演じた手篭めシーンを
あえて再度まったくの別人にやらせる!?


意味がわかりません(・∀・)ノ
誰あの子?
さっきとは鬘も違うし、姿も声も全く違うし…
演技の技量もまったく違う。・゚・(ノД`)・゚・。
別人過ぎてちっともマサチャーンが回想してるようには見えません。
何考えてるのだ?

しかし
こんな支離滅裂で話をぶっ壊しまくっている反面、
奇天烈セットや客席降りなど、ありとあらゆる飛び道具を駆使して
私の度肝を抜いてくれる工夫は忘れない草野君は
根っからのエンターテイナーなんだなと思いまつ。(笑)

そしてここからが本当の再演となる第二部は
さすがに唯一キャラ立てがしっかりしている紫の上が主役ということもあり、
彩音タンの母性が炸裂して出色の出来。

母子愛描くのは得意なんでつね>草野君

あの真っ白な階段に現れた二人はとても美しくて。
マサチャーンの歌はすばらしくて。

ああいいもん見た…という気になったところで
草野君の本領発揮!!!!

まとぶさんがちっとも活躍の機会のなかった
まあくん他を引き連れて踊ったのは
だいたい予想がついた。
すだまさんとラインは同じような衣装だし。

続いてでも娘役さん達ひきつれて出てきた
赤いえりこ!!!!

あ、お時間でつか?(ええええええええええええ)

とにかく草野君。
すんげー面白いものみせてくれて
あんがと(・∀・)ノ

よりによって静かな曲だったもんで
しかも結構長い間舞台に居やがったもんで
笑いかみ殺すのに大変なことといったら!!

本当に死ぬかと思った(・∀・)ノ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://black222.blog74.fc2.com/tb.php/1092-14155eb1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。