--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千秋楽の話とか

2010年07月05日 11:14

やーお久しぶり過ぎてblogの書き方を忘れました。正直。
とにかく今週はあほみたいに観まくってしまい(予想外に増えるチケ)
ご報告どころじゃなくあいすいません。

そしたらなんか映画の撮影が入ってたらしい。
私は2階席だったんで知りませんでしたが、お友達が教えてくださって、
カメラマンさんに聞いた人によると「映画です」って言われたそうで、
スカピン映画化は間違いないそうです。ひいいアップに耐えられるの!?

都合4日間カメラが入っていたそうで、
私が観た回は「きりやさん汗だく度」もきりやさん比で抑えられ
皆さんお化粧も綺麗だったしその回が映画になったらいいなあと思いました。

しかし皆さん恐ろしいほど気合いが違うのな。
あれ、スカピン団の皆さんそんなにキャラ立ってましたっけ?
あれ、市民の皆さんそんなに声出してましたっけ?
あらみりおブランさんお素敵。
帝王みりお降臨。
この人どSの癖に、かわいらしい「のみの心臓」をお持ちなので
なかなか降臨しませんが
最高潮に調子に乗って内に秘めたる王者の風格を醸したどSぶりは絶品な!
エリザ新公を思い出しますた。アレが私にとってベストみりお。

その日は昼公演に瞳子さんがいらしたそうで、
そこで元気を戴いたのかと思いきや、映画か。

おまいらそうか。
映画用にはそんなに良い演技できんのか!!!(爆)

若干頑張りすぎたのか途中から若干息切れしてましたが(笑)
良い出来だったんじゃないすかね。映画たのしみ。

そして結構現金な月組の皆さんの頑張りぶりに
この人たちにはいつもニンジンをぶら下げるべきだと思いました。(どんな)
歌劇のまなちゃんの報告では「月組賞」ってのがあるらしく
皆さん賞を目指して頑張って欲しいとおもいます。

お客様と言えば水曜にはゆみこちゃんがハマコさん、さゆちゃんの退団同期と共にいらしたそうで。
ちなみにきりやさん同期は基本いじらないので2階席の人には不親切なことだったと思います。
なんなんですかね。身内意識が大きいんですかね。
瞳子さんはお召しモノを貸し衣装にして、殿下に「今日は客席にパーシーが来てます」て報告して
「パーシー双子だったの!?」って言われてたそうです。
双子で同じ名前だったらおかしいやろ(笑)

そして映画撮影で張り切り過ぎたのか
この土日はいろいろミスが多くて、皆さんお疲れだったんだなあと思いますた。
月曜休みってのは初日あたりはきっと楽になったと思うけど
千秋楽までの1週間は最後の土日はさぞかしきつかろうと思います。

友会貸切でみりおさんが「死んだふりをしていたのはドゥトゥルネー伯爵だ!」って言いきった時には
きっとファービーも素で「えええ!?」て思ったに違いない。
客席の私達も「ええええ!?女に見えたけども!」と心の中で総つっこみ。
しかしあまりのさりげなさに本人気付いてたかしら…ともおもう。

そして土曜の夜公演ではきりやさんとうとう「目の前の君」で歌詞間違える。
よりによってそこ。大好きっていってた歌で(爆)
まあ大したまつがいじゃないっすけどびっくりした。
まさかここに至って間違えるとは。流石歌詞まつがい王。

具体的には「気高く強く」の後「はだかの心で」って歌おうとしたのか
「はー」って言っちゃってそのまま「輝いていた」に突入したそうです。
(卒倒していたので覚えておらず一緒に行った方に教えて頂く)
メロディも違うのになんでそこいくのか。人間の脳って面白い。
しかもその後恥ずかしかったのか、誤魔化したかったのか、
歌いあげの後、きりやさんもんの凄い「どや顔」しやがった(爆)
やだかわいい!って言えばいいですか!?
ハイハイよかったねと客席に苦笑いさせんのやめてください!!
あー面白かった。

千秋楽はみんな普段やらない失敗ばっかりしてて
みっぽーさんがコメディ・フランセーズでかんだり(舞台に未練は…のとこ)
みりおさんが鷹のようにで帽子おっことしたり(しかし手は帽子つかんだ形のまま終了)
(劇場の人拾いに来る)
君はどこにでみくちゃんがこけちゃったり(凄い音したけどその後はちゃんと踊ってて大丈夫)
みりおさんが外したことないポイントで音外したり
まあいろいろありましたが
内容は良かったのよ。ミスが多かっただけで。

アドリブはとことんジプシー男爵押しで
「きれいな青の刺繍が入った上着に真っ白なロングブーツ。秋に会えるのがとっても楽しみな
ジプシー男爵スタイル いかがです?」
「それ、あなたが着るでしょう!」
「そうなんです、一番似合っちゃいます!じゃ、シトワイヤン ショー・ヴ・ラーン♪ふーん!」

プリンスは薔薇を咥えて従僕の二人と華麗にダンス。
オーレ!みたいな振りでキメた後二人に助け起こしてもらってますた。
「殿下その薔薇はどうしたんですか?」
「さっきそこでジプシー男爵にもらったんだよ」

そして余にもあつらえては…のとこではターンしてY字バランスして大きな拍手をもらい
パーシーにしきりにやれやれ促すも
拍手してがっつりスルーするどSきりやさん。
あの上着でターンするのが怖かったんですね。

ちなみにここ前楽ではあの腹布団の割にかなり頑張って素晴らしく足を挙げていたプリンス。
しかしあっさり更に高く足を挙げるどSパーシー。
でも後で「殿下今日はすごく高く足が上がってたから
ピンパーネル団のリーダーやっていいですよ」と御褒美が。

楽では「殿下ジプシー男爵ってどんな人でした?」に
「ぁ、パーシーにそっくりだったよ!」って子供みたいに報告する殿下テラカワユス。

タスキの引っ張り合いでは、いぢわるきりやさんが
間違いなくみりおがとれない位置でタスキをかっさらってしまい
ほれほれと猫みたいにタスキを振られ、とりにいくみりおはとっても可愛かったっす。

退団者3人はパレードで胸にお花。
3人が3人とも大劇場同様素晴らしくしっかりとした御挨拶で。
もーちゃんが感極まった時点できりやさんの目のしばしばが激しくなり
(その前から相当しばしばしていたけど)
私は上手席では実はもーちゃんガン観してまして。
あの子がどんなに舞台と客席を愛してるかひしひし感じていたので涙が止まりませんでした。
紗蘭えりかちゃんは本当に短い言葉に万感の想いがこもっていました。

問題のあの挨拶苦手なトップスターさんの御挨拶は
途中まで覚えていた文章をたどたどしいながらなんとか言ったものの、案の定途中でつっかえて(笑)
ハラハラさせつつなんとか乗り切りましたがきりやさんらしい楽しい挨拶でよかったっす。
正直大劇場の千秋楽はなんとなく盛り上がらず(調子悪かったしね)残念だったので
東京ではこの素晴らしかった公演の勢いをそぐことなく晴れやかな楽しい気持ちで終われて
ほっとしました。

なんとなくですが「野球の選手会長のシーズン明けの打ち上げの御挨拶」みたいだったのは
「戦い」とか言ってたからでしょうか。本人の持ち味の問題でしょうか。
体育会系であるなあ。

カテコでオケの皆さんをねぎらったのはGJだったと思います。
本当に最初の頃気持ちがひとつにならなかった東宝のオケと舞台。
私たちは出来て当たり前とオケに不満を持ちがちですが
ミュージカルというのは常に音楽が流れており、更に難曲の多いスカピンでは
休みなしに演奏せねばならないオケも相当苦労したに違いないですよね。
特に宝塚では狭いオケboxで一人の人が何個も持ち替えて楽器を担当しないといけないですしね。

ミーマイでは追い出し音楽の後も残ったお客さんにオケが拍手されて
オケもそれに応えるという心温まる演出だったのを思い出しました。
全てのスタッフさんの支えがあってこそのあの舞台であるんだなと
観客の側の我々も忘れないようにしたいですな。

2回目のカテコではスタオべの中3人の退団者に一言。
その一言もらうのに「考えてきた挨拶じゃなくて生の声を」とか余計なひと言多いから(笑)
あいりーんは「皆さんと出会えた事が幸せです」と。御挨拶では気丈だったのに
感極まってしまって可愛かったです。
もーちゃんは「無事に階段が降りれてほっとした」とぽろり。
きりやさんがもーちゃんが階段が怖くて緊張していたことを暴露。
「宝塚に入れてよかったです」と言ってたと思います。
えりかちゃんは「幸せです。」とやはり言葉少なだったので「それに尽きますか?」と
きりやさんがつっこむとうなづき「ありがとうございました」と。

恒例のジャンプをやったあとはまた「さよーならー」と言って手を振りだしたので
花道の下級生はお辞儀したもんだかいつひっこんでいいんだかで困ってましたよきりやさん!
もちろんきりやさんいじめが趣味の私達はまた緞帳上げてやるんですがね!!!

後が無いきりやさん。「組長に仕切ってもらいます」としらっとリュウちゃんに振る。
麻子さんが御自身の退団公演でやった禁じ手をもう使うんですね!
ジャンプといい、このひと自分でなんとかしようという気がまるでないよ!!!

困ったリュウちゃん「じゃあみなさん、次の作品の題名を一斉に言いましょう!」
と、強引に「せーの」って言ったから「ジプシー男爵!」と叫ぶ組子達。
あ、ショーの題名は言わなかった。言ったらグダグダになるよねと一瞬ハラハラしますた。
「観にいらしてください」できちんと(?)締めるリュウさん。
今度はちゃんとお辞儀してから手をふってますた。
あーもう本当にダメっ子のファンは疲れるったら!(喜々)

昼公演でテルテル坊主スタイルを断ったみりおブランさんが
「雨が降ったらあなたのせいですからね!」と責任をなすりつけられてましたが
出は雨に降られることなく退団者3人とも本当に綺麗でした。

あの作品をやりきった、ニクいあんちくしょうたちは笑顔で帰って行きました。
後には一抹の寂しさが訪れました。
スポンサーサイト

すーちゃんマリーの話

2010年05月31日 22:49

ハイ。花組さんも星組さんも千秋楽おめでとうございました。
虞美人についても消化しきる前に終わってしまったというか。
結構好きだったんで何か書きたかったんですけど
てかもうだめだオレ…。

もうすぐ月組さんがはじまってしまいますね。
こっそりしこしことツボを書いてたんですが、
書き上がらないすねえ。書き上がるのかしら…。

で、書いてたらこっちをまず書かないとぐだぐだ長くなるので
抜き出してみました。

ああほんとまともな文章が書けなくてこまります…orz
こんな狭間に出す話じゃないかもしれないすが
すーこのマリー・グロショルツについて

ちょっと、いやかなり軽いっす。
[ 続きを読む ]

まさおブラン初見の印象

2010年05月15日 23:17

えっと花組さんの新公は観たんですが
いかんせん本公演を見れてないので(とれたチケが後半なのよ!増やせないのよ!)
その話はそのうちに…ということで

明日からまたムラ入りしますのでひとくぎりしときます。
全然納得いってないんだけどとりあえず羅列したものをうpしとく。

初日と2日目だけみて2度目の役替わりを観られなかった私が語る資格はない気がしていますが
とりあえず一応書いておくのが大切かなっと。
東京では全然違うかもしれないし。

まずはきちんと新しいショーブランを創り上げてきたことに大満足でした。
元来持ち味が違うちえとまさおなので、あれをなぞられたらつまらないなと思ってたので。

まさおのショーブランは神経質で尊大な嫌なやつですた。
ちえの場合はひたすら革命だけをやってきた、
いわゆる革命馬鹿的なところがなんだか健気で
やっていることの割には救いがあるというか愛せるキャラだったんだけど
まさおの場合は全くの悪だった。容赦なく悪に徹してる。

もちろん美ショーブランなんだけど、あの生え際が…おやぢぽかった。
まさおのヅラセンスのなさのなせる技なのかもしれませんが(酷)
なんていうか団塊の世代な感じですた。(おまえそればっかり)

思考回路が相当身勝手で自分の事しか考えていないおやぢ。(その言い方やめなさい)
でもおやぢ達は若き日夢を追った。理想に燃えていたはずだ。

革命が思い通りに進まない中で彼はきっと変わってしまったんだ。
むしろ革命が変わってしまったのかもしれないのだが。

ショーブランと言う人間の変節

そこに重点を置いた役作りに見えました

ということを繰り返ししつこく語っています↓無限ループ。

ああ文章力ねーなーどこカットしたらいいかわかんねーなー。
そのうちばっさりといけたらいきたい。
[ 続きを読む ]

まさお落ち?の話

2010年05月13日 02:00

ちょっと記事書くのに時間がかかり過ぎてかなり今更なんですが

まさおブラン千秋楽おめでとうございました。
なんとかやりきったね。
残りの日程、アルマンを全うしてください。
新たな山を乗り越えまたひとつ大きくなったまさおブランを東京でみるのを
楽しみにしたいと思います。

きこえてくる評判は私の期待したとおりでとても良いみたいなんだけど、
いかんせん確かめられなかったのが残念。

実は今aiaiの中で空前のまさおブームが巻き起こってます。
主にアルマンで堕ちたわけですが(え)

どうしてもまさおブランについてなかなか上手く書けないと思ったんだけど
この前置きが長すぎるせいだと、
記事を分けることにやっと気付いた。

はーやれやれ。

かなりの余談↓
[ 続きを読む ]

月組スカピン遠征日記4/24-25

2010年05月03日 21:26

花組さん東宝初日おめでとうございますた。
そして、
小林公平元理事長の御冥福をお祈りいたします。

(こんなblogで書くのはおこがましいかと思ったりしましたが
いろいろとやんちゃはされてましたが
基本愛がある方だったと思いますので哀悼の意を表したいと思い。)

放置しすぎてすいません。
GW中なんかネットの調子がすごく悪くて。
よくわかんないけどちょっといじってみたら治ったから書いておきたいと。
で、何書くかっていうとこないだの遠征の記録。ただのメモです。

それにしてもここんとこものすごい量のインプット(プルミエ・ナウオン・プロダク・囲み・舞台レポ・お茶会)
があって、アウトプットが間に合わないです。
何から話したらいいものか…。

あ、今日はトップスター・ロングインタビューなるものもやるんですたね。
あー語っちゃいますか。行き当たりばったりトークきちゃいますか。(コラ)

紫子のDVDもなんとなくパッケージを開けたものの(ブックレットの写真がいちいちきゃわいい!)
まだ見れてません…。なんかもったいなくって…。
まだ脳内きりやさんで大丈夫(どんなや)

続々と記事うp
夢・華やかに:タカラヅカ 月組「スカーレットピンパーネル」 /兵庫(毎日.jp)

ワイルドホーンが来た記事
「スカーレット―」作曲者が霧矢&蒼乃にエール…宝塚月組公演(スポーツ報知大阪版>宝塚>ニュース )
公式HP

webTOKKにも登場してますコチラ
ああ謎デザインな服…orz
こぼれ話
膝ぎゅっ……か、かわいすぎる(*´Д`)

トッコさんが「前回気づいちゃった事」のちえも可愛すぎます。
ああ私は体育座りを愛しているなあ。
この鳥私ときっと趣味が合うわ!(鳥呼ばわりすな)

みなさまGW観劇すか?うらやましーなー(・3・)
もうすぐ新公ですね。
大所帯で大変そうですががんがれー☆
[ 続きを読む ]

まりグリットの魅力

2010年04月23日 00:00

はい、あんましうまいこと書けてませんけれども
私がこんなに熱く語るからには
もちろん星組さんのスカピンからして大好きだったということは
伝わってますかね大丈夫ですかね。
もちろん博多でいろんなものが疲弊していて生では天井桟敷で3回しか観てないので
全然ちゃんと見れてない!って言われるかもですけど。
そして個人的な思い入れを込めて見ているので感想は偏ってるとは思います。

ハイ。ホントはショーブランまで書きあげてからうpしたかったんですけど
そうもいかず。

お待たせしました。(待ってない)

「月組の」シリーズでいこうかとも思いまいたが
ショーブランは二人だしということでこの辺で方向転換。

aiaiの勝手な直感と印象と分析(?)なので、是非とも実際に舞台で観てから
このひとの偏り方を生温かく眺めるがいいですよ。



[ 続きを読む ]

月組のパーシバル・ブレイクニー

2010年04月21日 00:53

いつもなら最後に語りそうなもんだけど、
出し惜しみしている体力も時間もないんだ…。
紫子はおかげで途中(いや途中までもここに出していないので全く書いてないのと同じ)だし。

霧矢さんお披露目おめでとう。
自分の力を発揮できる作品に巡り合えてよかったね。
大好きな、でも全く持ち味が違うトウコさんの役。
でも全く迷うことなく自分のパーシーを追及していたと思う。
そのぐらいやりたいことがクリアに見えた。

初日は結婚式の時が一番緊張して見えました。
ビジュアル大事なとこは不得意分野だもんね!
あの意味不明なとこから髪が出てる帽子被って銀橋で荷車押してる時の方が
落ち着くんだもんね!

でも痛いけど本当に綺麗でカコイイヒーローだった。
これからも何度も言うしウザいけど
あのミクロンですごい着替えに手間取った後(毎回慎重にやってます)(それ正解)
(まさおタンも少し振り向くの待って!)

「私がスカーレット・ピンパーネルだ!」って言う時
すんげーカッコよかった。正にヒーロー登場だった(盲目)

ヽ(´ー`)ノ 自分の変わり様に眩暈

ま、スターブーツは相変わらず不得意ですけどね。(それ変えようがない)
これでいいすか?(聞くな)

ということで月組のパーシーについて↓
[ 続きを読む ]

月組のスカピン

2010年04月20日 23:50

ああまた風邪ひきました。ぐすん。
やっぱり職場の環境が脆弱な私にはキツイみたいです。
ま、無茶しすぎなんですけどね。
blog書きたいときにかかないとと。

なのにこんなことをしている私はいけませんね。

aiaiは述べたように痛いファンですので基本マンセーばっかりで
そういうの嫌な人は読んでも面白くないと思います。

とにかくこの舞台ダメなとこ探すほうが難しい。(ええ!)
何かと比べたらそら劣っているところは沢山あるでしょうが
舞台はそうやって切り刻んで観るものじゃないから。

トータルとして大満足な舞台で、
誰にでも胸を張っておススメできる楽しい舞台であるというだけで
万々歳です。

そんな舞台が生まれたのもやはり初演の星組さんの成功があるからで。

まずは星組さんや星組のファンの皆さんに恥ずかしくないレベルの作品に仕上がっていたというのが
ほっとしたしうれしかった。ええ不遜ですね、すいません。

初演の難しさって想像を絶するものがあると思います。
普通と逆な言い方ですけど、
月組さんが素晴らしい作品の再演であることで苦しんだように
初演には初演の苦しさがあったと思います。
月組さんが「初演を観た方に受け入れてもらえるだろうか」と案じていた以上に
「宝塚ファンにこの作品が受け入れられるか」という漠然とした不安があったわけで。
何のお手本もない中いちから作品を作り上げ、
それがあれだけ評価されたというのは本当にすごいことだ。

それを成し遂げた星組の皆さんには本当に敬意を払っているし、尊敬しています。

でも全く同じものをやっても仕方がないのが再演の難しさ。
だってもう星組のスカピンは出来上がってしまっているんだもの。
それを上からなぞるだけなら、月組が再演する意味がない。
ということで、やっぱりいちから創り上げたんだと思う。

さて、中身の話に入っていいですか?
某kさんが「月組さんのスカピンはBWミュージカルっぽい」っておっしゃってましたが
私もそう思いました。
まあ歌劇でBW版を聞きまくっているようなことも言ってましたし予想どおりですよね。
っていうのも…

というお話から。(本題から遠そうですな)
[ 続きを読む ]

情報満載

2010年04月19日 22:45

またまたやってくれましたwhat's up宝塚#63
お稽古場ですがまたもニュースに入ってなかった場面キタコレ!

もちろんニュース映像に比べて全体の長さは短いので
シーン数ががっつり減ってちょっときりやさん中心映像になっているような…
すいませんすいません。

ちょっと違う部分が入ってたり(ひとかけらの勇気は歌い上げ前の部分でした)
初日後だからか「ショー・ブ・ラン」のネタばれアリとか、
謎解きのゲームもパーシーソロが映りました。

そしてコレ嬉しい。
ちょこっとだけど「目の前の君」入りました!!!
うわあん!かわいいかわいい!!
…ピアノしっかり!

紫子DVDの宣伝もありましたな。明日発売ですがもう売ってるんですかね?
まあ今紫子様に会ってる場合じゃないんだが(笑)
そのうち買いに行こうと思います。

まあトラファルガーポスター撮影がみ目麗しいったらなかったわけですが!!
らんじゅしゃんの軍服が緑色だった!青く見えてた。
しかしエンドロール中のゆひすみ映像がかわいすぎじゃあああ!!

ちなみにCSでやってるのと内容は同じですがTwellVはHV放送でCMが入ります。

記事追加です。
熱血派・新生月組トップの誕生 宝塚月組・霧矢大夢(asahi.comプレシャス!宝塚)(4月19日)

コレ某Cさんに教えて頂いて買ってきた日刊スポーツに載ってるんですが
まあスポーツ新聞あんまし買ったことないんでどういうことになっているのかしらないのですが
見出しが「情熱大夢!」ってついてましたけど(爆)
なんだそれ!!!(爆)(爆)(爆)てきとうにもほどがある。
続いて「月組新トップ ぐいぐい引っ張る」
綱 引 き で す か ?(記事中の言葉です)
ああ力持ちな感じでぴったりだね!
ああ!マルグリットと引っ張り合うんだね!そして負けるんだね!?

おさしんはコレのもちっと良い角度のやつ(ブーツが不自然に見えない絶妙な(笑))
カコイイカコイイ(*´Д`)でれでれ
ありえない神補正ぶり!!!!
関東版なんで白黒なのが残念です。大阪版はカラーなんですかねー?
と、ご報告いただきました。お写真はweb版プレシャスと同じ写真で
「情熱で染めた新生パーシー」だったそうです。
…なんでそっちのがまともなの!?(酷)

あとコメント欄をチェキされている方はご存知でしょうが
フィンチファンの皆様はプチミュージアムを絶対チェキしましょう。
なんとあいつの衣装が飾ってあるそうです☆
…もはや歌劇団にとって奴はどんな存在なのか。
プチミュの売り上げが相当上がったならば
キャトルはフィンチグッズ発売のためになんでもするがいい。

そして80期総見の御様子をなるみんが報告してくださってます。コチラ
ももたん!!!!(´;ω;`)
毬穂さんもいらっさいますね。
ああよかったねえよかったねえ。
てか…バランスボール(爆)(爆)(爆)
うん…きりやさんがこれ撮ってたらいいよね☆

とりあえず感想というか観て思ったことの羅列…は、次の記事で。

あまりにイタいつぶやき

2010年04月19日 00:29

本日のミッション(法事)終了。ちゅかれた…。

グラフきたよ。
泣くよ。
もう本当にまりも様はオレをどんだけ泣かせたら気が済むのか。
あんなん愛の誓いの言葉レベルだろ!
そして出会いのエピソードがすごすぎる。
ミラクルすぎる。どんなラブ※!!

もちろんリュウさんとのトークもまさみりのコメントも嬉しすぎてお腹のあたりがきゅんとするけど
とにかくきりまりファンは20日に本屋に走るべき。

そうそうそうそう壮一帆。
今日の夜公演で縄跳びが初日を迎えたそうですよ!
(初日を迎えるとは、初日からうまくいかなかった段取りや台詞が
やっとうまくいったときのことを言うそうです)

昼公演は80期総見だったそうでつ…(´;ω;`)きりやさんよかったね…
ああ…みたかったにゃ。

まさお頑張ってるそうです。
やるしかないんだもんな。辛いな。

でもあの作品のショーブランの魅力は歌だけではないと思うし、
そこをとにかく掘り下げることになれば絶対舞台がよくなるはず。
乗り越えるしかないし、乗り越えれば絶対何かをつかめる。
逆境をチャンスに変えて頑張れ。本当に頑張れ。

さて、あの、今更言うのもなんですが
とりあえず痛い霧矢ファンであり痛いきりまりファンであり痛い月組ファンなので
これから月組マンセーきりやんマンセーきりまりマンセーの
とっても痛い記事が続くと思います。
どうぞご了承ください。てか嫌なら読まないでね。

ちなみにきりまりについてはあくまでコンビファン、コンビ愛というカテゴリで
ありったけの愛情を注いできゃいきゃい大騒ぎさせていただいております。

ということで、
しょっぱなに全く持って痛すぎるのをぶちかましておこうかと。

だから嫌だったら読まなくていいってば☆
[ 続きを読む ]

幸せなとき、なんていったらいいんですかね。

2010年04月18日 00:13

概要記事結構間違いがあったのでそのうち訂正します。

ただいまです。
つかれた…。

明日は法事です。
お風呂入って寝ます。

昨日の初日と今日2公演観て帰宅しました。
昨日あんまり寝れなかったからもうげんかい☆

水木と夜遅くまで舞台稽古、
初日も早朝から夜までで今日は初の2回公演。
舞台上のひとたちも疲れのピークを迎えているようで
まあ今日の午後公演のきりやさんは酷かった☆

でもあのひとたちのことだから明るく乗り越えていくんだという自信をもって
まさおの調子だけは心配しつつも
それほど後ろ髪ひかれず帰ってこれました。

きりやさんは本当にひよひよした新米トップだったけど、
真ん中が頼りない分、周りがものすごくしっかりしていて
ものすごく頼もしかったからオレ心配いらないなって思ったの。

もちろんきりやさんは自身の持てる力を存分に発揮していて
本当に真ん中に立つ力をもったひとであるんだなと
痛いですけど再認識したわけですけれども。

今朝ニュースで観た感じでは御挨拶の前目をかなりしばしばしてたけど
本人泣いてたかな?
リュウちゃんは泣いてたよね。
あーさまは涙をこらえて顔をこわばらせているように見えました。
そしてたどたどしい挨拶をみんながみんな、ニコニコとあったかく見守ってくれてました。
本当にありがたくて幸せでした。

きりやさんも本当に幸せそうでした。
自分の話より新生月組って連呼するのはきっと
中日のときも「まだ半分ですけど」ってずっと言ってたし、
月組のみんなと舞台を作れることが本当にうれしいんだと思う。

大好きなブロードウェイミュージカルをできること
自分の想いを受け止めてくれる人たちに囲まれていること
チャレンジする作品があること
何物にも代え難く舞台を愛するきりやさんが一番望んでいたことが今
現実になって目の前にあるのだと思います。

そうでなくてもいつも全力投球しかできない不器用なひとなので
初日前に喉の調子を崩したりしてしまっていますが(2日目からとてもうまく処理できてはいますが)
作品を愛し、共演者を愛し、本当に幸せのさ中にいるんだとおもいます。
私の大好きな笑顔がはじけてます。

そして何より

まりもちゃんが相手役で良かった。
まりもちゃんが相手役でほんとうにほんとうに幸せです。

霧矢さんは霧矢さん自身にとってこれ以上ない相手役に恵まれたと思います。
あのひとに出会うために、今、だったんだという幸運。
幸せな運命の出会いをいつまでも繰り返し反芻する。
酔っ払いのうわごとのようにずっと繰り返しています。

新生月組は素晴らしいです。
きりやさんが頼り、甘えることができる唯一の上級生であり、
下級生時代から共に育った超男前中身は乙女な組長
ドレスが似合う美しくも豪胆な副組長
今やその存在なしにきりやさんはのびのびと存在しえないと言っても過言ではない園加
中日で一回りも二回りもその存在感を大きく頼もしく成長したもりえ
今は逆境にいてもHAMLET!!の経験を糧に1公演ごとに急速に成長しているまさお
今まさに輝きを増し旬な魅力に溢れる期待の美男役みりお

運命のめぐり合いを果たし同じ思考回路で舞台を見つめることができる相手役であるまりも

長い時を共に過ごし共に舞台への情熱を燃やしてきた仲間たち。
総勢79名の仲間たち。

本当にありがたいことです。
本当に幸運なことです。
あとは無事に皆で元気に千秋楽を迎えられれば
これ以上望むものは何もないです。

この感謝の気持ちを誰に伝えればいいのか。
こんな幸せを味わうことができるなんて。

まずはきりやさんに感謝。
霧矢さんのファンになれてよかった。
俺の目に間違いはなかった(おまえいつもと全然ちがう)

ううううばんざーい!!!
[ 続きを読む ]

ここがスタート スカピン稽古場

2010年04月15日 02:40

ちは。
一昨日は大雨の中彩音ちんご卒業おめでとうございました。
昨日は雪組さん天覧舞台だったそうでおめでとうございました!

ハイ。
己のキャパの狭さはもうあきらめました。
できることだけやっていきます。

実は昨夜夜遅くまで超くだらない記事をうpしようと思ってたんですけど
webの調子が悪くてできませんでした。
しなくてよかったのかも(笑)
なにしてたかっていうと一昨日、昨日と
オット君にむりやり星組さんのDVDを見せて予習させてますた。
いやートウコさんって素敵…ホント素敵…音楽の素養ゼロのオット君も感心する歌唱力。
トウコさんのアドリブ大好物のオット君はグラパンに大喜びしながら
「きりやん大丈夫?」て言う。
…うん、しんぱい☆
まあ結論としては「オレミュージカルってあんまり…」とか言われて終わりでしたけども。

もう寝ないとなんで簡単に。

うーん、いつも絶賛調の私ですが
たったこれだけのダイジェストで何を言うって感じでしょうが、
そして当たり前のことなんでしょうけども
見れば見るほど月組のスカピンは本当にまだまだ荒削りなんじゃないかと思いますた。
きりやさん自身が誰よりまだまだなんだと思いますが。(誰この偉そうなひと)

きっと完成した星組さんを知っているからこそ感じることだと思いますけど
それだけ大きい作品なんだなあと改めて感じました。
挑戦させていただけるってありがたいことですよね。
もちろん舞台をみたらそんなの感じさせないかもしれませんが。

そして、全くの別物になっている予感がとてもします。
そうだよね。再演とはいえ、
新しいモノを1から創り上げるんだおね。

歌のアレンジとかも微妙に違うんじゃないかと。
素人だから気のせいかもしれないんですがね。

とにかく一丸となって頑張れ頑張れ!


ということで稽古場自分用メモ(不親切)
[ 続きを読む ]


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。